TOP > 人物を探す > アンドレ・ド・ベランジェ

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1936年 まで合計16映画作品)

1936年

処女散歩

  • 1936年
  • 出演(Charles 役)

「ギャングの花嫁」「春を手さぐる」のキャロール・ロンバートと、「ポンペイ最後の日(1935)」「愛の弾丸」のプレストン・フォスターが主演する映画で、「激浪」「カーニバル」のウォルター・ラングが監督した。原作はフェイス・ボールビンの小説で、されを「恋をしましょう(1933)」「春を手さぐる」のハーバート・フィールズが脚色した。助演者は「バラはなぜ紅い」のジャネット・ピーチャー、「米国の機密室」のシーザー・ロメロ、「偉大なる人生」のベティー・ローフォードを始め、ダグラス・ブラックリー、ドン・ブリッグス、バート・ローチ、アンドレ・ド・ベランジェ、ジョイス・コンプトンなどである。撮影は「パリは夜もすがら」「さらば海軍兵学校」のテッド・スズラフが担当した。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
キャロル・ロンバード プレストン・フォスター ジャネット・ビーチャー セザール・ロメロ
1933年

ママはパパが好き

  • 1933年
  • 出演(Basil_Pew 役)

「六月十三日の夜」「未亡人倶楽部」「百万円貰ったら」で共演したチャールズ・ラグルズとメアリー・ボーランドが夫婦役で主演する喜劇で、キーン・トンプソンとダグラス・マックリーンが共同で書き下ろした原作を「坊やはお休み」のナナリー・ジョンソンと「金髪乱れて」のアーサー・コーパーが共同脚色し、「御冗談でしョ」「ミラクルマン(1919)」のノーマン・Z・マクロードが監督に当たり、「ショウ・ボート(1929)」のギルバート・ウォーレントンが撮影した。助演者は「街のをんな」のリリアン・タッシュマン「ラジオは笑う」のジョージ・バービア、「恐怖の甲板」のモーガン・ウォーレス、「雨」のウォルター・カトレット等である。

監督
ノーマン・Z・マクロード
出演キャスト
メアリー・ボーランド チャールズ・ラグルズ リリアン・タッシュマン ジョージ・バービア
1930年

姫君と武官

  • 1930年
  • 出演(Potz 役)

「盛り場の大蜘蛛」「略奪者」のベティー・カンプソン、「都会の女」「情熱のメキシコ」のメアリー・ダンカン、「キング・オブ・ジャズ」「大学行進曲」のジャネット・ロフ、それに「幻の街」「恋の大分水嶺」のアイアン・キースの4人が主演する映画である。原作はルドルフ・ロタール、フリッツ・ゴットワルド両氏作の舞台檄でトム・リードが改作し「煩悩」「踊る人生」のベンジャミン・グレイザーが脚色し「カナリヤ殺人事件」「裏街の悲劇」のマルコム・セント・クレアが監督にあたり、「メトロポリス」「ヴァリエテ」のカメラマンとして知られているカール・フロイントがクランクしている。主役を助けて「流行の寵児」のローレンス・グラン氏、「ラヴ・パレイド」のライオネル・ベルモア、「亭主三拝九拝」のアンドレ・ド・ベランジェが出演する。

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
ベティー・カンプソン アイアン・キース メアリー・ダンカン ジャネット・ロフ
1927年

独身者御発展

  • 1927年
  • 出演(Finch 役)

流行の英国滑稽小説作家P・G・ウォードハウス氏作の小説を映画化したもので、レックス・テイラー氏が改作脚色し、「愉快な嘘吐き」「スキナーの夜会服」等と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督したジユウエル作品主演のアンドレ・ベランジエ氏で「長駆闇を飛ぶ」出演の新進花形バーバラ・ケント嬢が相手役を勤め、ガートルード・アスター嬢、ルシエン・リッツルフィールド氏、ヴエラ・ルイス嬢、カーメリター・ジエラテイ嬢、ネッド・スパークス氏等が助演している。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
アンドレ・ド・ベランジェ バーバラ・ケント ルシアン・リトルフィールド ヴェラ・ルイス

好いて好かれた仲じゃもの

  • 1927年
  • 出演(A_Theatrical_Manager 役)

「神ぞ知る」の脚色者ハワード・エメット・ロジャース氏が特に書き下ろした物語をレイ・ハリス氏とトム・クライザー氏とが改作し、「青春倶楽部(1926)」「女軍撃退」等と同じくグレゴリー・ラ・カヴァ氏が監督した喜劇で、主役は前記二映画及び「蹴球王」主演のリチャード・デイック氏と「猫の寝巻」「シンデレラ物語」等主演のベティー・ブロンソン嬢が演じ、アンドレ・ド・ベランジェ氏、エドモンド・ブリーズ氏等が助演している。

