映画-Movie Walker > 人物を探す > マリー・プレヴォー

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1935年 まで合計39映画作品)

1935年

春を手さぐる

  • 1935年当年公開
  • 出演(Nona 役)

「ルムバ」「ギャングの花嫁」のキャロル・ロンバードと「輝ける百合」「無電非常線」のフレッド・マクマレイとが主演する映画で、「明日なき抱擁」「我が妻を見よ」のミッチェル・ライゼンが監督した。原作は「バッド・ガール」のヴィニャ・デルマーの小説で、それを「生命の雑踏」のノーマン・クラスナ、「我が妻を見よ」のヴィンセント・ローレンスの2人がハーバート・フィールズと協力して脚色に当たった。助演者は、「野いばら」のラルフ・ベラミーを初めとして、アストリッド・オルウィン、古参女優のマリー・プレヴォー、ルース・ドネリー、等。撮影は「ルムバ」「巴里は夜もすがら」と同じくテッド・テズラフの担任。

監督
ミッチェル・ライゼン
出演キャスト
キャロル・ロンバード フレッド・マクマレイ ラルフ・ベラミー アストリッド・オルウィン
1933年

仮出獄の女

  • 1933年当年公開
  • 出演(Jeanie 役)

「進めオリンピック」「女は真っ平(1931)」のエドワード・クラインが監督に当たった映画で、ノーマン・クラスナが原作脚色したもの。主役は「待ちかねる処女」「夜の世界」のメイ・クラークと「たそがれの女」「大空の闘士」のラルフ・ベラミーが勤め、「ミス・ダイナマイト」「生の創め」のヘール・ハミルトン、「マデロンの悲劇」「怒号する天地(1932)」のマリー・プレヴォー、「暴君ネロ(1932)」「グランド・ホテル」のフェルディナンド・ゴットシャルク等が助演している。撮影は「沈黙の証人」「西部無敵王」のジョセフ・H・オーガストが担当。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
メイ・クラーク ラルフ・ベラミー マリー・プレヴォー ヘール・ハミルトン
1932年

怒号する天地(1932)

  • 1932年当年公開
  • 出演(Babe 役)

「米国撃滅艦隊」と同じくアルバート・S・ロージェルが監督し、ビル・ボイドとジンジャー・ロジャースが共演する映画で「惨劇の波止場」のマリオン・ジャクスンとドン・ライアンが共同執筆した原作を「空中大曲芸団」「陽気な後家さん」のジェームズ・シーモアが脚色し、「討伐隊」「アリゾナ・ギャング」のテッド・マッコードが撮影した。助演者は「白馬王国」「テキサス無頼漢」のフレッド・コーラー、「ミラクルマン(1932)」「大飛行船」のホバート・ボスウォース、「希望の星」「マデロンの悲劇」のマリー・プレヴォー、「ハア・マン」「アイスクリーム艦隊」のハリー・スウィート、チャールズ・セロン、エドガー・ケネディ等である。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ビル・ボイド ジンジャー・ロジャース フレッド・コーラー ホバート・ボスウォース
1931年

一六生活線

  • 1931年当年公開
  • 出演(Alice 役)

エヴァ・ケイ・フリント、マーサ・マディスン両人合作の舞台劇から「東は西」のトム・リードが映画劇に改作し、「速成成金」のコートニー・タレットが撮影台本を作り上げ、「雷親爺」「名門芸術」のシリル・ガードナーが監督し、「母性」「ロスト・ツェッペリン」のジャクスン・ローズが撮影したもので主なる出演者は「マルタの鷹(1931)」のリカルド・コルテス、「ウォタルウ橋」のメイ・クラーク、「女学生の日記」のノーマン・フォスター、「運命の兄弟」のマリー・プレヴォー、「禁酒天国」のスリム・サマーヴィル等である。

監督
シリル・ガードナー
出演キャスト
リカルド・コルテス メイ・クラーク ノーマン・フォスター マリー・プレヴォー

ギャングの娘

  • 1931年当年公開
  • 出演(Trixie 役)

「フランケンシュタイン(1931)」「ウォタルウ橋」主演のメイ・クラークが主演する映画で、ウィニフレッド・ヴァン、デューザーが書卸した物語を「奇跡の処女(1931)」「大飛行船」のジョー・スワーリングが脚色して台詞を附し、「海底二千尺」のロイ・ウィリアム・ニールが監督し、「ラスト・パレイド」「アリゾナ(1931)」のテッド・テズラフが撮影した。助演者は「地獄の天使(1930)」「女傑」のジェームズ・ホール「希望の星」のマリー・プレヴォー、「ラスト・パレイド」のロバート・エリスその他である。

監督
ロイ・ウィリアム・ニール
出演キャスト
メイ・クラーク ジェームズ・ホール マリー・プレヴォー ロバート・エリス

紳士の運命

  • 1931年当年公開
  • 出演(Mabel 役)

