映画-Movie Walker > 人物を探す > ロジャー・イムホフ

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1995年 まで合計20映画作品)

1995年

マンハント(1941)

  • 1995年1月28日(土)公開
  • 出演(Capt. Jensen 役)

ヒトラーに銃を向けたハンターと、彼を狩り出そうとするゲシュタポの追跡を描いた本格サスペンスの一編。本作のあと「死刑執行人もまた死す」「恐怖省」「外套と短剣」と続く、フリッツ・ラング監督のナチスものの最初の作品。従来のアメリカ映画にないナチスのリアルなイメージを米国の大衆に与え、以後のプロパガンダ映画のあり方に大きな影響を与えた。原作はジョフリー・ハウスホールドの小説『Rogue Male』で、「男の敵」「駅馬車(1939)」などジョン・フォード作品でお馴染みのダドリー・ニコルズが脚色。監督は当初、そのフォードが予定されていたが彼が難色を示したため、36年に渡米後、「暗黒街の弾痕」「西部魂(1941)」などを撮っていたフリッツ・ラングが当たった。スタッフには、撮影に「わが谷は緑なりき」のアーサー・ミラー、音楽を同作のアルフレッド・ニューマンが手掛けるといった具合に当代の名匠が担当。主演はこの作品で評価され、先述の「わが谷は緑なりき」や「ミニヴァー夫人」に起用された名優ウォルター・ピジョン。対するは本作以外でもナチスの将校役を何度か演じた、「イヴの総て」で知られる悪役俳優ジョージ・サンダース。また紅一点として、本作を契機に「飾窓の女」『Scarlet Street』「扉の影の秘密」と以後も3本のラング作品でヒロインを務めるジョーン・ベネットをはじめ、ナチスの追跡者役で怪演を見せる、「駅馬車(1939)」の他ホラー作品への出演で知られるジョン・キャラダイン、さらに後年「ヘルハウス」などホラー作品でも名を挙げる子役時代のロディ・マクドウォールなど個性的な役者が脇を固める。

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
ウォルター・ピジョン ジョーン・ベネット ジョージ・サンダース ジョン・キャラダイン
1963年

怒りの葡萄

  • 1963年1月2日(水)公開
  • 出演(Thomas 役)

1940年度ピュリツァー受賞、ジョン・スタインベック原作を、ナナリー・ジョンソンが脚色、「我が谷は緑なりき」のジョン・フォードが監督した社会ドラマ。撮影は「嵐ケ丘」など、主にウィリアム・ワイラーの作品を受け持つグレッグ・トーランド。音楽はアルフレッド・ニューマンが担当している。出演者は「荒野の決闘」のヘンリー・フォンダ。この映画でアカデミー女優助演賞を得たジェーン・ダーウェル、「駅馬車(1939)」のジョン・キャラダインなど。製作はダリル・F・ザナック。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ヘンリー・フォンダ ジェーン・ダーウェル ジョン・キャラダイン チャーリー・グレイプウィン
1949年

モホークの太鼓

  • 1949年9月公開
  • 出演(General_Herkimer 役)

「荒野の決闘」「果てなき航路」「駅馬車(1939)」のジョン・フォードが監督した1939年作品。ウォルター・D・エドモンズの同名の小説を「剃刀の刄」のラマー・トロッティと「育ち行く年」のソニア・レヴィーンが協力脚色した。撮影は「赤い家」「駅馬車(1939)」のバート・グレノンと色彩映画専門のレイ・レナハンが担当した、元来は色彩映画であるが輸入されたのは黒白板である。主演は「卵と私」「結婚五年目(パーム・ビーチ・ストーリー)」のクローデット・コルベールと「荒野の決闘」「運命の饗宴」のヘンリー・フォンダで、助演は「若草物語(1933)」などの故エドナ・メイ・オリヴァー、「駅馬車(1939)」のジョン・キャラディン、エディ・コリンズ、ドリス・ボードン、ロバート・ローリー其他である。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
クローデット・コルベール ヘンリー・フォンダ エドナ・メイ・オリヴァー エディ・コリンズ
1946年

エイブ・リンカン

  • 1946年4月18日(木)公開
  • 出演(Mr._Crimmin 役)

ロバート・E・シャーウッドがヒューリッツアー賞を獲得した舞台劇に基づき、シャーウッド自身が脚色し、ジョン・クロムウエルが監督した作品で、舞台劇で主役を演じたレイモンド・マッシーが同じくリンカーンに扮している。最近売り出しているジーン・ロックハートや、舞台出身のメアリー・ハワードとルース・ゴードン、その他ドロシー・ツリー、ハーヴェイ・スティーブンス、マイナー・ワトソン、アラン・バクスター等が主要な役を演じている。1940年初頭ニューヨークのラジオ・シティー・ミュージック・ホールでこれは封切された。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
レイモンド・マッセイ ジーン・ロックハート ルース・ゴードン メアリー・ハワード
1937年

たくましき男

  • 1937年当年公開
  • 出演(Bowers 役)

