映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・リシャルディ

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1937年 まで合計9映画作品)

1937年

風雲児アドヴァース

  • 1937年2月公開
  • 出演(Coachman_in_Leghorn 役)

ハーヴェイ・アレン作の長編小説の映画化で、「噫無情」「永遠の職場」のフレドリック・マーチが主役を勤める。脚色には「科学者の道」「異人種の争闘」のシェリダン・ギブニーがあたり、「支那ランプの石油」「母の素顔」のマーヴィン・ルロイが監督し「科学者の道」「支那ランプの石油」のトニイ・ゴーディオが撮影した。助演者は「海賊ブラッド」のオリヴィア・デ・ハヴィランドを始め、「科学者の道」のアルタ・ルイズ、「男装」のエドモンド・グウェン、「情熱なき犯罪」のクロード・レインズ、「晩春」のルイス・ヘイワード、ニューヨークシアター・ギルドのゲイル・ソンダーガード、「踊る海賊(1936)」のステフィ・デューナ、「白衣の天使」のビリー・モーチ及びドナルド・ウッズ、「将軍暁に死す」のエイキム・タミロフ、「愛と光」のラルフ・モーガン、「弾丸か投票か」のヘンリー・オニール及びジョージ・E・ストーン、その他多勢である。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
フレドリック・マーチ オリヴィア・デ・ハヴィランド エドモンド・グウェン クロード・レインズ
1936年

桑港

  • 1936年公開
  • 出演(Signor_Baldini 役)

「妻と女秘書」「支那海」のクラーク・ゲーブルと「ローズ・マリイ(1936)」「浮かれ姫君」のジャネット・マクドナルドが主演する映画で、「港に異常なし」のスペンサー・トレイシーと「征空重爆撃」のジャック・ホルトが共演する。原作はロバート・E・ホプキンスが書き下ろし、「港に異常なし」に参興したアニタ・ルースが脚色し、「ローズ・マリイ(1936)」「私の行状記」のW・S・ヴァン・ダイクが監督に当たり、「巨星ジーグフェルド」のオリヴァ・マーシュが撮影した。助演は「海は桃色」のジェシー・ラルフ、「高飛び成層圏」のテッド・ヒーリーおよびアル・シーン、新顔のシャーリー・ロス、「断固戦うべし」のマーガレット・アーヴィング等の面々である。

監督
W・S・ヴァン・ダイク
出演キャスト
クラーク・ゲーブル ジャネット・マクドナルド スペンサー・トレイシー ジャック・ホルト

二国旗の下に

  • 1936年公開
  • 出演(Gigarette's_Father 役)

「モンテカルロの銀行破り」「嵐の三色旗」のロナルド・コール マンが「花嫁の感情」「白い友情」のクローデット・コルベール、「男の敵」「海を嫌う船長」のヴィクター・マクラグレン、「アメリカの機密室」「何が彼をそうさせたか」のロザリンド・ラッセルと共に主演する映画で、ウィーダ作の小説に基づき「ガルシアの伝令」「噫無情」のW・P・リプスコームがウォルター・フェリスと協力脚色し「南海征服」「カヴァルケード」のフランク・ロイドが監督にあたり、「運河のそよ風」「モンテカルロの銀行破り」のアーネスト・パーマーがシドニー・ワグナー以下の協力を得て撮影したもの。助演者は「めりけん音頭」のグレゴリー・ラトフ、「丘の一本松」のナイジェル・ブルース「虎鮫島脱獄」のジョン・キャラダイン、C・ヘンリー・ゴードン、ハーバート・マンディン、オンスロー・スティーヴンス等である。

監督
フランク・ロイド レイモンド・グリフィス オットー・ブラワー
出演キャスト
ロナルド・コールマン クローデット・コルベール ヴィクター・マクラグレン ロザリンド・ラッセル
1935年

生きているモレア

  • 1935年公開
  • 出演(Luigi 役)

「情熱なき犯罪」に次ぐベン・ヘクト、チャールズ・マッカーサー作品で、同じくヘクトとマッカーサーが協力して原作脚色監督に当たり、同じく撮影技師のリー・ガームスが監督補助を勤めたものである。主演者は「生活の設計」「カヴァルケード」「薔薇のワルツ」の原作者である、英米劇団での名優たるノエル・カワードが映画デビュウとして勤め、助演俳優は「ビール万歳」「麦畑を荒らす者」のジュリー・ヘイドン、「情熱なき犯罪」のスタンリー・リッジス、「野いばら」「宿命の窓」のマーサ・スリーパー、「お嬢様お耳拝借」のロジタ・モレノ、及び紐育劇界の中堅俳優連、アーネスト・コサート、アレクサンダー・ウールコット、イヴァリー・グレッグ、ヘレン・ストリックランド、社交界出のホープ・ウィリアムス等の面々である。

