映画-Movie Walker > 人物を探す > ゲルハルト・ランプレヒト

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1935年 まで合計8映画作品)

1935年

ヴェニスの船唄(1935)

  • 1935年
  • 監督

「桃源郷」「少年探偵団」のゲルハルト・ランプレヒトが監督した映画で、オッフェンバッハ作の歌劇『ホフマン物語』に取材して「ジャンダーク」「あかつき」のゲルハルト・メンツェルが書卸したものである。主演者は舞台から来たリダ・バーロヴァと「偽国旗の下に」「予審」のグスタフ・フレーリッヒで、「ジャンダーク」のヴィリー・ビルゲル、「セロ弾く乙女」のエルザ・ワグナー、「ヴェロニカの花束」のヒルデ・ヒルデブラント、「私と女王様」のヒューバート・フォン・マイヤーリンク、ウィル・ドーム及び「制服の処女(1931)」のエミリア・ウンダが助演している。撮影は「歌へ今宵を」「セロ弾く乙女」のフリーデル・ベーン・グルントが、音楽はハンス・オットー・ボルクマンが夫々担任。

監督
ゲルハルト・ランプレヒト
出演キャスト
リダ・バーロヴァ グスタフ・フレーリッヒ ヴィリー・ビルゲル エルザ・ワグナー
1934年

桃源境

  • 1934年
  • 監督

「私は昼あなたは夜」「女王様御命令」と同じくケーテ・フォン・ナギとヴィリー・フリッチが主演する音楽映画で、プッチーニの歌劇『テュランドット』及び戯曲『テュランドット』に取材したファンタジーである。脚色には「ハンネレの昇天」を脚色監督したテア・フォン・ハルボウが当たり、監督は「黒騎士」「真紅の恋(1933)」のゲルハルト・ランプレヒトが任じた。助演者は「カイロの結婚」のレオポルディーネ・コンスタンチン、舞台出身のウィリー・シェーファース、「チャルダス姫」のインゲ・リストとパウル・ケンプ、「女王様御命令」のパウル・ハイデマン等である。音楽はプッチーニのものを用いず、新進のフランツ・デーレが作曲し、指揮に任じた。キャメラは「真紅の恋(1933)」「今宵こそは」のフリッツ・アルノ・ワグナーの担当。

監督
ゲルハルト・ランプレヒト
出演キャスト
ケーテ・フォン・ナギ ヴィリー・フリッチ ウィリー・シェーファース レオポルディーネ・コンスタンチン
1933年

国際間諜団

  • 1933年
  • 監督

「あかつき」「白日鬼」のハンス・アルバース、「青春の海」「ボートの八人娘」のカリン・ハルト、「恋は終りぬ」のアルバート・バッサーマン、「たそがれの維納」のオルガ・チェホーワが主演する映画。「黒騎士」「陽気な王子様」のフィリップ・ロタール・マイリングが脚本を書卸ろし「桃源郷」「黒騎士」のゲルハルト・ランプレヒトが監督に当たったもの。助演者は「陽気な王子様」のヘルマン・シュピールマンス、「ヴェニスの船唄」のヒューバート・フォン・マイヤーリンク、「あかつき」のハンス・アダルベルト・フォン・シュレットー、「サンモリッツの乙女達」のワルター・リラ、ローゼ・シュトラドナー、テオドル・ロース等。撮影はエドゥアルト・ヘーシュの担任である。

監督
ゲルハルト・ランプレヒト
出演キャスト
ハンス・アルバース カリン・ハルト アルバート・バッサーマン オルガ・チェホーワ

真紅の恋(1933)

  • 1933年
  • 監督

「黒騎士」「少年探偵団」のゲルハルト・ランプレヒトが監督した映画で、「南の哀愁」「アトランティド」のブリギッテ・ヘルムが「愛国者」のカール・ルドウィッヒ・ディールと共に共演するもの。脚本はゲオルグ・C・クラーレンがハーバート・ユットケと協力して書き、撮影は「今宵こそは」と同じくフリッツ・アルノ・ワグナーとロベルト・バベルスケが共同担当した。助演者は「第二の人生」のエドゥアルト・フォン・ヴィンターシュタイン、「黒騎士」のギュンター・ハダンク、「ボートの八人娘」のテオドル・ロース、「私と女王様」のユリウス・ファルケンシュタイン、「愛国者」のハリー・ハルト、エルンスト・デュムケ、オスカー・ホモルカ等である。

