TOP > 映画監督・俳優を探す > ガブリエル・ガブリオ

年代別 映画作品( 1925年 ~ 2004年 まで合計4映画作品)

1948年

悪魔が夜来る

  • 1948年7月
  • 出演(The Executioner 役)

戦後「楽園の子供達」で名をあげたマルセル・カルネの戦時中の一九四二年監督作品で、彼の処女作「ジェニイの家」の脚本を書いたジャック・プレヴェールが、ピエール・ラロシュと協力してシナリオを書卸した。撮影・装置ともに「悲恋」と同じくそれぞれロジェ・ユベール及びジョルジュ・ヴァケヴィッチが担当している。音楽は「山師ボオトラン」と同じくモーリス・ティリエ作曲、シャルル・ミュンク指揮で、パリ・コンセルヴァトワール交響楽団が演奏している。出演者は「あらし(1939)」のアルレッティ、「港の掠奪者」のジュール・ベリー、新人マリー・デア、アラン・キュニー及びマルセル・エラン、老朽フェルナン・ルドウ、ガブリエル・ガブリオ、ピエール・ラブリ等の顔ぶれである、なおこの映画は一九四二年フランス映画コンクールに第一席を占めた作品である。

監督
マルセル・カルネ
出演キャスト
アルレッティ ジュール・ベリー マリー・デア フェルナン・ルドウ
2004年

望郷(1937)

  • 2004年10月2日(土)
  • 出演(Carlos 役)

2004年フランス映画で活躍したスターたちの代表作をニュープリントで上映する<フランスがいっぱい>にて上映。「望郷」は、名優ジャン・ギャバンが粋な犯罪者を演じたラブ・ストーリー。

監督
ジュリアン・デュヴィヴィエ
出演キャスト
ジャン・ギャバン ガブリエル・ガブリオ サテュルナン・ファーブル シャルパン
1932年

巴里の暗黒街

  • 1932年
  • 出演(Amedee 役)

「港の掠奪者」と同じくモーリス・トゥールヌールが監督した映画で、ポール・ブランギエ作の探偵小説をトゥールヌール自ら脚色したもの。主演は「沐浴」「熱風」のマルセル・シャンタル、「我等の仲間」「南方飛行」のシャルル・ヴァネル及び無声時代「噫無情」に主演したガブリエル・ガブリオで、「旅順港」のジャン・ダックス、「夜の空を行く」のピエール・ラブリ、「外人部隊(1933)」のネストル・アリアニ、「最後の億万長者」のジョゼ・ノゲロ、ジャン・マルシャ、レジーヌ・ダンクール等が助演している。キャメラは「港の掠奪者」のジョルジュ・ブノアとビェジャールが共同担当した。

監督
モーリス・トゥールヌール
出演キャスト
マルセル・シャンタル ガブリエル・ガブリオ シャルル・ヴァネル ジャン・マルシャ
1925年

噫無情(1925)

  • 1925年
  • 出演(Jean Valjean 役)

ヴィクトル・ユーゴーの傑作『レ・ミゼラブル』を映画化したものでシネロマン社製作のフィルム・ド・フランス一九二五年度特作品である。大正十一年に上映された「自由の魂」と同じくアンリ・フェスクール氏が脚色監督し主役ジャン・ヴァルジャンには国立劇場オデオン座の腕利き俳優ガブルエル・ガブリオ氏が扮し、成長後のコゼット及びファンティーヌは「氷島の漁夫」出演のサンドラ・ミロワノフ夫人が演じ分け、「自由の魂」出演のジャン・トゥールー氏、ポール・ギデ氏、フランソワ・ロゼエ氏、ルネ・カルル夫人、ジョルジュ・サイヤール氏、ニヴェット・サイヤール嬢等が助演している。因みに本映画はフランスに於いては四篇二十四巻の連続映画として公開されているが、ユニヴァーサル社配給の分は二篇二十二巻に編集してある。無声。

監督
アンリ・フェスクール ルイ・ナルパ
出演キャスト
ガブリエル・ガブリオ ポール・ジョージ サンドラ・ミロワノフ Jean Paul de Baere
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ガブリエル・ガブリオ

ムービーウォーカー 上へ戻る