映画-Movie Walker > 人物を探す > フランク・シナトラ

年代別 映画作品( 1948年 ~ 2008年 まで合計46映画作品)

2008年

ハッピーフライト

  • 2008年11月15日(土)公開
  • 主題曲/主題歌

「ウォーターボーイズ」など娯楽性豊かな作品を生み出してきた矢口史靖監督の最新作。パイロット、CAを始め、航空機の飛行に関わる人々の姿を、笑いと涙を交えて描き出す。

監督
矢口史靖
出演キャスト
田辺誠一 時任三郎 綾瀬はるか 吹石一恵
2007年

ディス・イズ・ボサノヴァ

  • 2007年8月4日(土)公開
  • 出演(※本人出演 役)

洗練されたメロディで日本でも親しまれている“ボサノヴァ”。代表的なミュージシャンの演奏やインタビューとともに、その歴史をたどる音楽ドキュメンタリー。

監督
パウロ・チアゴ
出演キャスト
カルロス・リラ ホベルト・メネスカル ジョアン・ジルベルト アントニオ・カルロス・ジョビン
2003年

くたばれ!ハリウッド

  • 2003年9月20日(土)公開
  • 出演

「ある愛の詩」などの名作を世に送り出したハリウッドの大物製作者ロバート・エバンズ。大河ドラマ顔負けの波乱に富んだ彼の人生を、膨大な映像資料で再現したドキュメンタリーだ。

監督
ブレット・モーゲン ナネット・バースタイン
出演キャスト
ロバート・エヴァンス ジャック・ニコルソン スコット・クレイン フランシス・フォード・コッポラ
2002年

JAZZ SEEN カメラが聴いたジャズ

  • 2002年3月2日(土)公開
  • 出演

ジャズ・カメラマンの大家、ウィリアム・クラクストンの実像に迫ったドキュメンタリー。自身や仲間によるインタビューを軸に、大物アーティストらとの刺激的な交流関係を紹介。

監督
ジュリアン・ベネディクト
出演キャスト
ウィリアム・クラクストン ペギー・モフィット デニス・ホッパー チコ・ハミルトン
2001年

悪党

  • 2001年5月12日(土)公開
  • 出演(Dingus_Magee 役)

 戦乱の世を背景に、絶世の美女“顔世”を愛した足利将軍の執事・高師直の苦悩の日々をエネルギッシュに描く。原作は谷崎潤一郎。(リバイバル上映)

監督
バート・ケネディ
出演キャスト
フランク・シナトラ ジョージ・ケネディ アン・ジャクソン ロイス・ネットルトン
1983年

キャノンボール2

  • 1983年12月17日(土)公開
  • 出演(Frank_Sinatra 役)

81年のヒット作「キャノンボール」の続編で、交通規則無視の大陸横断自動車レースを描く喜活劇。香港ベースのゴールデン・ハーヴェストが提供。製作はアルバート・S・ラディ、エグゼクティヴ・プロデューサーはアンドレ・モー.ンとレイモンド・チョウ。監督は前作と同じハル・ニーダム。脚本はホープ・ウィリアムス、撮影はニック・マクリーン、音楽はアル・キャップスが担当。出演はバート・レイノルズ、ド・ドルイーズ、シャーリー・マクレーン、ディーン・マーティン、ジャッキー・チェンなど。アメリカではWBが配給。日本版字幕は進藤光太。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1983年作品。

監督
ハル・ニーダム
出演キャスト
バート・レイノルズ ドム・デルイーズ Susam Anton サミー・デイヴィス・ジュニア
1975年

ザッツ・エンタテインメント

  • 1975年3月21日(金)公開
  • 特別出演

トーキー黎明期の1929年に作られた「ホリウッド・レビュー」や「ブロードウェイ・メロディー」に始まって、1958年の「恋の手ほどき(1958)」に至るまで、その間に作られた75本のMGMミュージカル作品を中心に構成した作品。製作・監督・構成はジャック・ヘイリー・ジュニア、製作総指揮はダニエル・メルニック、音楽監督はヘンリー・マンシーニ、音楽監修はジェシー・ケイ、編集はバド・フリージェン、スペシャル・キャストはフレッド・アステア、ビング・クロスビー、ジーン・ケリー、ピーター・ローフォード、ライザ・ミネリ、ドナルド・オコンナー、デビー・レイノルズ、ミッキー・ルーニー、フランク・シナトラ、ジェームズ・スチュアート、エリザベス・テイラーなど。

