映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・マクノートン

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1937年 まで合計9映画作品)

1937年

夜霧の怪盗

  • 1937年当年公開
  • 出演(Constable_Higgins 役)

「天使の花園」「ジャングルの女王」のレイ・ミランドが主役を勤める映画で、H・C・マクニール、ジェラード・フェアリー合作の探偵小説をエドワード・T・ロウが脚色し、「アリゾナ突撃隊」のジェームズ・P・ホーガンが監督に当たり、「平原児」「恋のナポリ」のヴィクター・ミルナーが撮影した。共演者は「さらば海軍兵学校」のサー・ガイ・スタンディング、「男の敵」のヘザー・エンジェル、「平原児」のポーター・ホール、「撮影所の惨劇」のレジナルド・デニー「オペラは踊る」のウォルター・キングスフォード、E・E・クライヴ等の面々である。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
レイ・ミランド サー・ガイ・スタンディング ヘザー・エンジェル ポーター・ホール
1935年

ジャバの東

  • 1935年当年公開
  • 出演(Slopy_Aif 役)

「可愛いマーカちゃん」「新世紀」のチャールズ・ピックフォードが主演する映画で、ガヴァナー・モリス作の冒険小説をポール・ペレスとジェームズ・アシュモア・クリールマンが協力して改作し、「アダムと踊り子」と同じくクリールマンが脚色し、「ボルネオの東」「強力犯」のジョージ・メルフォードが監督に当たり、「世界大洪水」のノーバート・プロディンが撮影した。助演は「青春の頬杖」のエリザベス・ヤング、「怪特急列車」のフランク・アルバートソン、「深夜の星」のレスリー・フェントン及び「結婚の夜」のシグ・ルーマンである。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
チャールス・ビックフォード エリザベス・ヤング フランク・アルバートソン レスリー・フェントン
1934年

泉(1934)

  • 1934年当年公開
  • 出演(Lampman 役)

「立ち上がる米国」「林檎の頬」のアン・ハーディングが主演する映画で、チャールズ・モーガンの名作小説を映画化したもの。脚色には「小牧師(1934)」「スパイK14 号」のジェーン・マーフィンが当たり、「痴人の愛」と同じくジョン・クロムウェルが監督し、ヘンリー・ジェラードが撮影した。なお台詞は「恋の凱歌」の脚色者サミュエル・ホッフェンスタインが書いた。助演は「恋の凱歌」のブライアン・エイハーン、「若草物語(1933)」「戦線の嵐」のポール・ルーカス「白衣の騎士」「猫と堤琴」のジーン・ハーショルトを始め、「永遠に微笑む」のラルフ・フォーブス、舞台から来たヴァイオレット・ケンブル・クーパー及びセーラ・ヘイドン、その他である。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
アン・ハーディング ブライアン・エイハーン ポール・ルーカス ジーン・ハーショルト

宝島(1934)

  • 1934年当年公開
  • 出演(Black_Dog 役)

これまでも映画化されたことのあるロバート・ルイ・スティーヴンソンの名作小説のトーキー化で、「エスキモー(1934)」「世界拳闘王」のジョン・リー・メインが脚色に、「爆弾の頬紅」「ホワイト・シスター(1933)」のヴィクター・フレミングが監督に、「舗道の雨」「秘密」のレイ・ジューン及び「ターザンの復讐」「エスキモー」のクライド・デ・ヴィナが撮影に、それぞれ当たった。主演者は「奇傑パンチョ」「バワリイ」のウォーレス・ビアリーと「僕はカウボーイ」「バワリイ」のジャッキー・クーパーで、「かたみの傑作」「心の緑野」のライオネル・バリモアを始め、「世界拳闘王」「林檎の頬」のオットー・クルーガー、「クリスチナ女王」のルイス・ストーン、英国劇団から来たナイジェル・ブルース、「豚児売り出す」のチャールズ・チック・セール、「妾は天使じゃない」のドロシー・ピーターソン等が助演している。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ジャッキー・クーパー ライオネル・バリモア オットー・クルーガー
1933年

深夜の紳士

  • 1933年当年公開
  • 出演(2st_Detective 役)

