映画-Movie Walker > 人物を探す > バッド・コート

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2015年 まで合計13映画作品)

2015年

リトルプリンス 星の王子さまと私

  • 2015年11月21日(土)公開
  • 出演(声)(王様 役)

世界的なベストセラーとなっているアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名作小説「星の王子さま」の世界観を基にしたファンタジーアニメ。砂漠に不時着し、ちいさな星からやってきたちいさな王子と出会った飛行士のその後の物語と、9歳の少女との出会いがつづられる。監督は『カンフー・パンダ』のマーク・オズボーン。

監督
マーク・オズボーン
出演キャスト
ジェフ・ブリッジス マッケンジー・フォイ レイチェル・マクアダムス ジェームズ・フランコ
2008年

ミック・ジャガーのナイチンゲール

  • 2008年8月2日(土)公開
  • 出演

'82~'87年にアメリカのテレビで放映された伝説のドラマ・シリーズをスクリーンで上映。気鋭の監督と豪華出演陣の組み合わせで、古今東西の名作童話を大胆に映像化している。

監督
アイヴァン・パッサー
出演キャスト
ミック・ジャガー バーバラ・ハーシー マコ・岩松 バッド・コート
2005年

ライフ・アクアティック

  • 2005年5月7日(土)公開
  • 出演(Bill Ubell 役)

「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」のウェス・アンダーソン監督最新作。クセ者ぞろいのクルーを率いる海洋探検家の波乱万丈の航海を描く。主演はベテラン、ビル・マーレー。

監督
ウェス・アンダーソン
出演キャスト
ビル・マーレイ オーウェン・ウィルソン ケイト・ブランシェット アンジェリカ・ヒューストン
2001年

ミリオンダラー・ホテル

  • 2001年4月28日(土)公開
  • 出演(Shorty 役)

鬼才ヴィム・ヴェンダース監督による、ファンタスティックな恋愛ドラマ。愛する人の心に触れようとする青年の、不器用な感情をとらえた寓話的な物語がせつない。

監督
ヴィム・ヴェンダース
出演キャスト
ジェレミー・デイヴィス ミラ・ジョヴォヴィッチ メル・ギブソン ジミー・スミッツ
1996年

T-REX(1996)

  • 1996年7月20日(土)公開
  • 出演(Spinner 役)

女性捜査官と恐竜の迷コンビによるドタバタ犯罪捜査を描いたSF娯楽作。監督・脚本は、「マイ・サイエンス・プロジェクト」のジョナサン・ベテュエル。製作は「ピーウィーの大冒険」のリチャード・エイブラムソンに「ラジオ・フライヤー」のスー・バーデン=パウエル、エグゼクティヴ・プロデューサーは「ゾンビ・コップ」のステファノ・フェラーリ。撮影はTV『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険』でエミー賞候補になったデイヴィッド・タッターソール、音楽はロバート・フォーク、美術は「スペシャリスト」のウォルター・マーティシウス、編集はリック・シャインと「ゴースト・ハンターズ」のスティーヴ・マーコヴィッチ、衣裳は「バットマン リターンズ」のメアリー・ヴォクト。見どころのSFXはアニマトロニクス製作が「ターミネーター2」のジョン・クリズウェル率いるクリズウェル・プロ、特殊効果スーパーバイザーが「ロジャー・ラビット」のクレイ・ピネー、視覚効果スーパーバイザーが「エド・ウッド」のロバート・ハブロス。出演は「天使にラブソングを2」のウーピー・ゴールドバーグ、「ミュージック・ボックス」のアーミン・ミューラー=スタール、「エド・ウッド」のジュリエット・ランドーほか。日本語吹き替え版のみが公開され、竹中直人らが参加。

監督
ジョナサン・ベテュエル
出演キャスト
セオドア・テディ・レックス(恐竜) ウーピー・ゴールドバーグ アーミン・ミューラー=スタール ジュリエット・ランドー
1990年

チョコレート・ウォー

  • 1990年2月10日(土)公開
  • 出演(Brother_Jacques 役)

学園の秘密組織の見えざる圧力に立ち向かうひとりの学生の姿を描くドラマ。ロバート・コーミアの同名小説の映画化で、製作はジョナサン・D・クレイン、監督・脚本は本作品が長篇第1作になるキース・ゴードン、撮影はトム・リッチモンドが担当。出演はイラン・ミッチェル・スミス、ジョン・グローヴァーほか。

