映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリス・ヘイヴァー

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1954年 まで合計25映画作品)

1954年

三面記事の女

  • 1954年9月公開
  • 出演(Jerry_Cullen 役)

「市俄古」「男女の戦」のフィリス・ヘイヴァー嬢が主演する映画で「モダン十戒」のポール・ガンジェリン氏と「蛮勇ミックス」のジャック・ジャングマイヤーとが書脚した台本により「他言はご無用」「女丈夫(1927)」のポール・L・スタイン氏が監督したもの。助演者は「ショウ・ダウン」「非常線(1928)」のレスリー・フェントン氏、「闇を行く」「レビューのパリっ子」のマーガレット・リヴィングストン嬢及び「巨人」「トレント大事件」のレイモンド・ハットン氏等である。パート・トーキー版と無声版とがある。

監督
ポール・L・スタイン
出演キャスト
フィリス・ヘイヴァー レスリー・フェントン レイモンド・ハットン マーガレット・リヴィングストン
1929年

鉄路の王者

  • 1929年当年公開
  • 出演(Zella 役)

「ザンジバルの西」「知られぬ人」と同じくロン・チャニー氏主演映画で、スピード活劇物の作者として有名なバイロン・モーガン氏が新たに書下した物語を氏自らアン・プライス女史と共同脚色し、「消防隊」「シンガポール」のウィリアム・ナイ氏が監督、「鉄假面」「滑れケリー」のヘンリー・シャープ氏が撮影したものである。助演者は「ローズマリー(1928)」「假の塒」のジェームズ・マレイ氏、「破戒」のジョージ・ダーイー氏、「通り魔」「波乗り越えて」のフィリス・ヘイヴァー嬢、フランセス・モリス嬢等である。音声版9巻、無声版9巻がある。

監督
ウィリアム・ナイ
出演キャスト
ロン・チャニー フィリス・ヘイヴァー ジェームズ・マレイ ジョージ・ダーイー
1928年

市俄古(1928)

  • 1928年当年公開
  • 出演(Roxie_Hart 役)

モーリン・ワトキンス氏作の舞台で当たりをとった戯曲の映画化で、「ボルガの舟唄」のレノア・コフィー女史の脚本により、「よう!グリフィス」「女人禁制」と同じくフランク・アーソン氏が監督したものである。主役は「肉体の道」「素晴らしい果報者」主演のフィリス・ヘイヴァー嬢で、それを助けて「ボルガの舟唄」ヴィクター・ヴァルコニ氏、「十誡(1923)」のロバート・エディソン氏、「村の医者」のヴァージニア・プラッドフォード嬢、「感傷の秋」のT・ロイ・バートン氏、等が重要な役を演ずるほか、ユージーン・パレット氏、クラレンス・バートン氏、ジュリア・フェイ嬢、メイ・ジョプスン嬢、等も主演する。

監督
フランク・アーソン
出演キャスト
フィリス・ヘイヴァー ヴィクター・ヴァルコニ ユージン・ポーレット ヴァージニア・プラッドフォード

男女の戦

  • 1928年当年公開
  • 出演(Marie_Skinner 役)

「愛の太鼓」に次ぐD・W・グリフィス氏の監督作品で、ダニエル・カーソン・グッドマン氏の原作を前者と同じくゲリット・J・ロイド氏が脚色し、カール・ストラッス氏が撮影している。「人生交響楽」「グリード」出演のジーン・ハーショルト氏、「肉體の道」のフィリス・ヘイヴァー嬢、「ワイルド・ギース」「ステラ・ダラス(1925)」のベル・ベネット嬢、「愛はひとすじ」「恋のかけひき」のドン・アルヴァラド氏、「雷親爺」「滑れケリー」のサリー・オニール嬢がそれぞれ重要な役を受け持って共演する映画である。

監督
D・W・グリフィス
出演キャスト
ジーン・ハーショルト フィリス・ヘイヴァー ベル・ベネット ドン・アルヴァラド

通り魔

  • 1928年当年公開
  • 出演(Lyla_Mason 役)

「市俄古」と同じくフィリス・ヘイヴァー嬢とヴィクター・ヴァルゴニ氏が共演する映画で「キング・オブ・キングス(1927)」「ショウ・ボート(1929)」のジョセフ・シルドクラウト氏が助演している。ジョン・マッゴワン氏とロイド・グリスコム氏の合作舞台劇を「陸軍士官学校」「巴里酔語」のダクラス・Z・ドーティー氏が脚色し、「医者の秘密」「グラムピー」のウィリアム・C・デミル氏が監督し、「突撃」「他言は無用」のデヴィット・アベル氏が撮影したもの。尚は「市俄古」「医者の秘密の」ロバート・エディソン氏、「非常警戒」「躍る青春」のルイ・ナトー氏が重要な役を演ずる。

