映画-Movie Walker > 人物を探す > マリア・フォン・タスナディ

年代別 映画作品( 年 ~ 1935年 まで合計2映画作品)

1935年

第九交響楽

  • 1935年
  • 出演(Hanna 役)

「会議は踊る」「ハンガリア狂想曲」のリル・ダゴファーと、「愛国の騎士(1936)」「スパイ戦線を衝く」のウイリー・ビルゲルが主演する映画で、舞台の演出家出身の新人デトレフ・ジールクが監督した処女作品である。脚本もジールクがクルト・ホイザーと協力執筆したオリジナル。舞台出身のマリア・フォン・タスナディが共演するほか、「嘆きの木蔭」のマリア・コッペンヘーファー、「スパイ戦線を衝く」のテオドル・ロース、「モスコーの夜は更けて」のアレクサンダー・エンゲル、子役ペーター・ボッセ少年、アルバート・リッパート、クルト・マイゼル等が助演している。音楽指揮及び作曲は「白鳥の舞」のクルト・シュレーダーが担当し、ベルリン国立オペラ座管弦団が演奏し、独唱は、エルナ・ベルガー、ルイゼ・ウイラー、ルドルフ・ワッツケ及びヘルムート・メルハートの四歌手である。なお、カメラは「今宵こそは」のロベルト・バベルスケ、セットはエリッヒ・ケッテルフートがそれぞれ担当している。

監督
ダグラス・サーク
出演キャスト
ヴィリー・ビルゲル リル・ダゴファー マリア・フォン・タスナディ マリア・コッペンヘーファー

モード巴里

  • 出演(Yvonne 役)

ブルーノ・ドゥダイが製作した作品で「神々の寵児」「カイロの結婚」のレナーテ・ミュラーと「南の哀愁」のゲオルク・アレクサンダーとが主演し、監督には「銀嶺征服」のフランツ・ウェンツラーが当たった映画である。原作はルドルフ・エガーの戯曲で、「黒騎士」のフィリップ・ロタール・マイリングがフリードリッヒ・ツェッケンドルフと協力してこれから映画用の脚本を書卸した。助演者の主なるものは「会議は踊る」「今宵こそは」のオットー・ヴァルブルグを始めとして「お洒落王国」のクルト・ヴェスパーマン、「秋の女性」のヒルデ・ヒルデブラント、イルゼ・コルセック、等の人々である。撮影はウェルナー・ブランデス、音楽はハンス・オットー・ボルクマンの担任。なお映画中、パリのミジネット諸嬢が大勢出演している。

監督
フランツ・ウェンツラー
出演キャスト
ヒューバート・フォン・マイヤーリンク ゲオルク・アレクサンダー ゲルトルード・ヴィーレ ワルター・スタインベック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マリア・フォン・タスナディ