映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリップ・ガレル

年代別 映画作品( 1990年 ~ 2019年 まで合計15映画作品)

2018年

つかのまの愛人

  • 2018年8月18日(土)
  • 監督、脚本

1960年代から意欲的な作品を発表し続けるフランスの名匠フィリップ・ガレル監督作。哲学教師ジルと教え子アリアーヌが同棲する家に、ジルの娘ジャンヌが転がり込んでくる。同い年のジャンヌとアリエンヌは、父として恋人として、それぞれの愛をジルに求める。監督・脚本のフィリップ・ガレルをはじめ、共同脚本のジャン=クロード・カリエール、キャロリーヌ・ドリュアス=ガレル、アルレット・ラングマン、撮影のレナート・ベルタ、編集のフランソワ・ジュディジェ、音楽のジャン=ルイ・オベールといった「パリ、恋人たちの影」のスタッフが再集結。出演は「ストーン・カウンシル」のエリック・カラヴァカ、「君の名前で僕を呼んで」のエステール・ガレル、フィリップ・ガレルが教鞭をとる国立高等演劇学校の教え子だったルイーズ・シュヴィロット。

監督
フィリップ・ガレル
出演キャスト
エリック・カラヴァカ エステル・ガレル ルイーズ・シュヴィロット
2017年

パリ、恋人たちの影

  • 2017年1月21日(土)
  • 監督、脚本

「恋人たちの失われた革命」のフィリップ・ガレル監督によるラブストーリー。ドキュメンタリー映画を制作するピエールと、彼を支える妻マノン。仕事に行き詰まったピエールは、若いエリザベットを愛人にする。第68回カンヌ国際映画祭監督週間正式出品作品。出演は、「ピストルと少年」のクロティルド・クロー、「ドライ・クリーニング」のスタニスラス・メラール。

監督
フィリップ・ガレル
出演キャスト
クロチルド・クロー スタニスラス・メラール レナ・ポーガム ヴィマーラ・ポンズ
2014年

ジェラシー

  • 2014年9月27日(土)
  • 監督、脚本

「恋人たちの失われた革命」のフィリップ・ガレル監督が、一組のカップルの間で起こる感情のうつろいを、美しいモノクロの映像で描く恋愛ドラマ。出演は、監督の息子で「灼熱の肌」のルイ・ガレル、「シャネル&ストラヴィンスキー」のアナ・ムグラリス。音楽は、「ずっとあなたを愛してる」のジェン=ルイ・オベール。

監督
フィリップ・ガレル
出演キャスト
ルイ・ガレル アナ・ムグラリス オルガ・ミルシュタイン エステル・ガレル
2012年

灼熱の肌

  • 2012年7月21日(土)
  • 監督、脚本

「恋人たちの失われた革命」のフィリップ・ガレル監督による愛の物語。関係が破綻しつつある若い画家と美しい妻が織り成すひと夏の出来事を描く。撮影を「男性・女性」のウィリー・クラン、音楽を「アメリカン・サイコ」のジョン・ケイルが担当。出演は「昼下がり、ローマの恋」のモニカ・ベルッチ、「恋人たちの失われた革命」のルイ・ガレル。

監督
フィリップ・ガレル
出演キャスト
モニカ・ベルッチ ルイ・ガレル モーリス・ガレル セリーヌ・サレット

愛の残像

  • 2012年6月23日(土)
  • 監督、脚本

生と死、夢と現実を超越する激しい愛をモノクロームの映像で紡ぎ出す「恋人たちの失われた革命」のフィリップ・ガレル監督作。撮影は「ランジェ公爵夫人」のウィリアム・ルプシャンスキー。出演は「恋人たちの失われた革命」のルイ・ガレル、「ゼロ時間の謎」のローラ・スメット、「マリー・アントワネット」のクレマンティーヌ・ポワダツ。

監督
フィリップ・ガレル
出演キャスト
ルイ・ガレル ローラ・スメット クレメンティーヌ・ポアダッツ
2007年

恋人たちの失われた革命

  • 2007年1月2日(火)
  • 監督、脚本、台詞、編集

仏の名匠フィリップ・ガレル監督が、息子ルイを主演に、激動の時代を生きる若者たちの情熱と絶望を描いたラブ・ストーリー。'05年のベネチア映画祭で監督賞など2部門受賞。

監督
フィリップ・ガレル
出演キャスト
ルイ・ガレル クロティルド・エスム エリック・ルリヤ ジュリアン・リュカ
2002年

白と黒の恋人たち

  • 2002年12月21日(土)
  • 監督、脚本

「夜風の匂い」の仏鬼才フィリップ・ガレルの自伝的ラブ・ストーリー。光と影の織りなすモノクロ映像の中に、映画芸術に情熱をかけた男女の壮絶な愛と葛藤を浮き彫りにする。

