映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・エイガー

年代別 映画作品( 1950年 ~ 1990年 まで合計15映画作品)

1990年

ミラクル・マイル

  • 1990年6月9日(土)公開
  • 出演

ふとしたことで核戦争が起きることを知った青年のとまどいと愛をサスペンス・タッチで描くパニック映画。製作はジョン・デイリーとデレク・ギブソン、監督・脚本はスティーヴ・デジャネット、撮影はテオ・ヴァン・デ・サンデが担当。出演はアンソニー・エドワーズ、メア・ウィニンガムほか。

監督
スティーヴ・デ・ジャネット
出演キャスト
アンソニー・エドワーズ メア・ウィニンガム ジョン・エイガー ルー・ハンコック
1967年

渡り者

  • 1967年6月24日公開
  • 出演(George_Gates 役)

ハリー・サンフォードとマックス・ラムの共作西部小説『エンポリア』をスティーヴ・フィッシャーが脚色し、R・G・スプリングスティーンが監督した。撮影はロバート・ピッタック、音楽はジミー・ハスケルが担当。出演はハワード・キール、ジェーン・ラッセル、ジョン・スミス、ウェンデル・コーリー、ブライアン・ドンレヴィほか。

監督
R・G・スプリングスティーン
出演キャスト
ハワード・キール ジェーン・ラッセル ブライアン・ドンレヴィ ウェンデル・コーリー
1965年

西部の愚連隊

  • 1965年4月21日公開
  • 出演(Dawson 役)

ジェームズ・キャグニーの原案を、スティーヴ・フィッシャーが脚色、TV出身のクリスチャン・ナイビーが監督した西部劇。撮影は「底抜け行ったり来たり」のハスケル・ボッグス、音楽はポール・ダンラップが担当した。出演は「レースに賭ける男」のロリー・カルホーン、「死の谷」のヴァージニア・メイヨ、「荒野の駅馬車」のロン・チャニー、ジョン・エイガー、リチャード・アレンほか。製作はA・Cライルズ。

監督
クリスチャン・ナイビー
出演キャスト
ロリー・カルホーン ヴァージニア・メイヨ ロン・チャニー ジョン・エイガー
1964年

荒野の駅馬車

  • 1964年10月21日公開
  • 出演(Dan_Carrouthers 役)

チャールズ・ウォレスのオリジナル・シナリオを「早射ちロジャース」のウィリアム・F・クラクストンが演出した西部劇。撮影は「底抜けオットあぶない」のW・ウォーレス・ケリー、音楽はポール・ダンラップが担当した。出演は「戦略空軍命令」のバリー・サリヴァン、「腰抜けM・P」のマリリン・マクスウェル、スコット・ブラディ、ロン・チャニーほか。製作はA・C・ライルズ。

監督
ウィリアム・F・クラクストン
出演キャスト
バリー・サリバン マリリン・マックスウェル スコット・ブラディ ロン・チャニー

早射ちロジャース

  • 1964年2月29日公開
  • 出演(Pete_Stone 役)

スティーヴ・フィッシャーのシナリオを、TV「ボナンザ」のウィリアム・F・クラクストンが演出した西部劇。製作はTV「ローハイド」のA・C・ライルズ、撮影はレスター・ショアが担当した。出演者は「大酋長」のデール・ロバートソン、「マクリントック」のイヴォンヌ・デ・カーロ、「死の脱獄者」のウィリアム・ベンディックス、「ハタリ!」のブルース・キャボット、「硫黄島の砂」のジョン・エイガーの他、ビル・ウィリアムズ、ケント・テイラー、リチャード・アーレンなど。

監督
ウィリアム・F・クラクストン
出演キャスト
デイル・ロバートソン イヴォンヌ・デ・カーロ ウィリアム・ベンディックス ブルース・キャボット
1963年

情事の曲り角

  • 1963年公開
  • 出演(Gus_Cole 役)

ヴィクター・ストロッフとジャックィーン・デレサートのストーリーをラスロ・ゴログの協力を得てリチャード・ラッシュが脚色・演出した女性ドラマ。撮影はアレックス・フィリップス、音楽はロナルド・スタインが担当した。サミー・デイヴィス・ジュニアがテーマ・ソングを歌う。製作はヴィクター・ストロッフ。出演は「ベルリン特急」のマール・オベロン、「史上最大の作戦」のクルト・ユルゲンス、「悪いやつ」のスティーヴ・コクラン、ほかにジョン・エイガー、スティーヴ・ブロディなど。

