TOP > 映画監督・俳優を探す > フレデリック・パイパー

年代別 映画作品( 1947年 ~ 1948年 まで合計3映画作品)

1947年

乱闘街

  • 1947年
  • 出演(Mr. Kirby 役)

マイケル・バルコンが製作した一九四七年作品で、「愛の海峡」と同じくT・E・B・クラークが脚本を書卸し、編集者から昇進した新人でこれが第四回作品であるチャールズ・クライトンが監督し「捕われた心」のダグラス・スローカムが撮影した。音楽は「美女と野獣」のジョルジュ・オーリックが作曲している。出演者は「青の恐怖」「ウォタルー街」のアラステア・シム、「捕われた心」のジャック・ウォーナー及びジャック・ランバート、ヴァレリー・ホワイト、映画初出演の新人ジョーン・ダウリング、少年俳優ハリー・ファウラー以下十一名のブラッド・アンド・サンダー・ボーイズ等で、ほかに三百名の少年が登場する。

監督
チャールズ・クライトン
出演キャスト
アラステア・シム ジャック・ウォーナー ヴァレリー・ホワイト ジャック・ランバート
1948年

愛の海峽(1945)

  • 1948年4月
  • 出演(Zacky Penrose 役)

「ミモザ館」「旅する人々」のフランソワーズ・ロゼー、英映画界のヴェテラン俳優トム・ウォールズ、「妖婦」「七つの月のマドンナ」のパトリシア・ロックが主演する英仏協調をテーマとするマイケル・バルコン作品で、T・E・B・クラークが脚本を書卸し、一九四〇年まではフィルム編集者で一九四一年監督に昇進したチャールズ・フレドが監督し、撮影はロイ・ケリノが監督、ジャック・パーカーが操作した。音楽はクリフトン・パーカーが書き、ロンドン・フィルハーモニック管弦楽団がアーネスト・アーヴィング指揮下に演奏した。助演俳優は、ラルフ・マイケル、カナダ放送会社専属のポール・デュピュイ、フレデリック・パイパーら。マイケル・バルコンが製作した一九四五年作品。

監督
チャールズ・フレンド
出演キャスト
フランソワーズ・ロゼー トム・ウォールズ パトリシア・ロック ラルフ・マイケル

船団最後の日

  • 1948年12月
  • 出演(Bos'n W. E. Fletcher 役)

油運送船サン・デメトリオの遭難および奇せき的帰還の事実を映画化した、ドキュメンタリー・エピックで、マイケル・バルコンが製作した一九四三年作品。監督は「愛の海峡」のチャールズ・フレンドで、F・テニスン・ジェッシが書いた公式記録に基いて、この映画製作協同者ロバート・ハマーと監督フレンドが脚本を共同執筆した。ハマーは「ジャマイカ館」「職授のフランス行」等を編集し、現在は監督である。撮影はかつてハリウッドの名キャメラマンであったアーネスト・パーマーが指揮し、音楽はジョン・グリーンウッド作曲、アーネスト・アーヴィング指揮である。出演者はウォルター・フィッツジェラルドを始め、「捕われた心」のマーヴィン・ジョンズ及びゴードン・ジャクソン「愛の海峡」のラルフ・マイケル及びフレデリック・パイパー、ロバート・ビーティ、チャールズ・ヴィクターその他である。

監督
チャールズ・フレンド
出演キャスト
ウォルター・フィッツジェラルド マーヴィン・ジョンズ ラルフ・マイケル ロバート・ビーティ

フレデリック・パイパーの関連人物

ラルフ・マイケル  Stanley Paskin  Denver Hall  Arthur Hambling  Grace Arnold 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > フレデリック・パイパー

ムービーウォーカー 上へ戻る