TOP > 映画監督・俳優を探す > ジャック・ド・バロンセリ

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1938年 まで合計4映画作品)

1938年

忘却の砂漠へ

  • 1938年
  • 監督、コンテ

「背信」「南方飛行」のシャルル・ヴァネル、「最後の戦闘機」「みどりの園」のジャン・ピエール・オーモン及び新顔のマルタ・ラバールが主演するフランスのA・C・E配給映画で、「地中海」「巴里の唄」のジャック・ド・バロンセリが監督に当ったもの。ストーリーはエリック・ユレルの原案に基いて「ジェニイの家」「望郷(1937)」の脚色者ジャック・コンスタンが書卸し、劇作家のミシェル・デュランが脚色して台詞をつけ、ドゥ・バロンセーリが自らコンティニュイティを作製した。撮影は「ジプシー男爵」「青春の海」のギュンター・リッタウが、音楽は「南の誘惑(1937)」のロタール・ブリューネが、それぞれ担当している。助演俳優は「地中海」「ミゼラブル」のポール・アザイス、「最後の戦闘機」「自由を我等に」のレイモン・コルディ、「美しき青春」のルネ・ダリー、新顔のボリス・アレキン、「巴里の屋根の下」のビル・ボケッツ、その他ジョルジュ・ランヌ、ニルダ・デュプレッシー、アンドレ・ランディアという顔ぶれである。

監督
ジャック・ド・バロンセリ
出演キャスト
シャルル・ヴァネル ジャン・ピエール・オーモン マルタ・ラバール ポール・アザイス
1936年

地中海

  • 1936年
  • 原作、監督、脚本

「レ・ミゼラブル」「ゴルダー」のアリ・ボール、「熱風」「沐浴」のマルセル・シャンタル、「ジェニイの家」「若き日」のリゼット・ランヴァン、「火の夜」「巴里祭」のジョルジュ・リゴーの四スターが主演する映画で、サイレント時代の「氷島の漁夫」及びトーキーの「巴里の歌」で我が国に紹介されたジャック・ド・バロンセリが原作・監督したもの。脚色にはアンドレ・ビュークレとT・H・ロベールが協力し、台詞は「楽聖ベートーヴェン」「旅順港」のスティーヴ・パッスールが執筆した。音楽は「レ・ミゼラブル」「最後の戦闘機」のアルテュール・オネガーが作曲し、「泣き笑い千法札」に出演したレイ・ヴァンチュラが編曲・指揮し、撮影には「家なき児(1935)」のジャン・バシュレが当たっている。助演者は「旅順港」「黒い瞳(1935)」のジャン・マックスを初め、「夜の空を行く」のポール・アザイス、「キイン」その他サイレント時代に名高かったイワン・モジューヒン等。

監督
ジャック・ド・バロンセリ
出演キャスト
マルセル・シャンタル アリ・ボール ジョルジュ・リゴー リゼット・ランヴァン
1934年

巴里の唄

  • 1934年
  • 監督

巴里オペラ座付のテノール歌手ジョルジュ・ティルの第一回主演映画で、「氷島の漁夫」以来その作品の輸入を見ないジャック・ド・バロンセリの監督作品である。脚本はかつて「狼の奇蹟」を書いたアンリ・デュピイ・マズュエルがアンドレ・ポール・アントワーヌと協力して書き卸した。主演者ティルを助けて「おしゃれの王様」「泣き笑い千法札」のアルマン・ベルナールが共演するほか、舞台女優ルイザ・ド・モルナン、「姿なき殺人」のシモーヌ・ブールデエ、「母の手」のポーレット・エランベール、「プレジャンの舟唄」のジネット・ゴーベール、ジャック・ヴァレンヌ等が助演している。音楽は「家なき児(1935)」のモーリス・イヴェンが担当、撮影も「家なき児」に参與したバシュレの担任である。オーケストラ指揮はオペラ座指揮者J・E・シーフェルである。

監督
ジャック・ド・バロンセリ
出演キャスト
ジョルジュ・ティル アルマン・ベルナール ルイザ・ド・モルナン ジャック・ヴァレンヌ
1924年

氷島の漁夫

  • 1924年
  • 脚色、監督

ピエール・ロティの傑作小説を映画化したものでフランス映画界穏健派の重鎮であるジャック・ド・バロンセリ氏が脚色監督したものである。主役は「冤罪」「恐怖十年」等出演のシャルル・ヴァネル氏と我が国には初お目見得のサンドラ・ミロワノフ嬢とが勤め、サン・ジュアナ氏、ボワイエ夫人等が助演している。無声。

監督
ジャック・ド・バロンセリ
出演キャスト
サンドラ・ミロワノフ シャルル・ヴァネル サン・ジュアナ ボワイエ夫人
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジャック・ド・バロンセリ

ムービーウォーカー 上へ戻る