映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・バーンズ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1955年 まで合計72映画作品)

1927年

悲恋舞曲

  • 1927年当年公開
  • 撮影

スペインの大詩人カルデロンの名詩にヒントを獲てレノア・コフィー女史が書き下ろした台本により「ダーク・エンゼル(1925)」「熱砂の舞」等と同じくジョージ・フィッツモーリス氏が監督したもので、主役は「夢想の楽園」「ダーク・エンゼル(1925)」と同じくロナルド・コールマン氏とヴィルマ・バンキイ嬢とが演じ、「熱砂の舞」「南北珍勇腕比べ」等出演のモンタギュー・ラヴ氏が適役を勤め、ナタリイ・キングストン嬢、ジョン・ジョージ氏、ラスカ・ウインター嬢等が助演している。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ロナルド・コールマン ヴィルマ・バンキー モンタギュー・ラヴ ナタリー・キングストン

魔炎

  • 1927年当年公開
  • 撮影

「夢想の楽園」「悲恋舞曲」に次ぐロナルド・コールマン氏、ヴィルマ・バンキー嬢主演映画で、ルドルフ・ロタール氏作の舞台劇「道化王」をベス・メレデイス女史が映画的に書き改め、ジューン・メイシス女史が台本を執筆し、「夢想の楽園」「ステラ・ダラス(1925)」等と同じくヘンリー・ギング氏が監督したもの。助演俳優はグスタフ・フォン・セイフエルティッツツ氏、アウグスチノ・ボルガト氏、ハーヴエイ・クラーク氏、シャーリー・パルマー嬢等である。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ロナルド・コールマン ヴィルマ・バンキー アゴスチノ・ボルガト グスタフ・フォン・セイファーティッツ

桃色女白浪

  • 1927年当年公開
  • 撮影

「粋な殿様」に続いて製作されたコンスタンス・タルマッジ嬢主演喜劇で、ウオーレス・スミス氏が執筆した台本により「芝居の世の中」「受難のテス」等と同じくマーシャル・ニーラン氏が監督した。相手役は「我等の海」「明眸罪あり」等出演のアントニオ・モレノ氏が勤め、「粋な殿様」出演のエドワード・マーテインデル氏を始め、ジユランヌ・ジヨンストン嬢、カーメリタ・ジエラテイ嬢等が共演している。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
コンスタンス・タルマッジ アントニオ・モレノ ジュランヌ・ジョンストン エドワード・マーティンデル
1925年

荒野の孤児

  • 1925年当年公開
  • 撮影

かつてニューヨークに於いてアリス・ブラディ嬢が演じたソールズベリー・フィールド氏作の舞台劇を映画化したもので、「なまけ者」「ステラ・ダラス(1925)」等と同じくフランセス・マリオン女史が脚色し「特別最大急行」「闇黒」等と同じくジョージ・ヒル氏が監督した。「建国の乙女」に共演したマリオン・デイヴィース嬢、ハリソン・フォード氏の主演で、ホルプルック・プリン氏、ジョージ・シーグマン氏、ホバート・ポスウォース氏、ハリー・マイヤース氏、ヘッダ・ホッパー嬢、リチャード・カール氏エミリー・フィッツローイ嬢及びジョン・ハフ君が出演している。

監督
ジョージ・ヒル
出演キャスト
マリオン・デイヴィス ホルブルック・ブリン ハリソン・フォード ハリー・ワトソン

厄介娘

  • 1925年当年公開
  • 撮影

アデレード・マシウス女史とマーサ・M・スタンレー女史原作の舞台劇に基づき、エドワード・T・ロウ・ジュニア氏が脚色し、「名家の秘密」「騒擾の巷」等と同じくウィリアムサイター氏が監督した。主役は「燻ゆる情炎」等出演のローララプラント嬢と、「女房征服」「叩け鉄扉を」等出演のパット・オマリー氏で、その他ウインダム・スタンディング氏、ヘッダ・ホッパー嬢・ウォルター・マリグレイル氏等が出演している。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ヘッダ・ホッパー パット・オマリー ウィンダム・スタンディング
1924年

