映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・バーンズ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1955年 まで合計72映画作品)

1932年

シャーロック・ホームズ(1932)

  • 1932年当年公開
  • 撮影

「第一年」「国境の狼」のウィリアム・K・ハワードが監督した映画で、アーサー・コナン・ドイル作の物語によって、パール・ホワイト主演の連続映画の脚色者と知られたバートラム・ミルハウザーが脚色した。主役はパラマウント映画「シャーロック・ホームズ(1929)」に主演したクライヴ・ブルックが勤め、英国劇壇から来た新進のミリアム・ジョーダンが相手役で、「男性の血潮」「メリケン押切帳」のアーネスト・トーレンス、「戦く幻影」「令女学」のアラン・モーブレイ、レジナルド・オーウェン、ハワード・リーズ、スタンレー・フィールズ、ハーバート・マンディン、ロイ・ダルシー等が助演。キャメラは「街の風景」「地獄のサーカス」のジョージ・バーンズの担任である。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
クライヴ・ブルック ミリアム・ジョーダン アーネスト・トーレンス レジナルド・オーウェン

地獄のサーカス

  • 1932年当年公開
  • 撮影

「恋愛古典風景」「恋愛戦線」のアリオン・デーヴィスが主演する映画で、「太平洋爆撃隊」「男性の血潮」のクラーク・ゲーブルが相手役を勤める。原作はマーガレット・メイヨの古い舞台劇で、「やくざ者(1930)」「彼の捕えし女」のケイリー・ウィルソンが脚色し、「陽炎の春」「肉と霊」のアルフレッド・サンテルが監督し、「国際盗賊ホテル」「天国の一夜」のジョージ・バーンズが撮影している。助演者は「類人猿ターザン」のC・オープリイ・スミス「七万人の目撃者」のデイヴィッド・ランドー、「砂漠の生霊」のレイモンド・ハットン、ルース・セルウィン、モード・エバーン、ギン・ウィリアム等である。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
マリオン・デイヴィス クラーク・ゲーブル C・オーブリー・スミス レイモンド・ハットン

選手権を目指して

  • 1932年当年公開
  • 撮影

「ダンス・ティーム」「オーバー・ゼ・ヒル」のジェームズ・ダンが主演する映画でチャールズ・ビーハン作の物語とジョン・フランシス・ラーキンの舞台劇によって「浮気合戦」のエルマー・ハリスが脚色して台詞を書き、「ダンス・ティーム」「娘三人」のシドニー・ランフィールドが監督、「天国の一夜」「国際盗賊ホテル」のジョージ・バーンズが撮影に当たった。共演者は「頬は薔薇色」「沈黙(1931)」のペギー・シャノン、「速成成金」「爆笑世界行脚」のスペンサー・トレイシー、「明日は晴れ」のウォルター、・バイロン、「脱走兵」のバート・ハンロン等である。

監督
シドニー・ランフィールド
出演キャスト
ジェームズ・ダン ペギー・シャノン スペンサー・トレイシー ウォルター・バイロン
1931年

国際盗賊ホテル

  • 1931年当年公開
  • 撮影

「放蕩息子」「怪紳士」と同じくロナルド・コールマンが主演する映画で、「グレイト・ガッポ」「河宿の夜」のベン・ヘクトとチャールズ・マッカーサーが共同で特に物語を書き下ろし「天国の一夜」「仮染の唇」のジョージ・フィッツモーリスが監督し、「放蕩息子」のグレッグ・トーランドとジョージ・バーンズが撮影した。助演者は「無冠の帝王」「大飛行船」のフェイ・レイ、「リリオム」のエステル・テイラー、タリー・マーシャル、ウォーレン・ハイマー、ウルリッヒ。ハウプト、ローレンス・グラント等である。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ロナルド・コールマン フェイ・レイ エステル・テイラー タリー・マーシャル

天国の一夜

  • 1931年当年公開
  • 撮影

ライト・オペラのスターとして知られているイヴリン・レイと「母性」「リオ・リタ」のジョン・ボールズとが共演する映画。ルイス・ブロムフィールドの筆になる原作から「怪紳士」「新版結婚読本」のシドニー・ハワードが脚色し「激流恋をのせて」「愛欲の人魚」のジョージ・フィッツモーリスがメガフォンをとり、「怪紳士」と同じくジョージ・バーンズとグレッグ・トーランドの両人が撮影を受け持った。助演者は「悪魔が跳び出す」のリリアン・タッシュマン、「脱線泥棒」のレオン・エロール、ヒュー・キャメロン、マリアン・ロード、ライオネル・ベルモアその他である。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
イヴリン・レイ ジョン・ボールズ レオン・エロール リリアン・タッシュマン

