TOP > 映画監督・俳優を探す > チェスター・コンクリン

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1970年 まで合計34映画作品)

1927年

喧嘩友達

  • 1927年
  • 出演(Jock_McTavish 役)

「甘い親爺」「長屋騒動成り金物語」等出演のチャーロー・ムーレー氏と「山だし娘」「勇み肌美人女給」等出演のチェスター・コンクリン氏とが出演した喜劇で、ガス・ヒル氏が執筆した物語をジャック・ワグナー氏、ジャック・ジェヴン氏、レックス・テイラー氏が脚色し「相縁奇縁」の監督者リチャード・ウオーレース氏が第2回作品として監督したものである。助演者は「珍婚世界漫遊記」「死線に立つ」等出演のエドナ・マーフイー嬢を始め、ラリー・ケント氏、アギー・ヘリング嬢、デ・ウイット・ジエニングス氏、フリーマン・ウッド氏、ドロシー・ドワン嬢等である。

監督
リチャード・ウォーレス
出演キャスト
チャーリー・マレイ チェスター・コンクリン エドナ・マーフィ ラリー・ケント

喧嘩機関車

  • 1927年
  • 出演(Luke_Beamish 役)

「抜き足さし足」「喧嘩友達」等出演のチェスター・コンクリン氏と「戦艦くろかね号」「決死隊」等出演のジョージ・バンクロフト氏との共演喜劇で、パーシー・ヒース氏、モンテ・プライス氏、ケリー・クラーク氏が合作した台本によって「青春倶楽部(1926)」「好いて好かれて」等と同じくグレゴリー・ラカヴァ氏が監督したもの。助演者はパラマウント俳優学校出身のジャック・ルーデン氏、ドリス・ヒル嬢及びジョセフ・W・ジラード氏である。

監督
グレゴリー・ラ・カヴァ
出演キャスト
チェスター・コンクリン ジョージ・バンクロフト ジャック・ルーデン ドリス・ヒル

勇み肌美人女給

  • 1927年
  • 出演(Celestin_Maraval 役)

「令嬢無銭旅行」「娘十八運動狂」「駆落相手違ひ」等と同じくビービー・ダニエルス嬢主演喜劇で、モーリス・エンヌカン氏、ピエール・ヴェベール氏合作のフランス喜劇を映画化したものである。但し脚色者ドリス・アンダーソン女史が起こしたのはクリフォード・グレイ氏の翻訳脚本である。これを「極楽突進」「娘十八運動狂」「雨製造者」等と同じくクラレンス・G・バッジャー氏が監督した。ダニエルス嬢を助けて「三日伯爵」「落花長恨」等出演のチエスター・コンクリン氏を始め、ダグラス・ギルモア氏、ヘンリー・コルカー氏、ユーラリー・ジェンセン嬢、ジョスリン・リー嬢、等が出演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ビービー・ダニエルス チェスター・コンクリン ダグラス・ギルモア ヘンリー・コルカー
1926年

ハレムの貴婦人

  • 1926年
  • 出演(Ali 役)

ジェームズ・エルローイ・フレツカー氏作の舞台劇「ハツサン」を映画化したものでジェームズ・テイー・オドノホウ氏が脚色し、「漂泊い人」「スエズの東」等と同じくラウール・ウオルシュ氏が監督した。主演俳優も「漂泊い人」に共演したアーネスト・トーレンス氏、グレタ・ニッセン嬢、ウィリアム・コリアー・ジュニア氏等の顔合わせで、ウイズ・ファゼンダ嬢、アンドレ・ド・ベランジェ氏、上山草人氏、ブランドン・ハースト氏、チェスター・コンクリン氏、スニッツ・エドワーズ氏が助演している。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
アーネスト・トーレンス ウィリアム・コリアー・ジュニア グレタ・ニッセン ルイズ・ファゼンダ

素晴らしい果報者

  • 1926年
  • 出演(Mort 役)

アル及びチャールズ・クリスティー氏の制作した喜劇で、E・J・ラス氏の小説に基づきオーウェン・デイヴィス氏が戯曲化した舞台の当たり狂言を映画にしたものである。「のんきな叔母さん」と同じく脚色にはF・マッグルー・ウィリス氏、監督にはスコット・シドニー氏が夫々にその任に当たっている。「浮気は御法度」のハリソン・フォード氏、「肉体の道」のフィリス・ヘイヴァー嬢、「凸凹サーカスの巻」のチェスター・コンクリン氏とマック・スウェイン氏、「アンニー・ローリー」のホバート・ボスウォース氏、その他クリスティー喜劇の花形ヴェラ・ステッドマン嬢、チャールズ・ジェラード氏、クラレンス・バートン氏、等共演の賑かな顔触れである。

