映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・クロスランド

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1935年 まで合計18映画作品)

1935年

旋律の殺人

  • 1935年
  • 監督

「男の魂(1935)」「女は要らねえ」のエドモンド・ロウが主演する探偵劇で、原作は「影無き男(1934)」のダシエル・ハメットの書き下ろし物である。改作はドリス・マロイとハリー・クローク2人の手になり監督には「夜の12時」「異人種の争闘」のアラン・クロスランドが当たった。助演者は「蛍の光」「鏡の前の接吻」のジーン・ディクソン、「客間の燭台」「蛍の光」のエスター・ラルストン、「ロバータ」のヴィクター・ヴァルコニ、「森の男(1933)」のヴァーナ・ヒリー、「舗道の雨」のマイナー・ワトスン、ロバート・グレックラー、ジェームズン・トーマス等。撮影は「白蛾」と同じくジョージ・ロビンソンの担任である。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
エドモンド・ロウ ジーン・ディクソン エスター・ロールストン ヴィクター・ヴァルコニ

大陸間謀戦

  • 1935年
  • 監督

「旋律の殺人」「洋上魔」のエドモンド・ロウが主演する映画で、E・フィリプス・オップンハム作の小説を「大空の闘士」のフランク・ウイードが脚色し、「戦慄の殺人」と同じくアラン・クロスランドが監督に当たり、「舞台に立つ妻」のミルトン・クラスナーが撮影したもの。助演者は「倫敦の人狼」「幻の合唱」のヴァレリー・ホブスン、英独映画界にありしヴェラ・エンゲルス、英国劇界から招かれたヘンリー・モリスン、「白い友情」のエスター・デール、「東への道」のスプリング・バイントン、「ロスチャイルド」のマレイ・キンネル、「フランダースの犬(1935)」のフランク・レイチャー、ラムスデン・ヘーア、ブランドン・ハースト等である。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
エドモンド・ロウ ヴァレリー・ホブソン ヴェラ・エンゲルス スプリング・バイントン
1934年

夜の十二時

  • 1934年
  • 監督

「異人種の争闘」「餓ゆるアメリカ」のリチャード・バーセルメスが主演する映画で「一日だけの淑女」のデーモン・ラニョンの原作を「世界大洪水」のウォーレン・ダフが脚色し「異人種の争闘」と同じくアラン・クロスランドが監督した。助演者は「異人種の争闘」「舗道の三人女」のアン・ヴォーザークを始めとし「人生の高度計」のヘレン・チャンドラー、舞台用のヘレン・ロウェル、「ワンダー・バー」「彼の第六感」のロバート・バラット、等である。撮影は「ケンネル殺人事件」のウィリアム・リースの担任。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
リチャード・バーセルメス アン・ヴォーザーク ヘレン・ロウェル ヘレン・チャンドラー

異人種の争闘

  • 1934年
  • 監督

「餓ゆるアメリカ」「暁の耕地」と同じくリチャード・バーセルメスが主演するもので、ロバート・ゲスナー作の小説に基づき、ラルフ・ブロックと「世界は還る」の原作者シェリダン・ギブニーが共同脚色し「ヴィエナの夜」のアラン・クロスランドが監督にあたり、「フットライト・パレード」のジョージ・バーンズが撮影している。助演者は「恋の手ほどき(1933)」「群集の喚呼」のアン・ヴォーザーク、「巨人ジョーンズ」「地獄の市長」のダッドリー・ディグス、「世界は還る」のヘンリー・オニール、ロバート・バラット、アーサー・ホール、ダグラス・ダンプリル、シドニー・トーラー、「フットライト・パレード」のクレア・ダッド等。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
リチャード・バーセルメス アン・ヴォーザーク ダッドリー・ディグス クレア・ドッド
1931年

呪われし青春

  • 1931年
  • 監督

『サニー』『ローズマリー』その他のミュージカル・コメディーの作家オスカー・ハマースタイン二世が同方面の作家シグモンド・ロンバーグと共同して書き下ろしたミュージカル・ロマンスで、「エロ大行進」「ジャズ・シンガー(1927)」のアラン・クロスランドが監督し「歓楽地帯」「某重大事件」のジェームズ・ヴァン・ツリースが撮影した。主演者はニューヨークミュージカル・コメディーの花形ヴィヴィエン・シーガル、「恋の花園」「浮気成り金」のアレクサンダー・グレイ、「ジョアンの嘆き」にかつて出演したバリトーンのウォルター・ピジョンで、「アビーの白薔薇」のジーン・ハーショルト、「浮気成り金」のバート・ローチ及びルイズ・ファゼンダ、「流行の寵児」のアリス・デイ等が助演している。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
ヴィヴィエン・シーガル アレクサンダー・グレイ ウォルター・ピジョン ジーン・ハーショルト
1930年

