映画-Movie Walker > 人物を探す > 小林修

年代別 映画作品( 1967年 ~ 2010年 まで合計16映画作品)

2010年

トイ・ストーリー2 3D

  • 2010年2月6日(土)公開
  • 日本語版出演(声)(プロスペクター 役)

ピクサー社による名作CGアニメの続編が3D版で復活。おもちゃの凸凹コンビ、ウッディとバズの大冒険が、あたかもスクリーンから飛び出したかのような臨場感で楽しめる。

監督
ジョン・ラセター
出演キャスト
トム・ハンクス ティム・アレン ジョーン・キューザック ケルシー・グラマー
2004年

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ

  • 2004年4月17日(土)公開
  • 出演(声)(クリス 役)

人気テレビアニメの劇場版12作目。ひょんなことから映画の西部劇の世界に迷い込んでしまったしんちゃん率いる“かすかべ防衛隊”が、春日部市にある我が家へ帰ろうと奔走する。

監督
水島努
出演キャスト
矢島晶子 ならはしみき 藤原啓治 こおろぎさとみ
2003年

ドラえもん のび太とふしぎ風使い

  • 2003年3月8日(土)公開
  • 出演(声)(ヤーク 役)

国民的人気アニメ・シリーズ劇場版最新作。のび太が育てた風の子をめぐる冒険と戦いが、壮大なスケールで展開する。人気アーティスト、ゆずの2人が声優に初挑戦している。

監督
芝山努
出演キャスト
大山のぶ代 小原乃梨子 かないみか 愛河里花子
2000年

トイ・ストーリー2

  • 2000年3月11日(土)公開
  • 日本語版出演(声)(プロスペクター 役)

おもちゃたちの冒険と友情を描いたフルCGアニメの続編。監督は前作に続き「バグズ・ライフ」のジョン・ラセター。脚本は「バグズ・ライフ」のアンドリュー・スタントンと「ムーラン」のリタ・シャオ、ダグ・チェンバリン&クリス・ウェブ。音楽は「カラー・オブ・ハート」のランディ・ニューマン。声の出演は前作に続きトム・ハンクス、ティム・アレンほか。

監督
ジョン・ラセター
出演キャスト
トム・ハンクス ティム・アレン ジョーン・キューザック ケルシー・グラマー
1989年

ナポレオン生誕 映画革命児アベル・ガンス

  • 1989年11月6日(月)公開
  • 字幕

仏サイレント時代の巨匠アベル・ガンスの幻の大作「ナポレオン(1927)」。その創造の秘密を未公開フィルムを通じて綴るドキュメント。製作はクロード・マコウスキー、監督・脚本・編集はアベル・ガンスのアシスタントを務めたネリー・カプラン。撮影はジャン・モンシニーが担当。ナレーターにはミシェル・ドリュッケール。作品は、一九八一年にオーケストラつきで再映されるや映像の世界に新たな興奮を呼び起こしたこの作品の、カメラを走る馬の背に乗せたりする撮影風景や、ポリビジョン(シネマスコープの原形)に関する原稿を収め、ガンスの野心的な試みを通じて、いながらにして映画史を体験することができる。

監督
ネリー・カプラン
1987年

ダーティペア

  • 1987年公開
  • 出演(声)(チーフマネージャー 役)

WWWA(世界福祉事業協会)のトラブルコンサルタントのユリとケイが、宇宙せましと活躍する姿を描くアニメ。原作は高千穂遥の同名小説、脚本は「ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団!日本上陸!!」の星山博之、監督は「アイ・シティ」の真下耕一がそれぞれ担当。

監督
真下耕一
出演キャスト
頓宮恭子 島津冴子 森功至 大塚周夫
1983年

クラッシャージョウ

  • 1983年3月12日(土)公開
  • 出演(声)(バード 役)

銀河の世界を舞台に、クラッシャーと呼ばれる惑星改造を請け負うメンバーの活躍を描く。高千穂遥の同名の原作のアニメーションで脚本は高千穂遥と、この作品が監督デビューとなる安彦良和が共同執筆している。

監督
安彦良和
出演キャスト
竹村拓 佐々木るん 小林清志 小原乃梨子
1982年

FUTURE WAR 198X年

  • 1982年10月30日(土)公開
  • 出演(声)(ジラード国務長官 役)

1980年代の近未来を舞台に、米ソを中心として核戦争の危機を描くアニメーション。脚本は「鬼龍院花子の生涯」の高田宏治、監督は「大日本帝国」の舛田利雄と「わが青春のアルカディア」の勝間田具治の共同、撮影は白井久男と寺尾三千代の共同でそれぞれ担当。

監督
舛田利雄 勝間田具治
出演キャスト
北大路欣也 夏目雅子 野田圭一 柴田秀勝
1980年

ヤマトよ永遠に

  • 1980年8月2日(土)公開
  • 出演(声)(山南艦長 役)

二二〇二年、重核子爆弾を用い地球征服をもくるむ暗黒星団帝国のスカルダートと、地球防衛のために迎え撃つ古代進をはじめとするヤマトの乗組員の戦いを描いたシリーズ三作目だが、続篇ということではなく、新しい構想で作られた。原作は松本零士と西崎義展、脚本は「二百三高地」を監督した舛田利雄、「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士」の山本英明と同作の藤川桂介の共同執筆、総設定、監督に松本零士、監督は舛田利雄、撮影は片山幸男がそれぞれ担当。上映に際し後半よりビスタ・モノラルからシネスコ・ステレオに切り替わる”ワープディメンション方式”を採用している。

監督
松本零士 舛田利雄
出演キャスト
富山敬 麻上洋子 潘恵子 小林修

宇宙怪獣ガメラ

  • 1980年3月20日(木)公開
  • 出演(声)(キャプテンの声 役)

全宇宙支配をもくろむ邪悪星人が送りこむ怪獣を撃退して地球を守るガメラと三人のスーパーウーマンの活躍を描く。脚本は全七作の「ガメラ」シリーズを執筆した高橋二三、監督も同シリーズの湯浅憲明、撮影も同シリーズの喜多崎晃が担当。

監督
湯浅憲明
出演キャスト
マッハ文朱 小島八重子 小松蓉子 工藤啓子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 小林修