建国の乙女

  • 1924年当年公開
  • 撮影

ポール・ライセスター・フォード氏作の小説に基づきリリー・ヘイワード女史が脚色したものを「漂泊の孤児」「歓楽の不夜城」等と同じくE・メイソン・ホッパー氏が監督したもので、主役は「我が懐かしの紐育」「武士道華やかなりし頃」等主演のマリオン・デイヴィース嬢が演じ、相手役は「我が懐かしの紐育」「虚栄の市(1923)」等出演のハリソン・フォード氏で、「ロジタ(1923)」に出演したホルブルック・ブリン氏、「曲馬団のサリー」に出演したW・C・フィールズ氏「絶世の美人」に出演したマクリン・アーバックル氏「武士道華やかなりし頃」に出演したジョージ・ナッシュ氏及びジョセフ・キルゴアー氏、タイロン・パワー氏、ジョージ・シーグマン氏等の腕利き連が助演するコスモポリタン特作品である。

監督
E・メイソン・ホッパー
出演キャスト
マリオン・デイヴィス ホルブルック・ブリン ハリソン・フォード マクリン・アーバックル
1922年

君が名呼べば

  • 1922年当年公開
  • 撮影

ハートリー・マナース原作の舞台劇「わが心のペッグ」を、舞台におけるスターであったローレット・テイラーが映画においても主演して作ったもので、脚色はメアリー・オハラ、監督は「彫刻家の妻」「涙の船唄」等と同じくキング・ヴィダーである。テイラーの対手は、「深夜の女賊」「或る愚者有りき」等出演のマーロン・ハミルトン、その他ラッセル・シンプソン、エセル・グレイ・テリー、ナイジェル・バリー等も共演する。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
ローレット・テイラー マーロン・ハミルトン ラッセル・シンプソン エセル・グレイ・テリー

征服されし女

  • 1922年当年公開
  • 撮影

ヘンリー・C・ローランドの原作を、フランク・ハワード・クラークが脚色し、「黄昏より黎明へ」等と同じくキング・ヴィダーが監督したもの。主役は氏の夫人であり「黄昏より黎明へ」「本町通り」等に主演したフローレンン・ヴィダーで、対手は「村の鍛冶屋」「虚栄地獄」等出演のデイヴィッド・バトラーである。絶海の孤島を背景として我侭娘の性格改造を描いた人情喜劇である。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
フローレンス・ヴィダー バート・スプロット Mathilde Brundage デイヴィッド・バトラー
1921年

嵐の夜

  • 1921年当年公開
  • 撮影

クララ・ルイズ・バーナム女史の原作、ドリス・シュローダー女史脚色、ウィリアム・ウォーシントン氏監督、エディス・ロバーツ嬢主演の人情劇で、対手役はエドモンド・バーンズ氏である。

監督
ウィリアム・ウォーシントン
出演キャスト
エディス・ロバーツ ジョセフ・シングルトン ジョセフ・スウィッカード メイ・ウェルス
1920年

過激派

  • 1920年当年公開
  • 撮影

サタデイ・イヴニング・ポスト誌に掲載された、ドン・バーン氏原作の「理想郷の浪費者」に基き、C・ガードナー・サリヴァン氏が映画劇に書き下ろし、フレッド・ニブロ氏監督の任に当たって完成された過激思想僕滅宣伝映画である。これは内務省が松竹に依頼して購入したのだそうで、着実なる思想養成のために利用されるとのことである。主役は近頃インス映画のスターとなったロイド・ヒューズ氏「正義の囁き」等出演のバーバラ・キャッスルトン嬢と、ユ社映画でお馴染のクレアー・デュブレイが相手役である。その他悪役としてジャック・リチャードソン氏が出演している。劇中過激派の首領ボリス・ブロッチがロシアに於る過激派の状態を物語るところと、最後の大暴動がシヴィリゼーション以来の素晴らしさを見せるそうである。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ロイド・ヒューズ バーバラ・キャッスルトン クレア・デュブレイ ジャック・リチャードソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・バーンズ