TOP > 映画監督・俳優を探す > Willis Marks

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1921年 まで合計10映画作品)

1932年

農園のレベッカ

  • 1932年
  • 出演(Jacob 役)

「ほほえみの街」のマリアン・ニクソンと「真実の力」のラルフ・ベラミーが主演する映画で、ケイト・ダグラス・ウィギンとシャーロット・トンプソン合作の同名の舞台劇に基づいて「脱走兵」のS・N・ベールマンと「デリシャス」のソニア・レブィーンとが共同して脚色し「陽炎の春」「地獄のサーカス」のアルフレッド・サンテルが監督し、「肉と霊」のグレン・マクウィリアムスが撮影したもの。助演者は「オーバー・ザ・ヒル」のメイ・マーシュ、「ロイドの活動狂」のルイズ・クロッサー・ヘイル、「母」のアラン・ヘール、「腕白大将」のシャーロット・ヘンリー、サラ・パッデン、ユーラ・ガイ、クレア・マクドウェル等。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
マリアン・ニクソン ラルフ・ベラミー メエ・マーシュ ルイズ・クロッサー・ヘイル
1926年

一兵卒の死

  • 1926年
  • 出演(Rev._Dr._Mortimer 役)

「悪魔(1928)」「燃ゆる愛歌」の監督者レノード・ホフマン氏が監督製作した映画で、「イバニエズの激流」「明眸罪あり」等の脚色者ドロシー・ファーナム女史原案のテーマによってジェームズ・J・タイナン氏が物語を組み立て、「大飛行艦隊」「キートンの結婚狂」のE・リチャード・スケイヤー氏が脚本化した。主役は「肉に餓えたる野獣」「決死隊」等に出演した故チャールズ・エメット・マック氏が勤め、「最後の戦線」「鉄仮面」のマーゲリット・ド・ラ・モット嬢が相手役で、「言論の自由」「黒旋風」のヘンリー・B・ウォルソール氏、「黄金の世界へ」のジョージ・クーパー氏、エセル・ウェールス嬢、クレア・マクドウェル嬢、シド・クロスリー氏等が助演している。キャメラは「アリバイ」「地獄船」のレイ・ジューン氏が担当した。

監督
レノード・ホフマン
出演キャスト
チャールズ・エメット・マック マーゲリット・ド・ラ・モット ヘンリー・B・ウォルソール クレア・マクドウェル
1925年

深夜の怪船

  • 1925年
  • 出演(David_Brooks 役)

ヘンリー・マッカーティー氏が自作の台本により監督したもので、主役は「烈風豪雨の夜」「本町通り」等出演のロバート・ゴードン氏で「さすらいの人々」等出演のトム・サンチ氏を始めメアリー・カー夫人、マーガレットフィールディング嬢等が助演している。

監督
ヘンリー・マッカーティー
出演キャスト
ロバート・ゴードン メアリー・カー マーガレット・フィールディング トム・サンチ
1924年

偉人リンコルン

  • 1924年
  • 出演(Secretary_Seward 役)

ロケット兄弟が独立製作した映画で、フランセス・マリオン女子が伝記を基として書き下ろした台本により「妖婦馴らし」「父を呼ぶ声」等と同じくフィリップ・E・ローゼン氏がかんとくしたものである。主役リンカーンには無名の素人たるジョージ・エー・ビリングス氏が選ばれ扮し、「悪魔の花園」「恩愛のむち」等出演のルース・クリフォード嬢を始め、ルイズ・ファゼンダ嬢、パット・ファアディガン氏、オティス・ファアラン氏、ネル・クレイグ嬢等が共演している。因みにこの映画はフォトプレイ誌、1924年度最優秀映画として金碑を得たものである。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ジョージ・A・ビリングス ダニー・ホイ ルース・クリフォード ネル・クレイグ
1922年

闇に潜む男

  • 1922年
  • 出演(Col._Culpepper 役)

アリゾナ州監獄に終身懲役を課せられていたルイズ・ヴィクター・アイティンヂの原作を、ハーヴェイ・ゲイツが脚色し、「親切第一」「法の外(1921)」などと同じくトッド・ブラウニングがそのはつらつたる手腕によって監督した。主役は「黄金の洪水」「鉄拳の人」などの主役ハーバート・ローリンソンで、「モヒカン族の最後(1920)」に出演したバーバラ・ベッドフォードが相手役である。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
ハーバート・ローリンソン ジョージ・ハーナンデス ウィリアム・コートライト Edward Tilton
1920年

ダンス狂

  • 1920年
  • 出演(Meeks 役)

「仮病八つ当たり」「巨人の谷」等同様パ社ウォーレス・リード氏主演映画で原作はヘンリー・ペイスン・ドウスト氏のサンディ・イーヴニング誌所載の小説。クララ・ケネディ女史が脚色し、「獣牙を脱れし女」同様サム・ウッド氏が監督したものである。相手役はビービー・ダニエルス嬢でその他レイモンド・ハットン氏等共演。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ウォーレス・リード ビービー・ダニエルス レイモンド・ハットン Willis Marks
1921年

涙の船唄

  • 1921年11月23日(水)
  • 出演(Rev._Resmer_Briggles 役)

エリス・パーカー・バトラー氏原作の小説をキング・ヴィダー氏が監督して製作せる人情劇である。ピーター・レインと言う老人--他人に対して広い愛を持った貧しい老人が、母の死によって飢えに迫った頼りなき幼児を救い、温かい慈悲の腕をもって彼を育てていく経路が、涙ぐましいばかりの真実味を持って描かれている。米誌は本映画を評してリレーまたはフィールドの田園詩を読む如き感激を与え、心の琴線に快い震きを感ぜしめるとまで言っている。滑稽味の中に鋭い人生の一面を示した本映画は期待すべき価値あるものであろう。主役「短剣児」のピーター・レインには「高原に咲く花」のフレッド・ターナー氏が扮し、その他クレア・マクドウェル嬢、フローレンス・ヴィダー嬢等も出演する。『キネマ旬報』第62号には「短劍兒」(短剣児)の題名で掲載。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
フレッド・ターナー ハリー・トッド Bobby Kelso Willis Marks
1919年

恐怖の瞬間

  • 1919年
  • 出演(Bull_Barnes 役)

製作当時輸入されなった作品である。ケネス・B・クラークの原作をドリス・シュローダーが脚色し、「吹雪の道」「三銃士(1921)」などに出演のジョージ・シーグマンが監督する探偵劇で、主役は青鳥時代に鳴らしたケネス・ハーラン。相手役としてヘレン・ジェローム・エディーが出演する。

監督
ジョージ・シーグマン
出演キャスト
ケネス・ハーラン ヘンリー・バロウズ Willis Marks Edna Shipman
1918年

再生の男(1918)

  • 1918年
  • 出演(Dudlong 役)

ファーラー嬢の対手として度々紹介された、ウォーレス・リード氏出演の活劇で、対手は近く「鐡火ブライス」や「情熱の国」等に出演したアン・リットル嬢である。メエリー・ピックフォード嬢の妹ロティー・ピックフォード嬢がディキシーに扮して居る。監督はウォルター・エドワーズ氏。アーネスト・ウィルクス氏原作の「絶たれた糸」“Broken Threads”から有名なモント・M・カッタージョン氏が脚色したものである。

監督
ウォルター・エドワーズ
出演キャスト
ウォーレス・リード アン・リットル Willis Marks ジョージ・マクダニエル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > Willis Marks

ムービーウォーカー 上へ戻る