「ショウボート(1936)」「花嫁凱旋」のアイリーン・ダンが主演する映画で、「ショウボート(1936)」と同じくオスカーハンマーシタイン二世が脚本と歌詞を書き、ジェローム・カーンが作曲したもので、監督には「歌へ陽気に」「虚栄の市(1935)」のルーベン・マムーリアンが当たった。助演者は「ロバータ」「浮気名女優」のランドルフ・スコット、「スイング」「マドリッド最終列車」のドロシー・ラムーア、「浮気名女優」のエリザベス・パターソン、「結婚気象台」のレイモンド・ウォルバーン、「平原児」のチャールズ・ビックフォード、「将軍暁に死す」のエイキム・タミロフ及びウィリアム・フローリー、「月を消しましょ」のベン・ブルー等で、撮影は「平原児」のヴィクター・ミルナーと「親分はお人好し」のテオドル・スパークールの担任。

監督
ルーベン・マムーリアン
出演キャスト
アイリーン・ダン ランドルフ・スコット ドロシー・ラムーア エリザベス・パターソン
1936年

桑港

  • 1936年当年公開
  • 出演(Alaska 役)

「妻と女秘書」「支那海」のクラーク・ゲーブルと「ローズ・マリイ(1936)」「浮かれ姫君」のジャネット・マクドナルドが主演する映画で、「港に異常なし」のスペンサー・トレイシーと「征空重爆撃」のジャック・ホルトが共演する。原作はロバート・E・ホプキンスが書き下ろし、「港に異常なし」に参興したアニタ・ルースが脚色し、「ローズ・マリイ(1936)」「私の行状記」のW・S・ヴァン・ダイクが監督に当たり、「巨星ジーグフェルド」のオリヴァ・マーシュが撮影した。助演は「海は桃色」のジェシー・ラルフ、「高飛び成層圏」のテッド・ヒーリーおよびアル・シーン、新顔のシャーリー・ロス、「断固戦うべし」のマーガレット・アーヴィング等の面々である。

監督
W・S・ヴァン・ダイク
出演キャスト
クラーク・ゲーブル ジャネット・マクドナルド スペンサー・トレイシー ジャック・ホルト

星座を焚く

  • 1936年当年公開
  • 出演(Adams 役)

「噫初恋」「拾万ドル玉手箱」の恋人チームであるエリック・リンデンとセシリア・パーカーが主演する映画で、チャールズ・M・シェルドン作の小説を、「駅馬車(1925)」を撮影し、「野性愛」を監督したカール・ブラウンが脚色監督したもの。助演者は「女学生大行進」のヘンリー・コルカー、「虚栄の市(1935)」のチャールズ・リッチマン、「美しき野獣」のハリー・ベレスフォード、「上海」のオリーヴ・テル等で、撮影には「水兵万歳」のハリー・ジャクソンが当たった。

監督
カール・ブラウン
出演キャスト
エリック・リンデン セシリア・パーカー ヘンリー・コルカー チャールズ・リッチマン

低空爆撃

  • 1936年当年公開
  • 出演(Captain_Murchson 役)

「世界一の金持ち娘」「バワリイ」のフェイ・レイと「春を手さぐる」「八点鐘」のラルフ・ベラミーが主演する映画で、「悪魔島脱出」「空の殺人光線」のアルバート・S・ロージェルが監督したもの。原作はダイヤナ・バーボンとブルース・マニングが書き、フレッド・ニブロ・ジュニアとアール・スネルが協力脚色したもの。助演者は「歌の翼」のサーストン・ホール、「三角の月」のエドワード・ガーガン、ロジャー・イムホフ、駒井哲等で撮影は「殺人電波」のアレン・G・シーグラー。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
フェイ・レイ ラルフ・ベラミー サーストン・ホール エドワード・ガーガン

息子の顔

  • 1936年当年公開
  • 出演(Detective_Kennedy 役)

「人生は四十二から」「花婿は漫遊病」のメアリー・ボーランドが「生きているモレア」のジュリー・ヘイドン、「科学者の道」のドナルド・ウッズ、「男の敵」のウォーレス・フォードを相手に主演する映画で、ハリー・ハーヴェイの原作を「久遠の誓い」のシルヴィア・サルバーグが脚色し、「忘れられた顔(1936)」「脱線僧正」のE・A・デュポンが監督にあたり、「南瓜おやじ」のウィリアム・C・メラーが撮影した。助演者は新顔のロンソニー・ネイス、「地獄への挑戦」のロジャー・イムホフ、「東への道」のチャールズ・ミドルトン等である。

監督
E・A・デュポン
出演キャスト
メアリー・ボーランド ジュリー・ヘイドン ドナルド・ウッズ ウォーレス・フォード
1935年

運河のそよ風

  • 1935年当年公開
  • 出演(Sam_Weaver 役)

「彼女の家出」「ニューヨークの口笛」のジャネット・ゲイナーが「東への道」のヘンリー・フォンダを相手に主演する映画で、「無軌道行進曲」「宝島(1934)」のヴィクター・フレミングが監督に当たった。ウォルター・D・エドモンズの小説に基づいたふらんく・B・エルザーとマーク・コネリー共同脚色の舞台劇から「流れる青空」のエドウィン・バークが脚色した。助演者は「ジャバの東」のチャールズ・ビックフォード、「東への道」のスリム・サマーヴィル、アンディ・デヴァイン及びマーガレット・ハミルトン、「あたいは街の人気者」のジェーン・ウイザーズその他で、「キャラバン」のアーチネスト・パーマー撮影。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー ヘンリー・フォンダ チャールス・ビックフォード スリム・サマーヴィル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロジャー・イムホフ