映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョスリン・リー

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1930年 まで合計12映画作品)

1930年

浮気成金

  • 1930年
  • 出演(Flora 役)

紐育ブロードウェイで当りをとった喜歌劇「ノー・ノー・ナネット」を映画化したものでオット・ハーバッハ氏、フランク・マンデル氏、ヴィンセント・ユーマンス氏、エミル・ナイトレイ氏、アーヴィング・シーザー氏合作の舞台上演台本から「ラグビー時代」のハワード・エメット・ロジャース氏が脚色し、「三週間」「赤い髪」のクラレンス・G・バッジャー氏が監督し、「愛欲の人魚」「高速度娘恋愛合戦」のソル・ポリート氏が撮影した。主演を演ずるのは喜歌劇界に名を知られたバーニス・クレヤー嬢及び「恋の花園」のアレクサンダー・グレイ氏で「尖端一目惚れ」のルイズ・ファゼンダ嬢、「恋の大分水嶺」のルシアン・リトルフィールド氏、「悪魔の日曜日」のザス・ピッツ嬢、「恋愛運動場」のリリアン・タッシュマン嬢、ミルドレッド・ハリス嬢、ジョスリン・リー嬢、バート・ローチ氏等が助演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
アレクサンダー・グレイ バーニス・クレヤー ルイズ・ファゼンダ ルシアン・リトルフィールド
1929年

恋愛運動場

  • 1929年
  • 出演(Sybil_Lullmer 役)

「曲線悩まし」「四枚の羽根」のロタール・メンデス氏の監督したものでイーディス・ウォートン女史の原作から「ウォール街の狼」のドリス・アンダーソン女史が脚色し、会話をつけ「艦隊入港」のJ・ウォルター・ルーベン氏が脚本にし、「底抜け騒ぎ」「撮影所殺人事件」のヴィクター・ミナール氏が撮影した。主役を演ずるのは「ヴァージニアン(1929)」「君恋し」のメアリー・ブライアン嬢と「底抜け騒ぎ」「撮影所殺人事件」のフレドリック・マーチ氏で他に「ブルドッグ・ドラモンド」のリリアン・タッシュマン嬢、「踊る娘達」のハントリー・ゴードン氏、ケイ・フランシス嬢、ウィリアム・アースティン氏、シーナ・オウエン嬢等が助演している。

監督
ロウター・メンディス
出演キャスト
メアリー・ブライアン フレドリック・マーチ リリアン・タッシュマン ハントリー・ゴードン

レヴュー時代

  • 1929年
  • 出演(Blossom_Royale 役)

アリス・ホワイト嬢主演のオール・トーキーでジェイ・ゲルザー氏作の「ブロードウェイの銃士」を「東へ向く3つの顔」のモント・エム・カッタジョーン氏が脚色し、「高速度娘蕾の巻」「同ジャズの巻」のマービン・ルローイ氏が監督したものである。助演俳優は「高速度娘」「のらくら新療法」のチャールズ・デラニー氏を始め、「砂丘を越えて」「サンダーボルト(1929)」のフレッド・コーラー氏、「パリ酔語」「グッドバイ・キッス」のサリー・アイラース嬢、「彼の捕えし女」「キートンの船長(キートンの蒸気船)」のマリオン・パイロン嬢、「踊る青春」「ウイリー・リバー」のルイ・ナトー氏及びジョスリイン・リー嬢、ボディル・ロージング嬢等で、撮影は「愛欲の人魚」「真紅の海」のソル・ボリート氏が担任している。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
アリス・ホワイト チャールズ・デラニー フレッド・コーラー トム・デューガン

三人の生霊

  • 1929年
  • 出演(Lady_Leicester 役)

フレデリック・S・アイシャム作の舞台劇を「アパートの殺人」「赤新聞」のマックス・マーシンが改作して台詞を書き、ヘレン・ホーレットが脚色し、助監督から昇進したソーントン・フリーランドが処女作品として監督し、ロバート・プランクが撮影した。出演者は「薫る河風」のジョーン・ベネット、「ビッグ・ハウス」のロバート・モンゴメリー、「モンテカルロ」のクロード・アリスター、「泥人形」のチャールズ・マクノートン及びベリル・マーサー、「続フーマンチュー博士」のシェイル・ガードナー、ジョスリン・リー等である。

監督
ソーントン・フリーランド
出演キャスト
ジョーン・ベネット ロバート・モンゴメリー クロード・アリスター チャールズ・マクノートン
1928年

夜遊び三羽烏

  • 1928年
  • 出演(Red-head 役)

「舞踏拳闘早変わり」「私のパパさん」と同じくレジナルド・デニー氏が主演し、そしてフレッド・ニューメイヤー氏が監督した映画である。原作はフレデリック及びファニー、両ハットンの合作したもので、アール・スネル氏がそれを脚色した。デニー氏の相手役は、新顔のベッチー・リー嬢で、「与太成功記」出演のサム・ハーディ氏、「新婚受難」出演のコーリス・パーマー嬢、ジョージ・ブッカスタ君、ジョスリン・リー嬢、ハーヴェイ・クラーク氏等が助演する。