監督
リチャード・ラッシュ
出演キャスト
マール・オベロン スティーヴ・コクラン クルト・ユルゲンス ジョン・エイガー
1957年

東京特ダネ部隊

  • 1957年8月7日公開
  • 出演(Sgt.Dick Mason 役)

日本進駐アメリカ軍の内幕と彼らの接触する日本人を描いた喜劇。原作はエヴァン・ワイリーとジャック・ルウジの共作の3幕ものの部隊劇、これを日本の実情を調査の上、サイ・ゴムバーグ、ジャック・シャー、マリオン・ハーグローブの3人が脚色した。監督は「暴力には暴力だ!」のジェシー・ヒッブス、撮影監督は、「命知らずの男」のアーヴィング・グラスバーグ、音楽監督は「悪魔に支払え!」のジョセフ・ガーシェンソン。主演は「与太者時代」のオーディ・マーフィ、「狙われた女」のジョージ・ネイダー、「ガラスの靴」のキーナン・ウィン、「G・Iジョー」のバージェス・メレディス。日本側から志摩桂子、斎藤達雄、比嘉令子、島崎千鶴など。56年7、8月、大部分を日本で撮影した。

監督
ジェシー・ヒッブス
出演キャスト
オーディ・マーフィ ジョージ・ネイダー キーナン・ウィン バージェス・メレディス

総攻撃

  • 1957年5月1日公開
  • 出演(Lt.Loe_Mallory 役)

ノルマンディー上陸作戦に従軍した米軍中隊を描く戦記もの。ジョセフ・I・ブリーン・ジュニアの原作をバーナード・ジラードと「全艦発進せよ!」のテッド・シャーデマンが共同脚色、「語らざる男」のリュイス・シーラーが監督した。撮影は「西部の王者 ローン・レンジャー」のエドウィン・B・デュパー、音楽はウィリアム・ラヴァ。主演は「百万弗の人魚」のデイヴィッド・ブライアン、「タランチュラの襲撃」のジョン・エイガー、「死刑か裏切か」のフランク・ラヴジョイ、紅一点として「美しき被告」のスーザン・ダルバート。

監督
ルイス・サイラー
出演キャスト
デイヴィッド・ブライアン ジョン・エイガー フランク・ラヴジョイ スーザン・ダルバート
1956年

世紀の怪物 タランチュラの襲撃

  • 1956年4月1日公開
  • 出演(Matt_Hastings 役)

“タランチュラ”という名の毒蜘蛛―長篇記録「砂漠は生きている」に登場―の脅威と秘薬の発明を中心とした空想科学映画。「ボスを倒せ!」のジャック・アーノルドとロバート・M・フレスコのストーリーから、「ボスを倒せ!」のマーティン・バークレイとフレスコが共同脚色し、ジャック・アーノルドが監督した。撮影は「四角いジャングル」のジョージ・ロビンソン、音楽は「六番目の男」のジョセフ・ガーシェンソンが担当している。主な出演者は「黄色いリボン」のジョン・エイガー、新星マラ・コーデイ、「俺達は天使じゃない(1955)」のレオ・G・キャロル、ネスター・ペイヴァなど。ウィリアム・アランド製作。

監督
ジャック・アーノルド
出演キャスト
ジョン・エイガー マラ・コーディ レオ・G・キャロル ネスター・ペイヴァ
1954年

死の砂塵

  • 1954年6月13日公開
  • 出演(Bill_Shear 役)

「赤い風車」のアンソニー・ヴェイラーが1951年に製作した西部劇で、「欲望の砂漠」のウォルター・ドニガーのストーリーをドニガーと「青いヴェール」のルイス・メルツァーーが共同で脚色、「サスカチワンの狼火」のラウル・ウォルシュが監督した。撮影は「白熱(1949)」のシド・ヒコックス、音楽デイヴィッド・バトルフ。「想い出」のカーク・ダグラスと「地獄の狼」のヴァージニア・メイオが主演し、以下「アパッチ砦」のジョン・エイガー、「西部の掠奪者」のウォルター・ブレナン、レイ・ティール、ヒュー・サンダースらが助演する。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
カーク・ダグラス ヴァージニア・メイヨ ジョン・エイガー ウォルター・ブレナン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・エイガー