映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリップ・E・ローゼン

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1937年 まで合計19映画作品)

1937年

ダイナマイト(1937)

  • 1937年公開
  • 監督

「桑港」「モロッコの動乱」のジャック・ホルトが主演する映画で、ロバート・ジェームズ・コスグリフが自らの原作をポール・フランクリンと協力脚色し「快勇二丁拳銃」のフィリップ・E・ローゼンが監督に当たり、「モロッコの動乱」のジェームズ・S・ブラウン・ジュニアが撮影した。助演者は「航空十三時間」のグレイス・ブラッドリー及びルース・ドネリー、「札つき女」のレイモンド・ハットン、ウィラード・ロバートソン等である。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ジャック・ホルト グレース・ブラッドリー ルース・ドネリー レイモンド・ハットン
1934年

快勇二丁拳銃

  • 1934年公開
  • 監督

「泰西快盗伝」「空軍の覇者」と同じくリチャード・ディックスが主演する映画で、ミルトン・クリムスとジョン・ツウィストが協力して書き下ろした台本により「闇の銃声」のフィリップ・E・ローゼンが監督したもので、撮影は「生活と恋愛」「魔の超特急」のジェームズ・ヴァン・ツリースが担当した。助演者は「宿命の窓」「真夜中の処女」のマーサ・スリーパーを始め「若草物語(1933)」のサミュエル・S・ハインズ、「世界大洪水」のフレッド・コーラー、「模倣の人生」のルイス・ビーヴァース、スリープン・イート、ジョージ・クーパー等の面々である。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
リチャード・ディックス マーサ・スリーパー サミュエル・S・ハインズ フレッド・コーラー
1933年

怪人ブリーム博士

  • 1933年公開
  • 監督

「海賊ブラッド」「米国の機密室」のライオネル・アトウィルが主演する映画で「征空重爆撃」のアルバート・デモンドが原作脚色し、「快勇二丁拳銃」のフィリップ・E・ローゼンが監督に当たり、「珍芸騒動」のギルバート・ウォーレントンが撮影した。助演俳優は「五十六番街の家」のシーラ・テリー、「青春の溜息」のセオドア・ニュートン、「男性No.1」のポール・ハースト、「メトロポリタン(1935)」のルイ・アルバーニ、「昨日」のロバート・エリス等である。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ライオネル・アトウィル シーラ・テリー セオドア・ニュートン ポール・ハースト

銃弾の挑戦

  • 1933年公開
  • 監督

「巨盗団全滅」「夕陽の総攻撃」のティム・マッコイが主演する映画で、ホレース・マッコイの書卸し、「ダイナマイト(1937)」のフィリップ・E・ローゼンの監督によるもの。助演者は「ピストルと音楽」のシャーリー・グレイを始め、ヘンリー・ワズワース、オスカー・アッフェル、ウィーラー・オークマン等。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ティム・マッコイ シャーリー・グレイ ヘンリー・ワズワース オスカー・アッフェル

闇の銃声

  • 1933年公開
  • 監督

「月の宮殿」「ビール万歳」のメアリー・ブライアンと「空飛ぶ悪魔」「キング・コング(1933)」のブルース・キャボットが出演する映画で、キャセリン・スコラとドリス・マロイが共同執筆した原作を「突進大飛行船」のアルバート・デモンドが脚色し、「消えゆく国境」のフィリップ・E・ローゼンが監督にあたり「恩讐」のベンジャミン・H・クラインが撮影した。助演者は「晩餐八時」のグラント・ミッチャル、「監視装甲車」のハリー・ウッヅ、「新世紀」のブラッド・ペイジ、「独裁大統領」のクレア・デュプレイその他である。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
メアリー・ブライアン ブルース・キャボット グラント・ミッチェル ハリー・ウッズ
1932年

消えゆく国境

  • 1932年公開
  • 監督

「緑の処女地」「秘密の6」のジョン・マック・ブラウンが主演する映画で、「氷原の彼方」「夜の大統領」のエヴァリン・ナップ、「ハリウッドは大騒ぎ」のザス・ピッツ、「海底二千尺」のウォーレス・マクドナルド、「地獄のサーカス」「異国の母」のレイモンド・ハットン、ベン・アレクサンダー、J・ファーレル・マクドナルド等が助演している。監督は古くから活劇物を手がけているフィリップ・E・ローゼンで、脚本も西部劇専門のスチュアート・アンソニーがものし、撮影はジェームズ・S・ブラウンが受持っている。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ジョン・マック・ブラウン エヴァリン・ナップ ザス・ピッツ レイモンド・ハットン
1928年

パリのアパッシュ

  • 1928年公開
  • 監督

ラモン・ロメロ氏作の物語の映画化でハリエット・ヒンスデール女史の脚色により「ヤング・ラジャー」「妖婦馴らし」の監督者フィリップ・E・ローゼン氏が監督完成した映画である。主役を演ずるのは「最後の警告」「サンライズ」のマーガレット・リヴィングストン嬢と「男女の戦」「愛はひとすじ」のドン・アルヴァラドォ氏との2人であるが、それを助けて「市俄古」のワーナー・リッチモンド氏と「野球王」のフィロ・マッカロー氏とが重要な役を演じて出演する。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ドン・アルヴァラド マーガレット・リヴィングストン ワーナー・リッチモンド フィロ・マッカロー
1924年

偉人リンコルン

  • 1924年公開
  • 監督

ロケット兄弟が独立製作した映画で、フランセス・マリオン女子が伝記を基として書き下ろした台本により「妖婦馴らし」「父を呼ぶ声」等と同じくフィリップ・E・ローゼン氏がかんとくしたものである。主役リンカーンには無名の素人たるジョージ・エー・ビリングス氏が選ばれ扮し、「悪魔の花園」「恩愛のむち」等出演のルース・クリフォード嬢を始め、ルイズ・ファゼンダ嬢、パット・ファアディガン氏、オティス・ファアラン氏、ネル・クレイグ嬢等が共演している。因みにこの映画はフォトプレイ誌、1924年度最優秀映画として金碑を得たものである。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ジョージ・A・ビリングス ダニー・ホイ ルース・クリフォード ネル・クレイグ

愛人の迷路

  • 1924年公開
  • 監督

「ボー・ブラムメル」等の名作を書いたクライド・フィッチ氏の舞台劇に基づき「ボー・ブラムメル」「恋の浅瀬」等を脚色したドロシー・ファーナム女史が脚色し、「ヤング・ラジャー」「大陸突破」等と同じくフィル・ローセン氏が監督したもの。主役は「そばかす大統領」「恋の浅瀬」等出演のガートルード・オルムステッド嬢、「人生の焔」「野の花」等出演のロバート・エリス氏、「恩愛のむち」等出演のクローファード・ケント氏等である。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ロバート・エリス ガートルード・オルムステッド クロフォード・ケント Kate Toncray

父を呼ぶ声

  • 1924年公開
  • 監督

米国現代の人気作家グレイス・H・フランドロウ女史の小説に基づき、「ボー・ブラムメル」「恋の逢瀬」等を脚色したドロシー・ファーナム女史が脚色し、「ヤング・ラジャー」「愛人の迷路」等と同じくフィリップ・E・ローゼン氏が監督した。主役は「結婚哲学」「妻君教育法」と同じくマリー・プレヴォー嬢とモント・ブルー氏で、「奔流恋を乗せて」のアイリーン・リッチ嬢「人魚踊る」ルイズ・ファゼンダ嬢等も出演している。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
マリー・プレヴォー モント・ブルー ルイズ・ファゼンダ アイリーン・リッチ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリップ・E・ローゼン