監督
グレゴリー・ラ・カヴァ
出演キャスト
リチャード・ディックス ベティー・ブロンソン エドモンド・ブリーズ アンドレ・ド・ベランジェ
1926年

ハレムの貴婦人

  • 1926年
  • 出演(Selim 役)

ジェームズ・エルローイ・フレツカー氏作の舞台劇「ハツサン」を映画化したものでジェームズ・テイー・オドノホウ氏が脚色し、「漂泊い人」「スエズの東」等と同じくラウール・ウオルシュ氏が監督した。主演俳優も「漂泊い人」に共演したアーネスト・トーレンス氏、グレタ・ニッセン嬢、ウィリアム・コリアー・ジュニア氏等の顔合わせで、ウイズ・ファゼンダ嬢、アンドレ・ド・ベランジェ氏、上山草人氏、ブランドン・ハースト氏、チェスター・コンクリン氏、スニッツ・エドワーズ氏が助演している。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
アーネスト・トーレンス ウィリアム・コリアー・ジュニア グレタ・ニッセン ルイズ・ファゼンダ

罪な殿方

  • 1926年
  • 出演(Alphonse_Martin 役)

「女心を誰か知る」に続いて製作されたフーレンス・ヴィダー嬢第二回主演映画で監督として令名高きモンタ・ベル氏が原作を書きジーェムズ・アシユモア・クリールマン氏が脚色し、「姫君と給仕」「駄法螺大当たり」「三日伯爵」等と同じくマルコム・セント・クレア氏が監督したものである。助演者は「女心を誰か知る」「六人の嫌疑者」等出演のクライブ・ブルック氏、「ハレムの貴婦人」「金髪か黒髪か」等出演のグレタ・ニッセン嬢を始め「不良老年」出演のフイリップ・ストレンジ氏、アンドレ・ベランジエー氏等である。

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
フローレンス・ヴィダー クライヴ・ブルック グレタ・ニッセン フィリップ・ストレンジ

黄金洪水

  • 1926年
  • 出演(Mr._Brent 役)

ジョージ・バー・マッカッチョン氏作の小説を映画化したものでハロルド・シューメイト氏とロイド・コリガン氏とが脚色し「極楽突進」「南北珍勇腕比べ」等と同じくクラレンス・G・バッジャー氏が監督した。主役は「爪磨きの娘」「アルゼンチン情話」等主演のビービー・ダニエルス嬢で、対手役は「ジョアンの嘆き」「飛行郵便」等出演のワーナー・バクスター氏が勤め「当り狂言」「夫婦円満哲学」等出演のフォード・スターリング氏及びアンドレ・ド・ベランジェ氏が助演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ワーナー・バクスター フォード・スターリング アンドレ・ド・ベランジェ

海の荒鷲(1926)

  • 1926年
  • 出演(John_Jarvis 役)

「シー・ホーク(1924)」「幸運の風」等の監督者フランク・ロイド氏のパラマウント入社第1回作品で、原作はチャールズ・テニー・ジャクソン氏の小説「サザラック船長」、脚色者はジュリエン・ジョセフソン氏である。主役は「噴火山」「駅馬車(1925)」等出演のリカルド・コルテス氏と「姫君と給仕」「女心を誰か知る」等出演のフローレンス・ヴィダー嬢が演じ、アンドレ・ド・ベランジェ氏、サム・ド・グラッス氏、ミッチェル・ルイス等が助演している。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
フローレンス・ヴィダー リカルド・コルテス サム・ド・グラッス アンドレ・ド・ベランジェ

無花果の葉

  • 1926年
  • 出演(Josef_Andre 役)

フォックス社の新監督ハワード・ホークス氏が原作を書き、ホープ・ロアリング女史とルイス・ラントン氏とが脚色しホウクス氏が監督したもので、主役は「雪辱の大快戦」「踊り狂う人々」「サンキュー」等出演のジョージ・オプライエン氏と「奮い起つ快男子」「四面六臂の勇」等出演のオリーヴ・ホーデン嬢で、フィリス・ヘイヴァー嬢、アンドレ・ド・ベランジェ氏、チャールズ・コンクリン氏等が助演している。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ジョージ・オブライエン オリーヴ・ボーデン フィリス・ヘイヴァー アンドレ・ド・ベランジェ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アンドレ・ド・ベランジェ