映画-Movie Walker > 人物を探す > ラウール・アスラン

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1933年 まで合計2映画作品)

1933年

未完成交響楽(1933)

  • 1933年
  • 出演(Salieri 役)

「モナ・リザの失踪」「ブロンドの夢」等に出演したヴィリ・フォルストが監督に転向して後の第一回作品で、脚本もフォルスト自身が「モナ・リザの失踪」「ブロンドの夢」のワルター・ライシュの原案に基いて書卸したものである。主演するのはウィーンの舞台から来たハンス・ヤーライとブダペストの舞台から来たマルタ・エゲルトの二人で、ルイゼ・ウルリッヒ、オットー・トレスラー、ハンス・モーザー、ハンス・オルデン、等が助演している。撮影は「ガソリン・ボーイ三人組」「黒騎士」と同じくフランツ・プラナーの担任。なお、この映画にはフランツ・シューベルトの音楽を「今宵こそは」のウィリー・シュミット・ゲントナー編曲指揮の下に数多く取入れているが、その演奏にはウィーン・フィルハーモニー・オーケストラが特に当ったものである。

監督
ヴィリ・フォルスト
出演キャスト
オットー・トレスラー マルタ・エゲルト Gucki Wippel アンナ・カリーナ
1932年

白日鬼

  • 1932年
  • 出演(Dr. Urussew 役)

「F・P一号応答なし」のハンス・アルバースが主演するウファ社ブルーノ・ドゥダイ・プロの映画で、「狂乱のモンテカルロ」「拳闘王」に出演したクルト・ゲロンが監督に当ったもの。「黒騎士」のフイリップ・ロタール・マイリングとフリードリッヒ・ツェッケンドルフの台本、「カイロの結婚」のカール・ホフマンの撮影で、助演者は、「モナ・リザの失踪」のトゥルウデ・フオン・モロー、「月世界の女」のゲルダ・マウルスを始め、ドイツ映画の古顔ルチー・ヘーリッヒ、アルフレッド・アベル、「F・P一号応答なし」のペーター・ローレ、「私と女王様」のヒューバート・フォン・マイヤーリンク、ラウール・アスラン等である。

監督
クルト・ゲロン
出演キャスト
ハンス・アルバース ルチー・ヘーフリッヒ ゲルダ・マウルス トルーデ・フォン・モロー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ラウール・アスラン