TOP > 人物を探す > ナンシー・アレン

年代別 映画作品( 1996年 ~ 1997年 まで合計13映画作品)

1996年

クリフ・セブン 人質奪還指令

  • 1996年
  • 出演(Anne Bishop 役)

狂信的な軍人から娘を取り戻すために戦う元工作員の女性の姿を描くアクション。監督・撮影は「TOO BEAUTIFUL TO KILL」のウイリアム・モリーナ。製作のレマン・セティナー、アクセル・マンチ、音楽のデイヴィッド・ウォーストとエリック・ウォーストは同作に続いての参加。主演は「ロボコップ3」「哀しみのスパイ」のナンシー・アレン。共演は「クイック&デッド」のランス・ヘンリクセンほか。

監督
ウィリアム・モリーナ
出演キャスト
ナンシー・アレン ランス・ヘンリクセン スコット・リンカーン ディーン・スコットフィールド
1997年

哀しみのスパイ

  • 1997年2月1日(土)
  • 出演(Catherine Pelman 役)

イスラエルの諜報組織モサドに身を投じながら、何かと思い悩む青年の姿を描いた異色のスパイ映画。監督・脚本は「愛さずにいられない」「愛を止めないで」のエリック・ロシャン。製作は「愛さずにいられない」「憎しみ」などを世に出したラゼネック・プロの設立者であるアラン・ロッカ。テーマ曲はブラジル音楽の重鎮カエターノ・ヴェローゾ。主演はロシャン作品の常連イヴァン・アタル。共演は「アパートメント」のサンドリーヌ・キベルラン、「殺しのドレス」のナンシー・アレン、「つめたく冷えた月」のジャン=フランソワ・ステヴナン、クリスティーヌ・パスカル、「愛さずにいられない」のイポリット・ジラルドほか。

監督
エリック・ロシャン
出演キャスト
イヴァン・アタル サンドリーヌ・キベルラン ヨシ・バナイ リチャード・メイサー
1993年

ロボコップ3

  • 1993年4月17日(土)
  • 出演(Officer Anne Lewis 役)

近未来のデトロイトを舞台に、驚異的な能力を持つサイボーグ警官ロボコップの活躍を描くSFアクション。監督・脚本は「ドラキュリアン」のフレッド・デッカー、製作はパトリック・クロウリー、共同脚本はDCコミックの人気作家で「ロボコップ2」のフランク・ミラー、撮影は「ゼイリブ」のゲイリー・B・キッビ、音楽は「イントルーダー 怒りの翼」のバジル・ポールドゥリスが担当。出演は、前作までのピーター・ウェラーに続く2枚目ロボコップに「シンプルメン」のロバート・バーク、「ポルターガイスト3 少女の霊に捧ぐ…」のナンシー・アレン、「戦慄の絆」のジル・ヘネシー、「ブラック・レイン」のブルース・ロックなど。

監督
フレッド・デッカー
出演キャスト
ロバート・ジョン・バーク ナンシー・アレン ジル・ヘネシー レミー・ライアン
1990年

ロボコップ2

  • 1990年7月27日(金)
  • 出演(Anne_Lewis 役)

半分は人間、半分はメカの警察官ロボコップの活躍を描くアクション・シリーズ第2弾。エグゼクティヴ・プロデューサーはパトリック・クロウリー、製作はジョン・デイヴィソン、監督は「ネバーセイ・ネバーアゲイン」のアーヴィン・カーシュナー。フランク・ミラーの原作を基に、脚本はミラーとウォーロン・グリーンの共同、撮影はマーク・アーウィン、音楽はレナード・ローゼンマンが担当。出演はピーター・ウェラー、ナンシー・アレンほか。

監督
アーヴィン・カーシュナー
出演キャスト
ピーター・ウェラー ナンシー・アレン ダニエル・オハーリー ベリンダ・バウアー
1988年

ポルターガイスト3 少女の霊に捧ぐ…

  • 1988年6月25日(土)
  • 出演(Patricia_Gardner 役)

執拗に少女に襲いかかるポルターガイストの恐怖と、それに立ち向かう人々の姿を描くシリーズ3作目。エグゼクティヴ・プロデューサー・監督・脚本は「ウォンテッド」のゲイリー・A・シャーマン、製作はバリー・ベルナルディ、共同脚本はブライアン・タガート、撮影はアレックス・ネポムニアスキー、音楽はジョー・レンゼッティが担当。出演はトム・スケリット、ヘザー・オルークほか。

監督
ゲイリー・A・シャーマン
出演キャスト
トム・スケリット ナンシー・アレン ヘザー・オルーク ゼルダ・ルビンスタイン

ロボコップ(1987)

  • 1988年2月11日(木)
  • 出演(Lewis 役)

