映画-Movie Walker > 人物を探す > グラディス・マッコネル

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1929年 まで合計8映画作品)

1929年

爆弾突進

  • 1929年当年公開
  • 出演(Violet_Wentworth 役)

「乱射乱戟」「爆撃乱闘」に次いで製作されたケン・メイナード氏主演西部劇で同じくアルバート・ロージェル氏が監督したもの。原作はベネット・コーエン氏が執筆し、例によってメイナード氏の愛馬ターザンが活躍し「乱射乱戟」「女権拡張」のグラディス・マッコネル嬢が相手役を勤めている。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ケン・メイナード グラディス・マッコネル ジェームズ・ブラッドベリー・ジュニア ウィリアム・フラニー
1928年

大北の掟

  • 1928年当年公開
  • 出演(Helen_Morgan 役)

「任侠の勇士」「高原の騎士」に次ぐケン・メイナード氏主演西部劇で、ベネット・コーエン氏が書卸した台本によつて、メイナード作品「曲馬王」「蕃地征服」をものしたハリー・J・ブラウン氏が監督したもの。相手役は「岡惚れハリー」「女権拡張」出演のグラディス・マッコネル嬢が勤め、J・P・マッゴワン氏、エド・ブラディー氏、ドット・ファーレイ嬢、ジョセフ・ジラード氏等が助演し、ターザン號が活躍していること例の通り。

監督
ハリー・ジョー・ブラウン
出演キャスト
ケン・メイナード グラディス・マッコネル エド・ブラディー J・P・マッゴワン

女権拡張

  • 1928年当年公開
  • 出演(Wife 役)

「岡惚れハリー」に次いでハリー・ラングドン氏が監督主演した喜劇で、アーサー・リップリー氏が原作し、クラレンス・ヘンネック氏、ロバート・エディー氏、ハリー・マッコイ氏が共同脚色した。相手役も「岡惚れハリー」に同じくグラディス・マッコネル嬢が勤めている。

監督
ハリー・ラングドン
出演キャスト
グラディス・マッコネル ハリー・ラングドン 李香蘭 William Jamison

夢想の犯罪

  • 1928年当年公開
  • 出演(Mrs._Trevor 役)

「ホテル・インピリアル」「暗黒街」「最後の命令」等の撮影者として知名なるバート・グレノン氏が監督としてエフ・ピー・オー社に招かれてものした処女作品で、ユダヤ文学者として著名なイスラエル・ザングウィル氏作の小説をエフ・ピー・オー副社長ウウィリアム・ルバロン氏自ら映画的に改作し更にエワート・アダムソン氏が台本を製作した。主役は「暗黒街」「鉄条網」「忘れられた顔(1928)」のクライヴ・ブルック氏が勤め、「他言は御無用」「ウインダミア夫人の扇」のアイリーン・リッチ嬢を始め、「メリー・ウイドー(1925)」「猫とカナリア」のタリー・マーシャル氏、「岡惚れハリー」「乱射乱戦」のグラディス・マッコネル嬢、エセル・ウェールス嬢、キャロル・ナイ氏、エドモンド・ブリーズ氏等が共演している。

監督
バート・グレノン
出演キャスト
クライヴ・ブルック アイリーン・リッチ タリー・マーシャル エセル・ウェールス

乱射乱戟(1928)

  • 1928年当年公開
  • 出演(Alice_Harper 役)

「曠原の騎士」「驀進メイナード」に次ぐケン・メイナード氏主演西部劇で、マリオン・ジャクソン女史が書卸した本により「高原の騎士」のアルバート・S・ロージェル氏が監督したものである。相手役は「驀進メイナード」「岡惚れハリー」主演のグラディス・マッコネル嬢が勤め、フランク・ハグニー氏、レス・ベイツ氏、ヨーラッテェ酋長等が助演している。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ケン・メイナード グラディス・マッコネル フランク・ハグニー レス・ベイツ
1927年

岡惚れハリー

  • 1927年当年公開
  • 出演(One 役)

「初陣ハリー」に次いで製作されたハリー・ラングドン氏主演喜劇で、アーサー・リップリー氏の原作をジェームズ・ラングドン氏とロバート・エディー氏とが脚色し、ハリー・ラングドン氏自ら監督したものである。相手女優は「韋駄天騎手」及びフォックス短篇喜劇出演のグラディス・マッコネル嬢で、コーネリアス・キーフ氏、アーサー・タラッソ氏、ヘンリー・バロウズ氏、ジョン・コルプ氏及びジョー・バターウォース君が助演している。

監督
ハリー・ラングドン
出演キャスト
グラディス・マッコネル コーネリアス・キーフ ハリー・ラングドン ヘンリー・バロウズ
1926年

韋駄天騎手

  • 1926年当年公開
  • 出演(June_Savary 役)

マックス・ブランド氏作の西部譚を映画化したもので「勇猛果敢」「飛鳥の如く」等と同じくバク・ジョーンズ氏主演演劇である。脚色者はガートルード・オール女史で新進のオーヴイル・ダル氏が監督した。ジョーンズ氏の対手女優はフォックス社の若手女優グランデイース・マッコネル嬢で、ハーヴエイ・クラーク氏ウォルター・パーシヴァル氏及びハンク・マン氏が助演している。

監督
オーヴィル・ダル
出演キャスト
バック・ジョーンズ グラディス・マッコネル ウォルター・パーシヴァル Bruce Covington

支那町見物

  • 1926年当年公開
  • 出演(Marion_Haste 役)

四半世紀前にアメリカで好評を博したチャールズ・E・ホイト氏作の舞台笑劇を映画化した物でベアトリス・ヴァン女史が脚色し、ロバート・ビー・カー氏が監督した。主役は「喧嘩両成敗」「新婚第一年」等出演のマーガレット・リヴァングストン嬢と「喧嘩両成敗」「女護の島」等出演のアール・フォックス氏とで、ジェー・ジャレル・マクドナルド氏、チャールズ・ファーレル氏、アンナ・メイ・ウォン嬢、グラディス・マッコンネル嬢等が共演している。

監督
ロバート・P・カー
出演キャスト
マーガレット・リヴィングストン アール・フォックス J・ファーレル・マクドナルド アンナ・メイ・ウォン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > グラディス・マッコネル