映画-Movie Walker > 人物を探す > バッド・モーリン

年代別 映画作品( 1970年 ~ 1992年 まで合計7映画作品)

1992年

マージョリーの告白

  • 1992年2月15日(土)公開
  • 編集

平凡な主婦が不倫を経て新たな人生に目覚めていくハプニングコメディ映画。監督はロブ・ライナーの父で、「天国から落ちた男」のカール・ライナー、製作はデイヴィッド・レスター、ドン・ミラー、リズ・グロッツァー、エグゼクティヴ・プロデューサーはハワード・ウェストとジョージ・シャピロ、脚本はマーサ・ゴールドハーシュ、撮影はレイナルド・ヴィラロボス、音楽はジャック・エリオットが担当。

監督
カール・ライナー
出演キャスト
カースティ・アレイ ビル・プルマン キャリー・フィッシャー ジャミー・ガーツ
1986年

ポリス・アカデミー3 全員再訓練!

  • 1986年7月19日(土)公開
  • 編集

母校ポリス・アカデミー廃校の危機に立ち上がるダメ・ポリス軍団ポリス・アカデミーのOBたちの破天荒ぶりを描くギャグ・コメディ。製作はポール・マスランスキー。監督は前作に引き続きジェリー・パリスでこれが彼の遺作となった。ニール・イズラエルとパット・プロフトの創造したキャラクターを基にジーン・クインターノが脚色。撮影はロバート・サッド、音楽はロバート・フォークが担当。出演はスティーヴ・グッテンバーグ、ババ・スミスなど。

監督
ジェリー・パリス
出演キャスト
スティーヴ・グッテンバーグ ババ・スミス デイヴィッド・グラフ マイケル・ウィンスロー
1980年

華麗なる相続人

  • 1980年1月26日(土)公開
  • 編集

大製薬会社の社長が殺され、その財産を受け継いだ1人娘も何者かに命を狙われるというサスペンス映画。製作はデイヴィッド・V・ピッカーとシドニー・ベッカーマン、監督は「クランスマン」のテレンス・ヤング。「真夜中の向う側」などの原作者シドニー・シェルダンの小説「華麗なる血統」(早川書房刊)を基にレアード・コーニッグが脚色。撮影はフレディ・ヤング、音楽はエンニオ・モリコーネ、編集はバッド・モーリン、製作デザインはテッド・ハワース、衣裳はエンニオ・サバティーニ(オードリーの衣装はジバンシー)が各々担当。出演はオードリー・ヘップバーン、ベン・ギャザラ、ジェームズ・メイスン、クラウディア・モーリ、イレーネ・パパス、ミシェル・フィリップス、モーリス・ロネ、ロミー・シュナイダー、オマー・シャリフ、ベアトリス・ストレイト、ゲルト・フレーベなど。

監督
テレンス・ヤング
出演キャスト
オードリー・ヘップバーン ベン・ギャザラ ジェームズ・メイソン クラウディア・モーリ
1978年

オー!ゴッド

  • 1978年6月3日(土)公開
  • 編集

20世紀のロサンゼルスに神様が現われるという奇想天外なコメディ。製作は「ナッシュビル」のジェリー・ワイントローブ、監督はTV界出身のカール・ライナー。アベリー・コーマンの原作をラリー・ゲルバートが脚色、撮影は「狼たちの午後」のヴィクター・J・ケンパー、編集はバッド・モーリン、美術はジャック・センター、音楽はジャック・エリオットが各々担当。出演は「サンシャイン・ボーイズ」のジョージ・バーンズ、ジョン・デンバー、テリー・ガー、ドナルド・プレザンス、ポール・ソルビノなど。

監督
カール・ライナー
出演キャスト
ジョージ・バーンズ ジョン・デンバー テリー・ガー ドナルド・プレゼンス
1970年

怒りを胸にふり返れ!

  • 1970年12月28日(月)公開
  • 編集

黒人学校に転入させられた数人の白人学生がうける迫害と疎外。製作総指揮は「夜の大捜査線」のウォルター・ミリッシュ、製作はハーバート・ハーシュマン、監督はTV出身のポール・ボガート。マデリーン・シェイナーの原作をジョン・シェイナー、アル・ラムラスが共同執筆。撮影は「シャイヨの伯爵夫人」のバーネット・ガフィ、音楽はデーヴ・グルーシン、美術はエディソン・ハー、編集はバッド・モーリンがそれぞれ担当。出演は「戦争プロフェッショナル」のカルヴィン・ロックハート、「…チック…チック…チック」のジャネット・マクラクラン。他にジェフ・ブリッジス、ロブ・ライナー、ジェームズ・A・ワトソン・ジュニア、ドウェイン・ジェシーなど。デラックスカラー、ビスタサイズ。1970年作品。

監督
ポール・ボガート
出演キャスト
カルヴィン・ロックハート ジャネット・マクラクラン ジェームズ・A・ワトソン・ジュニア ジェフ・ブリッジス

掠奪戦線

  • 1970年11月21日(土)公開
  • 編集

激しい戦火の中で展開される頭脳掠奪戦。製作は「鉄海岸総攻撃」のアービング・テマナー、監督は「ブルーライト作戦」のウォルター・グローマン。ハーマン・ホフマンのオリジナル・ストーリーをフィリップ・サルツマンが脚色。撮影はゲルノット・ロール、音楽編集はリチャード・カラス、美術は「ブルーライト作戦」のロルフ・ツェートバウアー、特殊効果は「ブルーライト作戦」のカール・バウムゲルトナー、編集はピーター・エリオットがそれぞれ担当。出演は「地獄の逢びき」のスチュアート・ホイットマン、「スター!」のジョン・コリン、「今晩おひま?」のマルギット・サード。他にマーティン・ジャービス、ピンカス・ブラウン、グンター・ノイツ、ジョン・ブリッグス、ハラルド・ディートル、ゲルト・ベスペルマン、アンディ・パプなど。デラックスカラー、ビスタサイズ。1970年作品。

監督
ウォルター・グローマン
出演キャスト
スチュアート・ホイットマン ジョン・コリン マーティン・ジャービス ピンカス・ブラウン

続 夜の大捜査線

  • 1970年10月24日(土)公開
  • 編集

1967年度のアカデミー賞で5つのオスカー(作品・主演男優・脚色・編集・録音)を獲得した「夜の大捜査線」の姉妹編。製作指揮は「華麗なる賭け」のウォルター・ミリッシュ、製作はハーバート・ハーシュマン、監督は「セメントの女」のゴードン・ダグラス。ジョン・ボールの創作によるキャラクターをもとに、「華麗なる賭け」のアラン・R・トラストマンがストーリーを書き、彼と「サンセバスチャンの攻防」のジェームズ・R・ウェッブが脚本を執筆。撮影はジェリー・フィナーマン、音楽は「愛は心に深く」のクインシー・ジョーンズ、美術はアディソン・F・ハリ、編集はバッド・モーリンがそれぞれ担当。出演は「失われた男」のシドニー・ポワチエ、「スパイ大作戦--薔薇の秘密司令--」のマーティン・ランドー、「USAブルース」のバーバラ・マクネア、「暴力脱獄」のアンソニー・ザーブ、「殺人者(1946)」のジェフ・コーリー。他にファノ・ヘルナンデスなど。デラックスカラー、ビスタサイズ。1970年作品。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
シドニー・ポワチエ マーティン・ランドー バーバラ・マクネア アンソニー・ザーブ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > バッド・モーリン