監督
ゲルハルト・ランプレヒト
出演キャスト
カール・ルドウィッヒ・ディール ブリギッテ・ヘルム エドゥアルト・フォン・ヴィンターシュタイン ギュンター・ハダンク
1932年

黒騎士(1932)

  • 1932年
  • 監督

「会議は踊る」「最後の中隊」のコンラート・ファイトと「眠れよ我が子」のマディ・クリスチャンスが主演する映画で、「少年探偵団」のゲルハルト・ランプレヒトが監督に当ったもの。原作はレオ・レンツの小説で、「銀嶺征服」のクルト・J・ブラウンとフィリップ・ロタール・マイリングが脚色に協力し、撮影には「女人禁制」「ガソリン・ボーイ三人組」のフランツ・プラナーが当った。助演者は「踊る奥様」のヴォルフ・アルバッハ・レティーー、新進のウルスラ・グラブレイ、「会議は踊る」のオット・ワルブルク、「ジーグフリード」のベルンハルト・ゲツケ、「罪と罰(1923)」のグレゴリー・クマラという堂々たる顔ぶれである。

監督
ゲルハルト・ランプレヒト
出演キャスト
コンラート・ファイト マディ・クリスチャンス ヴォルフ・アルバッハ・レティー ベルンハルト・ゲツケ
1931年

少年探偵団

  • 1931年
  • 監督

かつて「第五階級」を作ったゲルハルト・ランプレヒトの監督作品で、ギュンター・シュタペンホルストが製作したものである。原作はエリッヒ・ケストナーの有名な少年小説でその映画脚色には「女王様御命令」「人間廃業」のビリー・ワイルダーが当たった。主役を演ずるのは「ヒットラー青年」のロルフ・ヴェンクハウスと「三文オペラ」「カラマゾフの兄弟」のフリッツ・ラスプとの二人で、これを助けて古参女優のケーテ・ハーク、かつては監督だったルドルフ・ビーブラッハ、その他ハンス・シャウフス、インゲ・ランドグート、ハンス・リヒター、等の少年俳優が出演している。撮影は「ムーラン・ルージュ」「ワルツの夢」のウェルナー・ブランデスで、なおこの映画にはアラン・グレイが作曲している。

監督
ゲルハルト・ランプレヒト
出演キャスト
ロルフ・ヴェンクハウス ケーテ・ハーク フリッツ・ラスプ ハンス・シャウフス
1925年

第五階級

  • 1925年
  • 監督

伯林の有名な漫画家ハインリッヒ・ティレ氏の描いた多くの画を題材として、ハイルボルン・ケルビッツ氏が映画脚色をし、新進監督の名のあるゲルハルト・ランプレヒト氏が監督製作した社会劇で、「ジーグフリード」「クリームヒルトの復讐」に出演したベルンハルト・ゲツケ氏「街」「海賊ピエトロ」に出演したアウド・エゲデ・ニッセン嬢が主演その他アルトゥール・ベルゲン氏、エドワード・ロトハウゼル氏、マディ・クリスチャンス嬢等の知名の俳優が助演をしている。全篇到る所にティレの画を彷佛させる場面が点綴されている。無声。

監督
ゲルハルト・ランプレヒト
出演キャスト
ベルンハルト・ゲツケ パウル・ビルト マルガレーテ・クップァー アウド・エゲデ・ニッセン
1924年

誘惑(1924)

  • 1924年
  • 監督

F・カールセン氏とイヴァン・シュミット氏の原作に基き、ゲルハルト・ランプレヒト氏の監督したもので、主役は「スワリン姫」「コーカサスの春」等出演のクセニア・デスニ嬢である。相手にはフリッツ・アルベルティ氏、エルシー・フラー嬢等の新顔が出演している。無声。

監督
ゲルハルト・ランプレヒト
出演キャスト
クセニア・デスニ フリッツ・アルベルティ エルシー・フラー ヒューゴー・ワーナー・カール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ゲルハルト・ランプレヒト