監督
フィリップ・ガレル
出演キャスト
メディ・ベラ・カセム ジュリア・フォール ミシェル・シュボール ジェローム・ユーゲ

夜風の匂い

  • 2002年2月9日(土)
  • 監督、脚本

仏の鬼才フィリップ・ガレルが大女優カトリーヌ・ドヌ−ヴ主演で描く究極の愛のドラマ。心に傷を抱えた大人の男女の触れ合いを、しっとりした情感とスタイリッシュな映像美でつづる。

監督
フィリップ・ガレル
出演キャスト
カトリーヌ・ドヌーヴ ダニエル・デュバル グザヴィエ・ボーヴォワ ジャック・ラサル
1997年

愛の誕生

  • 1997年5月9日(金)
  • 監督、脚本

ある中年男の恋愛と家族模様を繊細なタッチで綴った一編。監督は「もうギターは聞こえない」のフィリップ・ガレル。脚本はガレルと、彼と88年以来組む詩人・小説家のマルク・ショロデンコ、小説家のミュリエル・セール。撮影は「厚化粧の女」のラウル・クタールとアンドレ・クレマン、音楽は「パリ・セヴェイユ」のジョン・ケイル。主演は「イルマ・ヴェップ」のルー・カステルとジャン=ピエール・レオ。共演は「夜のめぐり逢い」のドミニク・レイモン、「不滅の恋/ベートーヴェン」のヨハンナ・テル・ステーヘほか。

監督
フィリップ・ガレル
出演キャスト
ルー・カステル ジャン=ピエール・レオ ヨハンナ・テア・シュテーゲ ドミニク・レイモン
1994年

ギターはもう聞こえない

  • 1994年12月10日(土)
  • 監督、脚本

愛とは、芸術とは、家族とは何であるかを問いながら数人の男女の生き様を描くドラマ。監督は60年から70年代を通じて数々の前衛的な作品を発表し、その後は自伝的な色の濃い作品『秘密の子ども』『救助の接吻』そして「自由、夜」などを発表している。また自ら脚本も手がけ、『救助の接吻』からは作家・詩人のマルク・ショロデンコと共同執筆を始めている。撮影は、「右側に気をつけろ」「ゴダールのリア王」「ゴダールの決別」「彼女たちの舞台」など現在フランスを代表する数多くの映画監督と共に仕事を手がけている女性撮影監督のカロリーヌ・シャンペティエ。音楽は、『秘密の子ども』「自由、夜」でも担当しているキーボード奏者であるファトン・カーンがヴァイオリニストのディディエ・ロックウッドとイギリスのジャズ・シーンを代表するサックス奏者のエルトン・ディーンとともに手がけている。主演は、パトリス・シェロー演出の『ペール・ギュント』で華々しい舞台デビューを飾り、その後「彼女たちの舞台」や「トリコロール 青の愛」など映画でも活躍をしながら94年、惜しくもこの世を去ったブノワ・レジャン。その他、オランダの女優で本作と引き続きガレルの『愛の誕生』に出演し、またロバート・アルトマンの「ゴッホ」などにも主演しているヨハンナ・テア・シュテーゲ、現代フランス演劇界を代表する演出家の舞台で活躍し、アンジェイ・ズラウスキーの「狂気の愛」やジャック・リヴェトの「ジャンヌ」に主演しているヤン・コレット、「汚れた血」「愛さずにいられない」のミレーユ・ペリエなど。2019年4月27日より再上映(配給:コピアポア・フィルム)。

監督
フィリップ・ガレル
出演キャスト
ブノワ・レジャン ヨハンナ・テア・シュテーゲ ヤン・コレット ミレーユ・ペリエ

関連ニュース

公開が待ち望まれていたフィリップ・ガレルの新作『灼熱の肌』(上)、『愛の残像』(下)が連続公開
絵画のように描かれる愛! フランスの名匠フィリップ・ガレルの新作が連続公開 2012年6月21日 18:00

あのジャン=リュック・ゴダールの再来とも評されるフランスの映画監督フィリップ・ガレル。ヌーヴェルヴァーグの正統な継承者として世界的に高い評価を得ている彼の作品のうち、日本未公開だった2つの新作映画『愛の残像』(6月23日…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

パラサイト 半地下の家族
パラサイト 半地下の家族

相反する2つの家族の出会いによって展開する悲喜劇を描いたポン・ジュノ監督作

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリップ・ガレル