TOP > 映画監督・俳優を探す > Cyril Smith

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1935年 まで合計3映画作品)

1935年

海国の誉れ

  • 1935年
  • 出演(William Brown Jr 役)

「朱金昭」「南欧横断列車510」のウォルター・フォードが監督した作品で、欧州大戦中単身でドイツ巡洋艦と戦った無名の一水平の働きに基づいて書かれたC・S・フォレスターの小説をJ・O・C・オートンが脚色、マイケル・ホーガンとジェラルド・フェアリーとが台詞を執筆した。主役はジョン・ミルズで、「永遠の緑」のべティー・バルフォアとバリー・マッケイが助演し、その他ジミー・ハンリー、「空襲と毒瓦欺」のジョージ・メリット、ハワード・マリオン・クロフォード、パーシーウォルシュ等も出演している。撮影は「ユダヤ人ジュス」のバーナード・ノウルズ。イギリス海軍省の特別援助の下に製作された映画である。

監督
ウォルター・フォード
出演キャスト
ジョン・ミルズ ベティ・バルフォア バリー・マッケイ ジミー・ハンリー
1934年

栄冠を賭して

  • 1934年
  • 出演(Kennel-boy 役)

名犬ミック・ザ・ミラーが主演する映画で「艦隊歓迎」のアルバート・デ・クールヴィルが自らJ・E・S・ブラッドフォードと協力書卸したシナリオによって監督したものである。助演の俳優は「十三日の金曜日」、「君と踊れば」のソニー・ヘイル、我国には始めてのグウィニス・ロイド、「十三日の金曜日」のレオノラ・コーベット、「逃げちゃ嫌よ」「鎧なき騎士」のリン・ハーディング、ヴォードヴィル役者のフラナガン及びアレンなどである。

監督
アルバート・デ・クールヴィル
出演キャスト
ソニー・ヘイル グウィニス・ロイド レオノラ・コーベット リン・ハーディング
1933年

十三日の金曜日

  • 1933年
  • 出演(Fred the Driver 役)

「君と踊れば」「永遠の緑」のヴィクター・サヴィルが監督した作品で、これらの映画に出演したジェシー・マシューズ、ソニー・ヘイル、「男装」のエドモンド・グウェン、「夕暮れの歌」のエムリン・ウィリアムズ、「孤児ダビド物語」のフランク・ロートン、「奇蹟人間」のラルフ・リチャードソン、「間諜」のアースラ・ジーンズ、「再び戦場へ」のエリオット・メイクハム、マーティタ・ハント及びレオノラ・コーベット其の他ドナルド・カルスロップ、マックス・ミルトン、ベル・クリストール等が出演している。ストーリーはシドニー・ギリアットとG・H・モースビー・ホワイトが協力して書き後者が脚色しエムリン・ウィリアムズが台詞を書いた。撮影は「空襲と毒瓦欺」のチャールズ・ヴァン・エンガーの担任である。

監督
ヴィクター・サヴィル
出演キャスト
ソニー・ヘイル Cyril Smith ミュリエル・エイクド Richard Hulton
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > Cyril Smith

ムービーウォーカー 上へ戻る