街の風景

  • 1931年当年公開
  • 撮影

エルマー・ライスが自作の舞台劇から脚色したものに基づいて「ハレルヤ」「ビリー・ザ・キッド」のキング・ヴィダーが監督し「怪紳士」「天国の一夜」と同じくグレッグ・トーランドとジョージ・バーンズが共同撮影に当たった映画で、主なる出演者は、「女学生の日記」「アメリカの悲劇」のシルヴィア・シドニー、「妾は貴方のものなのよ」の小ウィリアム・コリアー、「惨劇の波止場」のラッセル・ホプトン、「リリオム」のエステル・テイラー、「失われた抱擁」のデイヴィッド・ランドー、アンナ・コスタント等である。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
シルヴィア・シドニー ウィリアム・コリアー・ジュニア Max Montor ラッセル・ホプトン
1930年

放蕩息子

  • 1930年当年公開
  • 撮影

「曵かれゆく男」「怪紳士」と同じくロナルド・コールマンの主演する映画で、原作はフレデリック・ロンスデールの筆になるもの、それを「乗合馬車」「躍る人生」のベンジャミン・グレイザーが脚色し、「奔流恋を乗せて」「天国の一夜」のジョージ・フィッツモーリスが監督し、「陽気な後家さん」「天国の一夜」のジョージ・バーンズと「フービー」「怪紳士」のグレッグ・トーランドの二人が撮影した。助演者の顔ぶれは「繁昌娘」「キスメット(1930)」のロレッタ・ヤング、フローレンス・ブリットン、フレデリック・カー、「霊と肉」「愉快な武士道」のマーナ・ローイ、デイヴィッド・トーレンスなどである。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ロナルド・コールマン ロレッタ・ヤング フローレンス・ブリットン フレデリック・カー

陽気な後家さん

  • 1930年当年公開
  • 撮影

「トレスパサー」につぐグロリア・スワンソンの主演映画。ストーリーは「船出の朝」のジョセフィン・ラヴェットの筆になるものでそれをジェームズ・グリースンとジェームズ・シーモアが協力して脚本にまとめ上げ台詞を付し「鉄仮面」「南海のバラ」のアラン・ドワンが監督にアたった。助演者は「法の外(1930)」「導火線」のオーエン・ムーア、「滅び行く凱歌」「間諜X27」のルー・コディー、「七つの鍵」のマーガレット・リヴィングストン、ウィリアム・ホールデンその他でカメラは「怪紳士」「曳かれゆく男」のジョージ・バーンズが担任。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
グロリア・スワンソン オーエン・ムーア ルー・コディ マーガレット・リヴィングストン

ラッフルズ

  • 1930年当年公開
  • 撮影

米国の探偵小説家E・W・ホーナング作の短編集を基として「ブルドッグ・ドラモンド」のシドニー・ハワードが脚本を組み立て「愛欲の人魚」「彼の捕えし女」のジョージ・フィッツモーリスが監督しジョージ・バーンズ、グレッグ・トーランドが撮影にあたった映画で、主演者は「ブルドッグ・ドラモンド」「海のロマンス」のロナルド・コールマン。助演者は「戦争と貞操」のケイ・フランシス、その他ブラムウェル・フレッチャー、フランセス・デード、デイヴィッド・トーレンスなどである。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ロナルド・コールマン ケイ・フランシス ブラムウェル・フレッチャー フランセス・デード

忘れじの面影(1930)

  • 1930年当年公開
  • 撮影

ニューヨークメトロポリタン・オペラ劇場のソプラノ歌手として知られているグレース・ムーアが初主演の映画。「肉体の呼ぶ声」のドロシー・ファーナムが書き下ろしたストーリーを基に「黎明の剣士」のハンス・クレ-リーとクローディン・ウェストが協力して脚本にまとめ上げ「黎明の剣士」「野生の蘭」のシドニー・A・フランクリンが監督し、「曳かれゆく男」「トレスパサー」のジョージ・バーンズがクランクしたもので助演者は「マダム・サタン」「キートンの恋愛指南番」のレジナルド・デニー、「ビッグ・ハウス」のウォーレス・ビアリー、ガス・シャイ、ジョビナ・ハウランド、ジョージ・F・マリオン等々である。

監督
シドニー・A・フランクリン
出演キャスト
グレース・ムーア レジナルド・デニー ウォーレス・ビアリー ガス・シャイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・バーンズ