監督
スコット・シドニー
出演キャスト
ハリソン・フォード フィリス・ヘイヴァー チェスター・コンクリン マック・スウェイン

粋な殿様

  • 1926年
  • 出演(Hotel_Manager 役)

マックス・ブロディー、フランツ・マルトス合作の匂牙利舞台劇「シビル」を基としてハンス・クレーリーがコンスタンス・タルマッジのために書き下ろした台本により「亭主教育」「桃色の夜は更けて」等と同じくシドニー・A・フランクリンが監督しコンスタンス・テルマッジが主演した喜劇で、相手役は渡米後「バット」に出演したイタリア俳優チュリオ・カルミナチが勤め、エドワード・マーティンデル、チェスター・コンクリン、ローズ・ディオン、ローレンス・グラント等が重要な役を演じている。

監督
シドニー・A・フランクリン
出演キャスト
コンスタンス・タルマッジ チュリオ・カルミナチ エドワード・マーティンデル ローズ・ディオン
1925年

恋愛大拡張

  • 1925年
  • 出演(Parkins 役)

「芝居の世の中」「桃色女白浪」等と同じくマーシヤル・ニーラン氏監督作品で前者に同じく氏自ら執筆した物語をベンジャーミン・グレイザー氏が脚色したもの。主演者は「第四の戒律」「決死の名騎手」等出演のロバート・エイニユウ氏と「第一曲馬団」「美人懸賞」等出演のヴアイオラ・ダナ嬢で、「美人帝国」「グリード」等出演のザス・ピッツ嬢、チエスター・コンクリン氏、フランク・カリアー氏、マルコム・ウエイト氏等が助演している。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ロバート・エイニュー ヴァイオラ・ダナ フランク・カリアー ザス・ピッツ

天下の寵児

  • 1925年
  • 出演(Elmer 役)

エドガー・フランクリンの原作により「厄介娘」「騒擾の巷」等と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督製作した笑劇で、主役は「女難襲来」「おお、先生」等主演のレジナルド・デニー氏が演じ相手役は「女難襲来」と同じくマリアン・ニクソン嬢で「厚化粧の浮かれ女」等出演のポーリン・ギャロン嬢を始めタイロン・パワー氏、リー・モーラン氏、チェスター・コンクリン氏が助演している。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
レジナルド・デニー マリアン・ニクソン ポーリン・ギャロン リー・モーラン

そばかす拳闘王

  • 1925年
  • 出演(The_Stranger 役)

レイモンド・レスリー・ゴールドマン氏がサタディ・イヴニング・ボースト氏に掲げた原作に基づき、ジェフ・モフィット氏が脚色し、新進のボール・ハースト氏が監督したもの。主役は「そばかす大総領」「そばかす編輯長」等主演のウェズリー・バリー君。対手は「名馬一鞭」「警鐘乱打」等出演のモリー・マローン嬢である。

監督
ポール・ハースト
出演キャスト
ウェズリー・バリー ランダース・スティーヴンス Pat Kemp モリー・マローン

世界の女

  • 1925年
  • 出演(Sam_Poore 役)

カール・ヴァン・ベェヒテン氏作の小説「刺青された伯爵夫人」を映画化したものでピエール・コリングス氏が脚色し、「三日伯爵」「姫君と給仕」等と同じくマルコム・セント・クレア氏が監督し「スエズの東」「嘆きの白薔薇」等主演のポーラ・ネグリ嬢、助けて「漂泊い人」等出演のホームズ・ハーバート氏、「アメリカ」出演のチャールズ・エメット・マック氏、「三日伯爵」出演のチェスター・コンクリン氏等が出演するほか、ブランシュ・メハフィー嬢、ガイ・オリヴァー氏、ドット・ファーレイ嬢、ルシル・ワード嬢も助演している。

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
ポーラ・ネグリ チャールズ・エメット・マック ホームズ・ハーバート ブランシュ・メハフィー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > チェスター・コンクリン

ムービーウォーカー 上へ戻る