クラック将軍

  • 1930年
  • 監督

「山の王者」に次ぐジョン・バリモア氏主演映画で、監督は「ドン・ファン(1926)」「マノン・レスコオ」等のバリモア映画に手腕を見せたアラン・クロスランド氏で、ジョージ・プリーディー氏の原作を最近までユニヴァーサル社の字幕執筆者だったウォルター・アンソニー氏が改作し「笑う男」「ミシガン小僧」のJ・グラブ・アレキサンダー氏が脚色した。助演者は「愛欲の絆」「赤い唇」のマリアン・ニクソン嬢、「楽園に帰る(1928)」「紅草紙」のローウェル・シャーマン氏、「キング・オブ・キングス(1927)」「絶海の暴君」のジャクリーン・ローガン嬢、「海の王者」「デパート娘大学」のホバート・ボスウォース氏、「ラスト・モーメント」のオットー・マテイーソン氏、「サラアと其の子」のフィリップ・デラシー君、新進のアルミーダ嬢、等の堂々たる顔觸れである。キャメラは「彼女は戦に行く」「激流恋をのせて」のトニー・ゴーディオ氏が担当している。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
ジョン・バリモア マリアン・ニクソン ローウェル・シャーマン アルミダ
1929年

エロ大行進

  • 1929年
  • 監督

「クラック将軍」「ジャズ・シンガー(1927)」と同じくアラン・クロスランド氏が監督したもので、ハンフリー・ピアソン氏の原作に基づいて「犠牲」「評判女候補者」のロバート・ロード氏が撮影台本並びに台詞を執筆した。出演者は「グレイト・ガッポ」「ストリート・ガール」のベティー・カンプソン嬢、「ハロルド・ティーン」のアーサー・レイク氏、「恋の花園」のジョー・E・ブラウン氏、「嵐に咲く花」のサリー・オニール嬢、「尖端一目惚れ」のルイズ・ファゼンダ嬢、「鉄仮面」のウィリアム・ベイクウェル氏、「アイスクリーム艦隊」のサム・ハーディ氏、「仮の塒」のウィーラー・オークマン氏、リー・モーラン氏、トーマス・ジェファーソン氏等、キャメラは「クラック将軍」「彼女は戦に行く」のトニー・ゴーディオ氏がクランクした。総テクニカラーの全発声歌舞映画である。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
ベティー・カンプソン アーサー・レイク サリー・オニール ジョー・E・ブラウン
1928年

祖国の叫び

  • 1928年
  • 監督

「ノアの箱船」「大地の果てまで」のドロレス・コステロの主演映画。リダ・ジョンソン・ヤングの原作を、「ノアの箱船」のアンソニー・コールドウェイが脚色し、「最後の演技」「キング・オブ・ジャズ」のハル・モーアが撮影した。その他俳優には「亭主三拝九拝」のコンラッド・ネーゲル、「海魔」のジョン・ミルジャン、マーク・マクダーモット、ベティー・ブライス等々が助演する。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
ドロレス・コステロ コンラッド・ネーゲル Pasquoe Amato ジョン・ミルジャン
1927年

我れ若し王者なりせば

  • 1927年
  • 監督

15世紀のフランス詩人フランソワ・ヴイロンのロマンチックな生涯を映画化したもので、パウル・ベルン氏が脚色し、「風薫る島」「女性の敵」等と同じくアラン・クロスランド氏が監督した。主役は「海の野獣」「ボー・ブラムメル」等出演のジョン・バリモア氏が演じ相手女優は「株屋町の突実男」出演のマーセリン・デイ嬢が抜擢されて勤め、「芸術家気質」「カリガリ博士」等出演のコンラッド・ファイト氏、「第四の戒律」出演のヘンリイ・ヴイクター氏が共演するほか、ローソン・バット氏、ルシイー・ボーモン嬢、マック・スウエイン氏、スリム・サマーヴィル氏等が助演している。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
ジョン・バリモア コンラート・ファイト マーセリン・デイ ローソン・バット

人肉の桑港

  • 1927年
  • 監督

「テンダーロイン」「ノアの箱船」のドロレス・コステロ嬢主演映画で、「ノアの箱船」と同じくダリル・フランシス・ザナック氏が原作し、アンソニー・コールドウェイ氏が脚色したものを、「クラック将軍」「ジャズ・シンガー(1927)」と同じくアラン・クロスランド氏が監督し、「テンダーロイン」「ブロードウェイ(1929)」のハル・モーア氏が撮影した。助演者は「支那街の夜」「ジャズ・シンガー(1927)」のワーナー・オーランド氏、「悪魔の曲馬団」「決死隊」の故チャールズ・エメット・マック氏、「ノアの箱船」のジョセフ・スウィッカード氏、「海のロマンス」の上山草人氏、「ピカデリー」のアンナ・メイ・ウォン嬢、ジョン・ミルジャン氏、ウィリアム・デマレスト氏、アンダース・ランドルフ等である。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
ドロレス・コステロ ワーナー・オーランド チャールズ・エメット・マック ジョセフ・スウィッカード
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・クロスランド