「六月十三日の夜」「上海特急」のクライヴ・ブルックと「舗道」「紐育の仇討ち」のジョージ・ラフトが共演する映画で、E・フィリップス・オッペンハイムの原作を「暗黒街の顔役(1932)」「鷲と鷹(1933)」のシートン・I・ミラーが、レスリー・チャータリスと共同脚色し、「419号室の女」と同じくアレクサンダー・ホールとジョージ・サムンズが共同監督し、シオドア・スパークールが撮影したもの。助演者は「笑う巨人」「仮面の米国」のヘレン・ヴィンソン、「恋の凱歌」「夜毎来る女」のアリソン・スキップワース、「暴風の処女」「鷲と鷹(1933)」のサー・ガイ・スタンディング、アラン・モーブレイ、フェルディナンド・ゴットシャルク等である。

監督
アレクサンダー・ホール ジョージ・サムンズ
出演キャスト
クライヴ・ブルック ジョージ・ラフト ヘレン・ヴィンソン アリソン・スキップワース
1932年

チャーリー・チャンの機会

  • 1932年当年公開
  • 出演(Paradise 役)

「怪探偵張氏」「黒い駱駝」と同様アール・デア・ビブース作のチャーリー・チャン物語を映画化したもので主演者も同じくリーナー・オーランド。脚色者もバリー・コナーズ、フィリップ・クラインで前作と同じ。監督だけが「愛の暴風」のジョン・ブライストン。助演者はアレクサンダー・カークランド、H・B・ワーナー、マリアン・ニクソン、等で、カメラは「餓鬼娘」のジョセフ・オーガストが担当。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ワーナー・オーランド アレクサンダー・カークランド H・B・ワーナー マリアン・ニクソン
1930年

泥人形

  • 1930年当年公開
  • 出演(Edwards 役)

「ヴァージニアン(1929)」「アビーの白薔薇」のヴィクター・フレミング氏が監督したものでクリーヴス・キンキード氏原作の舞台劇を「サンダーボルト(1929)」「アビーの白薔薇」のジュールス・ファースマン氏が脚色した。主演者は「棘の園」のコンスタンス・ベネット嬢と「西部戦線異状なし」のルー・エイヤース氏で、「サンダーボルト(1929)」のタリー・マーシャル氏、「グッドバイ・キッス」のマティー・ケンプ氏、「七日間の休暇」のベリル・マーサー嬢、「アリバイ」のパーネル・プラット氏、舞台劇界で有名なヘール・ハミルトン氏等が助演している。キャメラは「デキシー歌舞曲」「黒旋風」のグレン・マクウィリアムス氏担任。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
コンスタンス・ベネット ルー・エイヤース タリー・マーシャル マティー・ケンプ

やくざ者(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(Petey 役)

「エヴァンジェリン(1929)」「黄金の世界へ」のドロレスン・デル・リオの主演映画である。ジョン・ファーロウの原作を「目覚め」「ベン・ハー(1926)」のケイリー・ウィルソンと「ラグビー時代」のハワード・エメット・ロジャースが脚色し台詞を付し、「激流恋をのせて」「愛欲の人魚」のジョージ・フィッツモーリスが監督し、「じゃじゃ馬馴らし(1929)」「コケット」のカール・ストラッスが撮影したもので、「藪睨みの世界」「悪に咲く華」のエドモンド・ロウ「リオ・リタ」「巴里のアパッシュ」のドン・アルヴァラド、「鉄仮面」のウルリッヒ・ハウプト、ブランシュ・フレデリシ、エイドリアン・ダンブリクール、ミッチェル・ルイス、ラルフ・ルイス、ジョージ・フォーセット、ヨーラ・ダヴリルその他が助演している。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ドロレス・デル・リオ エドモンド・ロウ ドン・アルヴァラド ブランシュ・フレデリシ
1929年

三人の生霊

  • 1929年当年公開
  • 出演(Jimmy_Gubbins 役)

フレデリック・S・アイシャム作の舞台劇を「アパートの殺人」「赤新聞」のマックス・マーシンが改作して台詞を書き、ヘレン・ホーレットが脚色し、助監督から昇進したソーントン・フリーランドが処女作品として監督し、ロバート・プランクが撮影した。出演者は「薫る河風」のジョーン・ベネット、「ビッグ・ハウス」のロバート・モンゴメリー、「モンテカルロ」のクロード・アリスター、「泥人形」のチャールズ・マクノートン及びベリル・マーサー、「続フーマンチュー博士」のシェイル・ガードナー、ジョスリン・リー等である。

監督
ソーントン・フリーランド
出演キャスト
ジョーン・ベネット ロバート・モンゴメリー クロード・アリスター チャールズ・マクノートン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・マクノートン