「高速度娘恋愛合戦」「ハリウッド盛衰記」のマーヴィン・ルロイがM.G.M社に招かれて監督した映画で「結婚双紙」のウルスラ・パロットの原作をレナード・プラスキンが脚色し台詞を付し、「黎明の剣士」「エロチック艦隊」のメリット・B・ガースタッドが撮影した。主演者は「悪魔の仮面」「恋多き女」のジョン・ギルバートで、最近物故したルイス・ウォルハイムはじめ、「ビッグ・ハウス」のリーラ・ハイアムス、「エロチック艦隊」のアニータ・ペイジ、「当世女大学」のマリー・プレヴォー、ジョン・ミルジャン、ラルフ・インスその他が助演している。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
ジョン・ギルバート ルイス・ウォルハイム リーラ・ハイアムス アニタ・ペイジ

男性の血潮

  • 1931年当年公開
  • 出演(Angela 役)

「踊るカレッジ」「青空」のフレデリック・ハズリット・ブレナン執筆になる小説から「ハレルヤ」「ビリー・ザ・キッド」のワンダ・タショック、「マダムX」「ウォール街の女將」のウィラード・マックの二人が協力してシナリオを作成し、「緑の処女地」「肉体の呼ぶ声」のチャールズ・ブレイビンが監督に当たったもので主なる出演者は「無冠の帝王」「暗黒街に踊る」のクラーク・ゲーブル、「戦う隊商」「燃ゆる海原」のアーネスト・トーレンス、マッジ・エヴァンス、「間諜X27」のルー・コディ、「希望の星」のマリイ・プレヴォー、「蹴球大学」のJ・ファーレル・マクドナルド、「ルンペンの天国」のハラム・クーリー、ジョン・ラーキン、ユージン・ジャクソン等。カメラは「マダム・サタン」「南方の放浪者」のハロルド・ロッソンが担当。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
クラーク・ゲーブル アーネスト・トーレンス マッジ・エヴァンス ルー・コディ

太平洋爆撃隊

  • 1931年当年公開
  • 出演(Lulu 役)

「大飛行艦隊」「大飛行船」と同じくアメリカ海軍少佐フランク・ウィードが書卸したストーリーを、ハーヴェイ・ゲイツとマルコム・スチュアート・ボイランが共同脚色し、「秘密の6」「大飛行艦隊」のジョージ・ヒルが監督し、「秘密の6」「惨劇の波止場」のハロルド・ウェンストロムが撮影したものである。主役は「チャンプ(1931)」「秘密の6」のウォーレス・ビアリーと「秘密の6」「暗黒街に踊る」のクラーク・ゲーブルで、「ニューヨークの歩道」「燃ゆる海原」のクリフ・エドワーズ、「印度の寵児」のコンラッド・ネーゲル、「假染の唇」のマージョリー・ラムボー、「ゴルフ狂時代」のドロシー・ジョーダン、「暴露戦術」のマリイ・ブレヴォー等が助演している。

監督
ジョージ・ヒル
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー クラーク・ゲーブル コンラッド・ネーゲル ドロシー・ジョーダン

当世女大学

  • 1931年当年公開
  • 出演(Loulou_Freury 役)

「三人の女」と同じくハンス・クレーリー氏が書き卸した台本により「三人の女」「禁断の楽園」等と同じくエルンスト・ルビッチ氏が監督したもので。「三人の女」「結婚哲学」等出演のマリー・プレヴォー嬢と「結婚哲学」「恋の舞台姿」等出演のモント・ブルー氏が主演し、「十番目の女」等出演のジョン・ローシュ氏「3人の女」等出演のウィラード・ルイス氏及び「酒!酒!」等出演のクララ・ボウ嬢等が共演している。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
マリー・プレヴォー モント・ブルー ジョン・ローシュ クララ・ボウ

マデロンの悲劇

  • 1931年当年公開
  • 出演(Rosarie 役)

エドワード・ノブロック原作舞台劇『子守唄』から「暴露戦術」「国際盗賊ホテル」のチャールズ・マックアーサーが脚色し、台詞を附しエドガー・セルウィンが監督にあたり、「パリの魔人」「ニュー・ムーン」のオリヴァー・T・マーシュが撮影を担当した映画。主なる出演者はニューヨークの舞台女優として名あるヘレン・ヘイズ、「秘密の6」のルイス・ストーン、「仮染の唇」のニール・ハミルトン、ロバート・ヤング、ィロフィ・エワーヅ、ジャン・ジャーショルト、マリー・プレヴォー、カレン・モーリーなどである。

監督
エドガー・セルウィン
出演キャスト
ヘレン・ヘイズ ルイス・ストーン ニール・ハミルトン ロバート・ヤング
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マリー・プレヴォー