監督
キース・ゴードン
出演キャスト
ジョン・グロヴァー イラン・ミッチェル・スミス ウォーリー・ウォード ダグ・ハッチソン
1989年

バラの刻印

  • 1989年9月30日(土)公開
  • 出演(The_Director 役)

20世紀を代表するロシア人ダンサー、ヴァスラフ・ニジンスキーの生涯を、彼の実娘キラの視線を通して虚実を折り混ぜて描くダンス映画。製作はフェデリコ・デ・ラウレンティスとアール・マック、監督はドキュメンタリー映画出身のロバート・ドーンヘルム、脚本はポール・デイヴィス、撮影はカール・コフラー、音楽はグスタヴォ・サンタオラジャが担当。出演はキラ・ニジンスキーのほかにパトリック・デュポンなど。作品は、ニジンスキーの生涯を映画化しようとする映画監督(バッド・コート)が、彼の実の娘サラにインタヴューすることで、その人生の真実に迫ろうと奔走する姿を描いている。そしてそれと並行して、イメージの中でパトリック・デュポンがニジンスキーに扮してバレエを踊り、マックス・フォン・シドーがニジンスキーの日記を朗読するシーンなどが挿入される。

監督
ロバート・ドーンヘルム
出演キャスト
キラ・ニジンスキー パトリック・デュポン マックス・フォン・シドー バッド・コート
1986年

スペースインベーダー

  • 1986年7月5日(土)公開
  • 出演(Mark 役)

密かに地底王国を作り地球を侵略しようと企む火星人たちから地球を守ろうとする少年デイヴィッドの活躍を描くSF映画。53年の「惑星アドベンチャー」のリメイク。製作はメナハム・ゴランとヨーラム・グローバス。監督は「スペースバンパイア」のトビー・フーパー。53年作のリチャード・ブレイクの脚本に基づいてダン・オバノンとドン・ジャコビーが脚本を占いた。撮影はダニエル・バール、音楽はクリストファー・ヤング、特殊効果はジョン・ダイクストラ、インベーダー・デザインはスタン・ウィンストンが担当。出演はカレン・ブラック、ハンター・カースンの母子、ティモシー・ボトムズ、53年作で主人公を演じたジミー・ハントなど。

監督
トビー・フーパー
出演キャスト
カレン・ブラック ハンター・カーソン ティモシー・ボトムズ ラレイン・ニューマン
1985年

マリアの恋人

  • 1985年12月14日(土)公開
  • 出演(Harvey 役)

1940年代のペンシルヴァニアの片田舎を舞台に戦争生活を終えて故郷に帰った若者と彼が愛する娘マリアが結ばれるまでを描く。製作はボスコ・ジョルジェヴィッチとローレンス・テイラー・モートーフ、エグゼクティヴ・プロデューサーはメナヘム・ゴーランとヨーラム・グローバス、監督はソ連の監督で米国で仕事を続ける「ワーニャ伯父さん」のアンドレイ・コンチャロフスキー、脚本はコンチャロフスキー、ジェラール・ブラック、ポール・ジンデル、マージョリー・デイヴィッドの共同。撮影はファン・ルイス・アンシア、音楽はゲイリー・S・リマルが担当。出演はナスターシャ・キンスキー、ジョン・サヴェージなど。

監督
アンドレイ・コンチャロフスキー
出演キャスト
ナスターシャ・キンスキー ジョン・サヴェージ ロバート・ミッチャム キース・キャラダイン
1984年

エレクトリック・ドリーム

  • 1984年11月3日(土)公開
  • 出演(Voice of Edgar 役)

パソコンがひょんなことから意思を持ち始め、所有者の恋人を愛するようになるというSFコメディ。製作はラスティ・レモランドとラリー・ドウェイ。エグゼキュティヴ・プロデューサーはリチャード・ブランソン。この映画はリチャード・ブランソンが経営するヴァージン・レコードが映画製作のために設立したヴァージン・ピクチャーズ第一回作品である。監督はミュージック・ビデオ出身で、これが第一作になるスティーヴ・バロン。脚本はラスティ・レモランド、撮影はアレックス・トムソン、音楽はジョルジョ・モロダーが担当。全編にヴァージン・レコード専属のボーイ・ジョージとカルチャー・クラブ、ヘヴン17らの歌が流れる。出演はレニー・ヴォン・ドーレン、ヴァージニア・マドセン、マックスウェル・コールフィールド、バッド・コート(声のみ)など。

監督
スティーヴ・バロン
出演キャスト
レニー・ヴォン・ドーレン ヴァージニア・マドセン マックスウェル・コールフィールド バッド・コート
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > バッド・コート