監督
ジャック・ヘイリー・ジュニア
出演キャスト
フレッド・アステア ビング・クロスビー ジーン・ケリー ピーター・ローフォード
1969年

セメントの女

  • 1969年3月1日公開
  • 出演(Tony Rome 役)

「トニー・ローム殺しの追跡」の続篇で、スタッフはほとんど同じ。原作はマーヴィン・H・アルバート、脚色はマーヴィン・H・アルバートとジャック・ガス、監督はゴードン・ダグラスが担当した。撮影はジョセフ・バイロック、音楽は「夕陽よ急げ」のヒューゴー・モンテネグロが担当。出演はフランク・シナトラのほかに、「バンドレロ」のラクェル・ウェルチ、ダン・ブロッカー、前作にひき続きリチャード・コンテなど。製作はアーロン・ローゼンバーグ。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
フランク・シナトラ ラクウェル・ウェルチ ダン・ブロッカー リチャード・コンテ
1968年

刑事(1968)

  • 1968年公開
  • 出演(Joe_Leland 役)

ロデリック・ソープの同名小説を「愚か者の船」のアビー・マンが脚色、「トニー・ローム殺しの追跡」のゴードン・ダグラスが監督にあたった。撮影は「トニー・ローム殺しの追跡」のジョセフ・バイロック、音楽は「猿の惑星」のジェリー・ゴールドスミスが担当した。出演は「トニー・ローム殺しの追跡」のフランク・シナトラ「ビッグトレイル(1965)」のリー・レミック、「特攻大作線」のラルフ・ミーカー、トニー・ムサンテ、ジャクジャクリーン・ビセットほか。製作は「おしゃれスパイ危機連発」のアーロン・ローゼンバーグ。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
フランク・シナトラ リー・レミック ラルフ・ミーカー ジャック・クラッグマン

トニー・ローム殺しの追跡

  • 1968年6月22日公開
  • 出演(Tony_Rome 役)

マーヴィン・H・アルバートの小説『マイアミの傷害罪』を「ナイアガラ」のリチャード・ブリーンが脚色、「電撃フリント・アタック作戦」のゴードン・ダグラスが監督した探偵もの。撮影は「特攻大作戦」のジョセフ・バイロック、音楽はビリー・メイが担当した。出演は「クイーン・メリー号襲撃」のフランク・シナトラ、「殺しのエージェント」のジル・セント・ジョン、「恋とペテンと青空と」のスー・リオン、新星ジーナ・ローランズほか。なお、主題歌をナンシー・シナトラが歌っている。製作は「おしゃれスパイ危機連発」のアーロン・ローゼンバーグ。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
フランク・シナトラ ジル・セント・ジョン リチャード・コンテ スー・リオン

関連ニュース

ガガも照れちゃうトニー・ベネット、85歳にしてレッドカーペットで輝きを放つ!
ガガも照れちゃうトニー・ベネット、85歳にしてレッドカーペットで輝きを放つ!(2012年4月26日)

85歳とは思えない輝きと張りのある歌声で、60年間以上にわたり今なお世界中の多くの人々の心を惹きつけてやまないトニー・ベネット。故フランク・シナトラなど、黄金時…

アンジー、マリリン・モンロー役報道を否定!「私が適役とは思わない」
アンジー、マリリン・モンロー役報道を否定!「私が適役とは思わない」(2010年8月18日)

「The Life and Opinions of Maf The Dog, and Of His Friend Marilyn Monroe」の著者アンドリュ…

スカジョ、「フランク・シナトラになりたかった」
スカジョ、「フランク・シナトラになりたかった」(2009年9月15日)

スカーレット・ヨハンソンの幼少時代のヒーローは、フランク・シナトラだったらしい。 幼い頃から歌が好きだったスカーレットは、「小さいときから、フランク・シナトラに…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フランク・シナトラ