映画-Movie Walker > 人物を探す > ジナ・マロ

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1934年 まで合計3映画作品)

1934年

ドン・ファン(1934)

  • 1934年当年公開
  • 出演(Pepita 役)

アレクサンダー・コルダが主催するロンドン・フィルム社作品として我国にもたらされた最初の映画。アンリ・バタイユ作の短編に基きフレデリック・ロンスデールとラヨス・ビロが協力して書卸し、監督にはコルダ自ら当っている。主役は「ロビンソン・クルーソー」以来のダグラス・フェアバンクスが勤め、コルダに発見されたマール・オベロン、「婦人に御給仕」「明日の太陽」のベニタ・ヒューム、マール・オーベロンと共に「ヘンリー八世」に出演したビニー・バーンズ、ジョーン・ガードナー、「永遠の緑」のバリー・マッケイ、メルヴィル・グーパーその他欧州映画界では名を知られた連中が助演している。撮影は「パリ祭」「自由を我等に」のジョルジュ・ペリナール、装置はヴィンセント・コルダが担当。なおアーサー・ウィンペリス作詞、ミッシャ・スポリアンスキー作曲の『ドン・ファン・セレナーデ』が歌われる。

監督
アレクサンダー・コルダ
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス マール・オベロン Bruce Winston ジナ・マロ

歌によせて

  • 1934年当年公開
  • 出演(Fifi 役)

「春のいざなひ」の英語版で同じくジャン・キープラが主演する映画でかつてアメリカで「虚栄地獄」「浮気禁制」等をものしたモーリス・エルヴィが監督に当たったもの。脚本はリチャード・ベンソンがオースティン・エドマンドの台詞を得て書いた。助演は「十三日の金曜日」のソニー・ヘイル及びエムリン・ウィリアムズ、新顔のアイリーン・マーソン、「ドン・ファン」のジナ・マロ等で、撮影は「十三日の金曜日」のチャールズ・ヴァン・エンガーの担当、歌は「キング・ソロモン」のミッシャ・スポリアンスキーが作曲した。

監督
モーリス・エルヴィ
出演キャスト
ジャン・キープラ ソニー・ヘイル アイリーン・マーソン エムリン・ウィリアムズ
1932年

蒼い幻想

  • 1932年当年公開
  • 出演(Frieda 役)

「モンテ・カルロ」に出演したジャック・ブキャナンが主演する音楽映画で、かつて「デカメロン夜話」「ネル・ギン」を監督したハーバート・ウィルコックスが監督に当った。原作はホルト・マーヴェルとジョージ・ポスフォードが共同している。作曲もポスフォードである。相手役は新進のアンナ・ニーグルが勤め、ジョイス・ブランド、クライヴ・カリーのほかウィルコックス作品にはお馴染みの俳優連が数名助演している。

監督
ハーバート・ウィルコックス
出演キャスト
ジャック・ブキャナン クライヴ・カリー アンナ・ニーグル ウィリアム・ケンドール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジナ・マロ