監督
ベン・ヘクト チャールズ・マッカーサー
出演キャスト
ノエル・カワード ジュリー・ヘイドン スタンリー・リッジス マーサ・スリーパー
1932年

お気に召すまま(1932)

  • 1932年公開
  • 出演(Pietro 役)

「スザン・レノックス」「マタ・ハリ」に次ぐグレタ・ガルボ主演映画で、イタリア文豪ルイジ・ピランデルロ作の戯曲のトーキー化である。「インスピレーション」「ブロードウェイの西」のジーン・マーキーが改作して詞を書き、「マタ・ハリ」「国際盗賊ホテル」のジョージ・フィッツモーリスが監督に当たり、「マタ・ハリ」「スザン・レノックス」のウィリアム・ダニエルスが撮影した。助演者は「翼破れて」のメルヴィン・ダグラス、「グレイト・ガッポ」「スパイ(1930)」のエリッヒ・フォン・シュトロハイム、「陽気な後家さん」「影を持つ女」のオーエン・ムーア、「青空狂想曲」「ブロードウェイの西」のヘッダ・ホッパー、「紳士酒場」のウィリアム・リシャルディ、ラファエラ・オッティアノ、アルバート・コンティ等である。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
グレタ・ガルボ メルヴィン・ダグラス エリッヒ・フォン・シュトロハイム オーエン・ムーア

タイガー・シャーク(1932)

  • 1932年公開
  • 出演(Manuel 役)

「天晴れウォング」「二秒間」のエドワード・G・ロビンソン主演映画で、「群集の喚呼」「光に叛く者」のハワード・ホークスが監督に当たったもの。原作はハウストン・ブランチが書き下ろした「テュナ」Tunaで、「嵐」「南方の放浪者」のウェルズ・ルートが脚色した。キャメラは「犯罪王リコ」「地獄の天使(1930)」のトニィ・ゴーディオの担当。助演者は舞台女優のジタ・ジョハン、「空の花嫁」「タッチダウン」のリチャード・アーレン、「街の野獣(1932)」「天晴れウォング」のJ・キャロル・ナイシュ、リーラ・ベネット、ヴィンス・バーネット、シーラ・マナース、ウィリアム・リシャルディ等である。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
エドワード・G・ロビンソン ジタ・ジョハン リチャード・アーレン リーラ・ベネット
1924年

人生の舞台裏

  • 1924年公開
  • 出演(Mignon 役)

ウィリアム・J・ロック氏原作の小説「野師」及アーネスト・デニー氏の書いた同じ名の戯曲に基づき、ウィリス・ゴールドベック氏及シュリー・ハーン女史が脚色し「スペインの踊子」「パリの暗影」等と同じくハーバート・ブレノン氏が監督した映画である。主役は「駅馬車(1925)」「焼け爛れし翼」等出演のアーネスト・トーレン氏で「アダムス・リブ」「魔海の髑髏島」等出演のアンナ・キュー・ニルスン嬢や「アメリカ」「素晴らしい哉人生」等出演のニール・ハミルトン氏や新進花形のルイズ・ラグレーンジ嬢等が助演している。

監督
ハーバート・ブレノン
出演キャスト
アーネスト・トーレンス アンナ・Q・ニルソン ルイズ・ラグレーンジ モーリス・キャノン

蜂雀

  • 1924年公開
  • 出演(Papa_jacques 役)

モード・フルトンという女優が書いた舞台劇に基づき、フォレスト・ハルシーが脚色し、「ボーケール」「我が懐かしの紐育」等と同じくシドニー・オルコットが監督した。主役は「舞姫ザザ(1923)」「幸福の扇」等と同じくグロリア・スワンソンで、対手は「舞踏王国」等に出演しているエドモンド・バーンズである。パリの暗黒面を背景とし、スウォンスンはアパッシュの女を演じている。

監督
シドニー・オルコット
出演キャスト
グロリア・スワンソン エドモンド・バーンズ ウィリアム・リシャルディ チェザーレ・グラヴィナ

晴れの舞台

  • 1924年公開
  • 出演(Sam_Glodman 役)

ルイス・ジョセフ・ヴァンス氏作の小説の基づいてヴィクター・ヒユーゴー・ハルベリン氏が脚色監督したもので、主役は「木の葉落とし」「奇跡の薔薇」等出演のマアジョリー・ドウ嬢と「3悪人」「死途の小唄」等出演のルウ・テルジェン氏で、レイモンド・ブルーマー氏、タイロン・パワー氏、ダマール・ゴドウスキー嬢、エフィー・シヤノン嬢が助演する。

監督
ヴィクター・ユーゴー・ホルペリン
出演キャスト
マージョリー・ドゥ ルー・テリジェン エフィー・シャノン タイロン・パワー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・リシャルディ