映画-Movie Walker > 人物を探す > シャーロット・メリアム

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1933年 まで合計12映画作品)

1933年

三角の月

  • 1933年公開
  • 出演(Gracie 役)

「裁かれる魂」「闇の口笛」のエリオット・ニュージェントが監督した映画で、ガートルード・トンコノジイ作の戯曲に基づき、「ジェニイの一生」「ブロンド・ヴィナス」のS・K・ローレンと「恋愛百科全書」の「偽りのマドンナ」のレイ・ハリスが共同脚色した。主なる出演者は「暴君ネロ(1932)」「お化け大統領」のクローデッド・コルベール、「響け応援歌」「ビール万歳」のリチャード・アーレン、「未亡人倶楽部」「ママはパパが好き」のメアリー・ボーランドを始め、「怪物団」のウォーレス・フォード、「鉄血士官校」のトム・ブラウン、「カンターの闘牛師」のリダ・ロバーティ、「戦く幻影」のウィリアム・ベイクウェル、「進め女性軍」のジョーン・マーシュ、「恋の凱歌」のハーディ・オルブライト等で、撮影は「ジェニイの一生」のレオン・シャムロイの担当。B・P・シュールバーグ作品である。

監督
エリオット・ニュージェント
出演キャスト
クローデット・コルベール リチャード・アーレン メアリー・ボーランド ウォーレス・フォード
1932年

群集の喚呼

  • 1932年公開
  • 出演(Mrs._Spud_Smith 役)

シートン・I・ミラー及びハワード・ホークス合作のオリジナル・ストーリーから「一夜の大統領」「腕の男」のキュベック・グラスモンとジョン・ブライトが共同脚色し、「暁の偵察」のハワード・ホークスが監督にあたりし映画。主たる出演者は「民衆の的」「タクシー」のジェームズ・キャグニーを始め「ルンペン紳士」のジョーン・プロンデル、新進アン・ドヴォルザーク、ガイ・キッビー、フランク・マクヒューほかアメリカ有数の自動車選手などでカメラは「最後の偵察」のシド・ヒコックスが担当。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー ジョーン・ブロンデル アン・ヴォーザーク エリック・リンデン

劇場王ブラウン

  • 1932年公開
  • 出演(Actresses 役)

「選手の後に娘あり」「ブラウン野球虎の巻」に次ぐジョー・E・ブラウン主演喜劇で、「スパイ(1930)」のアーサー・シーザー、「裁かれる魂」のアール・ボールドウィン及び喜劇俳優だったモンティー・パンクスが共同して書卸した脚本によってかつてリンチンチン映画の監督者だったレイ・エンライトが監督し、「恋愛即興詩」「フービー」のグレッフ・トーランドが撮影したもの。助演者は「彼女の名誉」「三太郎大西洋横断」のジンジャー・ロジャース、「七万人の目撃者」「間諜X27」のルー・コディ「フービー」のスペンサー・チャータース「裁かれる魂」のラルフ・インス「けだもの組合」のロバート・グリーグ、ヴィヴィアン・オークランド、メイ・マディスン、ウィルフレッド・ルーカス等である。

監督
レイ・エンライト
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン ジンジャー・ロジャース ルー・コディ ヴィヴィアン・オークランド

男子入用

  • 1932年公開
  • 出演(Miss_Smith 役)

パラマウントからワーナー・ブラザースへ転社したケイ・フランシスの第二回主演映画で、ロバート・ロードが書卸した原作により「夜の看護婦」「オフィスワイフ」のチャールズ・ケニヨンが脚色、「最後の偵察」のウィリアム・ディーターレが監督、「国際盗賊ホテル」「天国の一夜」のグレッフ・トーランドが撮影した。助演者は「最後の偵察」「キスメット(1930)」のデヴィット・マナース、「琉球大学」のアンディ・デヴァイン、「陽炎の春」「マルタの鷹(1931)」のユーナ・マーケル、「ルンペン紳士」のガイ・キッピー、ケネス・トンプスン、ヴァージニア・セール、クレア・ドット等。

監督
ウィリアム・ディターレ
出演キャスト
ケイ・フランシス デイヴィッド・マナース アンディ・デヴァイン ガイ・キッビー
1931年

夜の看護婦

  • 1931年公開
  • 出演(Mrs._Richey 役)