殉職した警官が“ロボコップ”として甦り、コングロマリットと熾烈な戦いを展開するというSF・アクション・アドベンチャー。製作はアーン・シュミット、監督はこれが日本初公開作品となるポール・ヴァーホーヴェン、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・デイヴィソン、脚本はエドワード・ニューマイヤーとマイケル・マイナー、撮影はジョスト・ヴァカノ、音楽はバジル・ポールドゥリス、編集はフランク・J・ユリオスト、ロボコップ・デザイン&クリエイトはロブ・ボーティンが担当。出演はピーター・ウェラー、ナンシー・アレンほか。

監督
ポール・バーホーベン
出演キャスト
ピーター・ウェラー ナンシー・アレン ダニエル・オハーリー ロニー・コックス
1984年

フィラデルフィア・エクスペリメント

  • 1984年10月27日(土)
  • 出演(Allison 役)

第二次大戦中の海軍の秘密実験に端を発したタイム・ワープを描く冒険SF。当初ジョン・カーペンターが監督するはずだったが、彼は別の映画に取りかかったので、「アイス・パイレーツ」のスチュアート・ラフィルが監督に起用され、カーペンターはエグゼクティヴ・プロデューサーとしてクレジットされている。製作はダグラス・カーティス、ジョエル・B・マイケルズ。ウォーレス・ベネットとドン・ジャコビーの原作に基づき、ウィリアム・グレイとマイケル・ジャクヴアーが脚本を執筆。撮影はディック・ブッシュ、音楽はケン・ワンバーグ、特殊効果はマックス・W・アンダーソンが担当。出演はマイケル・パレ、ナンシー・アレン、ボビー・ディ・チッコなど。ユタ州ウェンドーバーとソルト・レーク・シティでロケ撮影された。日本版字幕は清水俊二。CFIカラー、ビスタサイズ。1984年作品。

監督
スチュアート・ラフィル
出演キャスト
マイケル・パレ ナンシー・アレン ボビー・ディ・チッコ エリック・クリスマス
1982年

ミッドナイトクロス

  • 1982年3月20日(土)
  • 出演(Sally 役)

フィラデルフィアを舞台に、政治犯罪にまき込まれた音響効果マンが真相究明にのり出すというサスペンス映画。製作はジョージ・リットー、製作指揮はフレッド・カルーソ。監督・脚本は「殺しのドレス」のブライアン・デ・パルマ。撮影はビルモス・ジグモンド、音楽はピノ・ドナジオ、編集はポール・ハーシュ、製作デザインはポール・シルバートが各々担当。出演はジョン・トラヴォルタ、ナンシー・アレン、ジョン・リスゴー、デニス・フランツ、ピーター・ボイデン、カート・メイなど。

監督
ブライアン・デ・パルマ
出演キャスト
ジョン・トラヴォルタ ナンシー・アレン ジョン・リスゴー デニス・フランツ
1981年

殺しのドレス

  • 1981年4月18日(土)
  • 出演(Liz_Blake 役)

ニューヨークを舞台にあるセクシーな中年の人妻が殺された事件をめぐって展開する心理劇的サスペンス映画。製作はジョージ・リットー、監督・脚本は「フューリー」のブライアン・デ・パルマ、撮影はラルフ・ボード、音楽はピノ・ドナジオ、編集はジェリー・グリーンバーグ、衣裳はアン・ロスが各々担当。出演はマイケル・ケイン、アンジー・ディッキンソン、ナンシー・アレン、キース・ゴードン、デニス・フランツ、デイヴィッド・マーグリース、フレッド・ウェバーなど。

監督
ブライアン・デ・パルマ
出演キャスト
マイケル・ケイン アンジー・ディッキンソン ナンシー・アレン キース・ゴードン
1980年

1941

  • 1980年3月8日(土)
  • 出演(Donna 役)

1941年、アメリカが真珠湾攻撃を受けた日から6日後の12月13日の南カリフォルニアを舞台に、日本軍が攻めてくるという恐怖の中での住民たちの一日の行動をコメディ・タッチで描く。製作総指揮はジョン・ミリアス、製作はバズ・フェイシャンズ、監督は「未知との遭遇」のスティーヴン・スピルバーグ。ロバート・ゼメキス、ボブ・ゲイルとジョン・ミリアスの原案(三笠書房刊)を基にロバート・ゼメキスとボブ・ゲイルが脚色。撮影はウィリアム・A・フレイカー、音楽はジョン・ウィリアムズ、編集はマイケル・カーン、製作デザインはディーン・エドワード・ミズナー、衣裳はデボラ・ナドゥールマン、特殊効果はA・D・フラワーズが各々担当。出演はダン・エイクロイド、ネッド・ビーティ、ジョン・ベルーシ、ロレイン・ゲイリー、マーレイ・ハミルトン、クリストファー・リー、ティム・マティソン、三船敏郎、ウォーレン・オーツ、ロバート・スタックなど。

監督
スティーヴン・スピルバーグ
出演キャスト
ダン・エイクロイド ネッド・ビーティ ジョン・ベルーシ ロレイン・ゲイリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ナンシー・アレン

ムービーウォーカー 上へ戻る