監督
ウィリアム・C・デミル
出演キャスト
フィリス・ヘイヴァー ヴィクター・ヴァルコニ ジョゼフ・シルドクラウト ルイ・ナトー

波乗り越えて

  • 1928年当年公開
  • 出演(Sal 役)

「市俄古」「興太馬大当り」のフィリス・ヘイヴァー嬢が主役をるう演ずるもので、デール・コリンズ氏作の小説を「脱走兵」「空の鍛治屋」びエリオット・J・クローソン氏が脚色し、ハワード・ヒギン氏が監督した。キャメラは「脱走兵」「ドラモンド大尉」のジョン・J・メスコール氏。助演者は「旅役者」「脱走兵」のアラン・ヘール氏、「レヴュー時代」「旅役者」のフレッド・コーラー氏を始め、「シンガポール」「三面記事の女」ダン・ウォルハイム氏「軍法会議(1928)」「夕日の峠」のパット・ハーモン氏、「レッドスキン」のノーブル・ジョンソン氏等である。

監督
ハワード・ヒギン
出演キャスト
クロード・バークレー フィリス・ヘイヴァー アラン・ヘイル フレッド・コーラー
1927年

肉体の道

  • 1927年当年公開
  • 出演(Mayme 役)

エミール・ヤニングス氏のパラマウント入社第1回主演映画で、ラヨス・ビロ氏とジユールス・ファースマン氏とが執筆した物語をファースマン氏が脚色し、「決死隊」に続いてヴイクター・フレミング氏が監督したものである。ヤニングス氏を助けて「第四の戒律」「ステラ・ダラス(1925)」等出演のベル・ベネット嬢を始め、「無花果の葉」「奥様お耳拝借」等出演のフイリス・ヘイヴァー嬢、ドナルド・キース氏、フレッド・コーラー氏、フイリップ・ドウ・ラシー君等が出演している。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
エミール・ヤニングス ベル・ベネット フィリス・ヘイヴァー ドナルド・キース
1926年

無花果の葉

  • 1926年当年公開
  • 出演(Alice_Atkins 役)

フォックス社の新監督ハワード・ホークス氏が原作を書き、ホープ・ロアリング女史とルイス・ラントン氏とが脚色しホウクス氏が監督したもので、主役は「雪辱の大快戦」「踊り狂う人々」「サンキュー」等出演のジョージ・オプライエン氏と「奮い起つ快男子」「四面六臂の勇」等出演のオリーヴ・ホーデン嬢で、フィリス・ヘイヴァー嬢、アンドレ・ド・ベランジェ氏、チャールズ・コンクリン氏等が助演している。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ジョージ・オブライエン オリーヴ・ボーデン フィリス・ヘイヴァー アンドレ・ド・ベランジェ

栄光

「戦艦くろかね号」の原作者ローレンス・ストーリングス氏がマクスウェル・アンダーソン氏と合作した戯曲を映画化したもので「漂泊い人」「ハレムの貴婦人」等と同じくジェームズ・T・オドノヒュー氏が脚色し、ラウール・ウオルシユ氏が監督したフォックス社特作品である。主役は「幸運の風」「決勝裸一貫」「ボー・ジェスト(1927)」等出演のヴイクター・マクラグレン氏、「愚か者」「サイベリア」等出演のエドモンド・ロウ氏及び「復活(1927)」「謎の刺青」出演のドロレス・デル・リオ嬢が演じ、ウィリアム・ヴイ・モング氏、フイリス・ヘイヴァ嬢、レスリー・フェントン氏、テッド・マクナマラ氏等が助演している。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン エドモンド・ロウ ドロレス・デル・リオ ウィリアム・V・モング

奥様お耳拝借

  • 1926年当年公開
  • 出演(Roxana 役)

エドワード・T・ロウ・ジュニア氏が原作を書き氏自身ジャック・ワクナー氏と共同で脚色し、「快走百万哩」「鳴り響く命の警笛」と同じくアール・C・ケントン氏が監督したもので、主役は「陽気な巴里っ子」「快走百万哩」等出演のモント・ブルー氏と「特製鋼鉄人形」「裏表七人組」等出演のマリー・プレヴォー嬢で、「胡蝶春秋」等出演のハントリー・ゴードン氏フィリス・ヘイヴァー嬢、ジョン・パトリック氏等が共演している。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
モント・ブルー マリー・プレヴォー ハントリー・ゴードン フィリス・ヘイヴァー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリス・ヘイヴァー