監督
フレッド・ニューメイヤー
出演キャスト
レジナルド・デニー ベッチ・リー サム・ハーディ ハーヴェイ・クラーク

パリ酔語

  • 1928年
  • 出演(Lina 役)

「婦人に御給仕」「セレナーデ」「情炎夜曲」等を作ったハリー・ダバディー・ダラー氏のフォックス入社第一回作品で、ジョン・トーマス(4)氏の小説を映画化したもの。ダグラス・Z・ドーティー氏が脚色した。主役は「蛮婚崇拝」「闇より光へ」主演尾メアリー・アスター嬢と「三人」のマット・ムーア氏との二人で、それを助けて「四人の息子(1928)」のアルバート・グラン氏、「グッド・バイ・キッス」のサリー・アイラース嬢、「情炎夜曲」のアルバート・コンティ氏、ジョスリン・リー嬢、ヒュー・トレヴァー氏、等が主演する。

監督
ハリー・ダバディー・ダラー
出演キャスト
メアリー・アスター マット・ムーア ジョスリン・リー サリー・アイラース
1927年

恋愛保険

  • 1927年
  • 出演(Polly_Hammond 役)

「混線脱線スターは誰だ」「浮かれ胡蝶」に続くローラ・ラ・プラント嬢主演喜劇で「海の野獣」「涙の海路」等と同じくミラード・ウェッブ氏が監督したもの。原作はウェッブ氏氏自らジョー・ミッチェル氏と共同して書き下ろし、ジェームズ・オドノヒュー氏とマリオン・オース女史とが脚色の任に当たった。ラ・プラント嬢の相手役は「相縁奇縁」「桃色の曲者」等出演のトム・ムーア氏と「ペンキ塗り立て」「油断大敵」等出演のブライアント・ウオッシュバーン氏が勤め、アーサー・ホイト氏、ナット・カー氏、ジョスリン・リー嬢が助演している。

監督
ミラード・ウェッブ
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント トム・ムーア ブライアント・ウォッシュバーン アーサー・ホイト

上海目指して

  • 1927年
  • 出演(Rose 役)

「飛入ボクシング大勝利」「人間力」と同じくリチャード・ディックス氏がメアリー・ブライアン嬢を相手役として主演したもので、エドワード・S・オライリー氏作の物語をレイ・ハリス氏と共同してジョン・グッドリッチ氏が脚色し、「夜会服」「ニューヨーク」等と同じくルーサー・リード氏が監督した。助演者はジョスリン・リー嬢、ジョージ・アーヴィング氏アーサー・ホイト氏及び駒井哲氏である。

監督
ルーサー・リード
出演キャスト
リチャード・ディックス メアリー・ブライアン ジョスリン・リー ジョージ・アーヴィング

恋に身を焼く

  • 1927年
  • 出演(Helen_de_Semian 役)

フレッド・デ・グレサック氏、フランシス・ドゥ・クロアッセ氏合作の舞台劇「キテイーの結婚」を映画化したもので「女心を誰か知る」「罪な殿方」に続くフローレンス・ヴィダー嬢主演映画である。嘗て「負けじ魂」を監督したエドワード・H・グリフィス氏がパラマウント社に復帰して監督したもので脚色者はドリス・アンダーソン女史並にジョセフ・ジャクソン氏、ヴイドア嬢の相手役は前記二映画に同じくクライブ・ブルック氏が勤め、ノオーマン・トレヴァー氏、ジョスリン・リー嬢、アーサー・ルービン氏等が共演している。

監督
エドワード・H・グリフィス
出演キャスト
フローレンス・ヴィダー クライヴ・ブルック ジョスリン・リー ノーマン・トレヴァー

モダン十戒

  • 1927年
  • 出演(Sharon_Lee 役)

「近代女風俗」と同じくドロシー・アーズナー女史が監督したエスター・ラルストン嬢主演映画で、ジャック・レイト氏が書き卸した物語をドリス・アンダーソン女史とがポール・ガンジェロン氏とが脚色したもの。ラルストン嬢を助けて「ある男の一生」「ボー・ジェスト(1927)」等出演のニール・ハミルトン氏を始めアーサー・ホイト氏、ジヨスリン・リー嬢、エル・ブレンデル氏等が出演し、オリオン・モーガンのダンサー連が数十名出演している。

監督
ドロシー・アーズナー
出演キャスト
エスター・ロールストン ニール・ハミルトン アーサー・ホイト ジョスリン・リー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
星屑の町
星屑の町

売れないムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた舞台「星屑の町」シリーズを映画化

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョスリン・リー