「壁の中の声」「禁断の華」出演のバーバラ・スタンウィックが主演する映画でドーラ・メイシイの筆になる小説から「市街」のオリヴァー・H・P・ギャレットが脚色し「民衆の敵」「都会の世紀末」のウィリアム・A・ウェルマンが監督したもの。助演者は「近代エロ双紙」のベン・ライオンと「無冠の帝王」のクラーク・ゲーブル、「民衆の敵」のジョージ・ブロンデル、チャールズ・ウィニンジャー、エドワード・ヌージェント、ラルフ・ハロルドその他でカメラは「スヴェンガリ」「地獄の一丁目」のバーニー・マクギルの担任。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック ベン・ライオン ジョーン・ブロンデル チャールズ・ウィニンジャー
1925年

韋駄天グリフィス

  • 1925年公開
  • 出演(Colonel's_Daughter 役)

レッギー・モーリス氏の監督した喜劇で主役は「いようグリッフィス」「女人禁制」等でお馴染みのレイモンド・グリフィス氏、相手役には「冬の胡蝶」に端役を演じたシャーロット・メリアム嬢が主演する。その他古い喜劇俳優ビリー・フラネー氏が顔を出している。

監督
レッギー・モーリス
出演キャスト
レイモンド・グリフィス ビリー・フラネー ジャック・ダフィー ジャック・アックロイド

警鐘は響く

  • 1925年公開
  • 出演(Lucy_Morgan 役)

かつてピューリッツア賞を得たブース・ターキントン氏作の有名な小説「名家アンバーソン」をジェイ・ピルチャー氏が脚色し「最後の手段」「愛の救援列車」等と同じくデーヴィッド・スミス氏が監督したもので「咄!反逆者」「情夫奮起せば」等出演のカレン・ランディス氏「焼き餅禁物」「ドロシー・ヴァーノン」等出演のアラン・フォレスト氏「大丈夫ケリガン」等出演のアリス・カルホーン嬢「冬の胡蝶」等出演のシャーロット・メリアム嬢「シー・ホーク(1924)」等出演のウォーレス・マクドナルド氏「いとしの我児」等出演のベン・アレクサンダー君等のオールスターキャストである。

監督
デイヴィッド・スミス
出演キャスト
カレン・ランディス ベン・アレクサンダー アラン・フォレスト アリス・カルホーン

漂浪の健児

  • 1925年公開
  • 出演(Isobel_Becker 役)

ジェームズ・オリヴァー・カーウッド氏作の小説をジェイ・ピルチャー氏が脚色し、「鉄拳制裁」「咬み殺すまで」等と同じくデイヴィッド・スミス氏が監督したもので、主役は「ウインダミア夫人の扇」「大盗恋の目覚め」等出演のバート・ライテル氏が演じ相手女優は「鉄拳制裁」「キャプテン・ブラッド」等出演のシャーロット・メリアム嬢でスチュアート・ホームズ氏、メイベル・ジュリエンヌ・スコット嬢、ジエン・ハーロン氏等が助演している。

監督
デイヴィッド・スミス
出演キャスト
バート・ライテル シャーロット・メリアム スチュアート・ホームズ メイベル・ジュリエンヌ・スコット
1924年

良人の不在中

  • 1924年公開
  • 出演(Peggy_Lewis 役)

ミルドレッド・バーボアー女史作の小説をC・グレアム・ベイカー氏が脚色し「深夜の警鐘」「漂浪の健児」等と同じくデイヴィッド・スミス氏が監督したもので、主役は「子の心親知らず」「結婚哲学」等出演のフローレンス・ヴィダー嬢で、「深夜の怪船」等出演のロバート・ゴードン氏、「子供の世界」等出演のロックリフ・フェローズ氏、「漂浪の健児」等出演のアール・ウィリアムス氏及びクレエル・ディブレー嬢、シャーロット・メリアム嬢等が助演している。

監督
デイヴィッド・スミス
出演キャスト
フローレンス・ヴィダー ロバート・ゴードン アール・ウィリアムス ロックリフ・フェローズ

おお母よ

  • 1924年公開
  • 出演(Julie_Hemple 役)

エドナ・ファーバー女史作の小説をアデレイド・ヘイルブロン女史が脚色し、「盲目の妻」「跫音」等と同じくチャールズ・ブレイビン氏が監督したもので、主役は「踊り子サリー」「青春に浴して」等出演のコリーン・ムーア嬢が演じ、「栄冠は吾れに」等出演のベン・ライオン氏、「男子起たば」等出演のジョン・ボワーズ氏、「紅百合」等出演のウォーレス・ビアリー氏を始め、ローズメリー・セベー嬢、フォード・スターリング氏、ジーン・ハーショルト氏等が助演し、その他端役もすべて名ある俳優連が勤めている。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
コリーン・ムーア ベン・ライオン ジョン・ボワーズ ウォーレス・ビアリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > シャーロット・メリアム