映画-Movie Walker > 人物を探す > ホセ・ルイス・クエルダ

年代別 映画作品( 1990年 ~ 2002年 まで合計5映画作品)

2002年

アザーズ

  • 2002年4月27日(土)公開
  • 製作

全米でロングランヒットを記録した本格派ゴシック・ホラーが上陸。正体不明の存在が潜む屋敷を舞台に、家族を命がけで守ろうとする母親の姿をドラマチックにつづる。

監督
アレハンドロ・アメナーバル
出演キャスト
ニコール・キッドマン フィオヌラ・フラナガン クリストファー・エクルストン アラキナ・マン
2001年

蝶の舌

  • 2001年8月4日(土)公開
  • 監督、製作総指揮

国民栄誉賞に輝く小説を映画化した、スペイン発の珠玉の人間ドラマ。激動の時代を背景に、恩師と出会い、自然の中で育った幼い少年の思い出をノスタルジックにつづる。

監督
ホセ・ルイス・クエルダ
出演キャスト
フェルナンド・フェルナン・ゴメス マヌエル・ロサノ ウシア・ブランコ ゴンサロ・ウリアルテ
1998年

オープン・ユア・アイズ

  • 1998年7月18日(土)公開
  • 製作、エクゼクティブ・プロデューサー

顔を損傷したハンサム青年の、夢とも現実ともつかない世界を描いたスリラー。監督・脚本・音楽は「テシス・次に私が殺される」のアレハンドロ・アメナーバル。脚本は監督とマテオ・ヒールが担当。製作は「テシス・次に私が殺される」のホセ・ルス・クエルダ。製作総指揮はフェルナンド・ボヴァイラ、ホセ・ルイス・クエルダ。撮影は「テシス・次に私が殺される」のハンス・バーマン。音楽は監督とマリアノ・マリンが担当。出演は「テシス・次に私が殺される」のエドゥアルド・ノリエガ、「イフ・オンリー」のペネロペ・クルス、「テシス」のフェレ・マルティネス、舞台で活躍するチェテ・レーラほか。98年東京国際映画祭グランプリ受賞。

監督
アレハンドロ・アメナーバル
出演キャスト
エドゥアルド・ノリエガ ペネロペ・クルス チェテ・レーラ フェレ・マルティネス
1997年

テシス 次に私が殺される

  • 1997年7月19日(土)公開
  • 製作

実録殺人ビデオ製作に絡む事件に巻き込まれた女子学生の恐怖を描いたサスペンス。監督・脚本は若冠23歳で現役大学生でもある新人のアレハンドロ・アメナバールで、本作がデビュー作。製作は「森は生きている」など監督として知られるホセ・ルイス・クエルダで、アメナバールはじめ若手のスタッフを結集。製作総指揮はエミリアーノ・オテギ・ピエドラ、撮影はハンス・バーマン、音楽はマリアーノ・マリン、美術はヴォルフガング・バーマン、編集はマリア・エレーナ・セインツ・デ・ロサス、録音はゴールドステイン&ステインベルグ。主演は「ミツバチのささやき」の子役で知られる「血と砂」のアナ・トレントで、31歳を迎えた彼女の熱演が見もの。

出演キャスト
アナ・トレント フェレ・マルティネス エドゥアルド・ノリエガ ロザ・キャンピロ
1990年

にぎやかな森

  • 1990年11月17日(土)公開
  • 監督

ウェンセスラオ・フェルナンデス・フロレースの原作を基に、スペインの奥深い森の中に集う人々の織り成す様々な物語を描いた作品。製作はエドゥアルド・ドゥカイ、監督はホセ・ルイス・クエルダ、脚本はラファエル・アズコーナ、撮影はハビエル・アギーレサロベが担当。出演はアルフレード・ランダ、フェルナンド・バルベルデほか。

監督
ホセ・ルイス・クエルダ
出演キャスト
アルフレード・ランダ フェルナンド・バルベルデ アレハンドラ・グレピ フェルナンド・レイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ホセ・ルイス・クエルダ