TOP > 映画監督・俳優を探す > ベニ・フューラー

年代別 映画作品( 1932年 ~ 1932年 まで合計3映画作品)

1932年

白き王者

  • 1932年
  • 出演(Veit 役)

「金の氷河」と同じくグスタフ・ディースル主演、アントン・クッター監督に成るもので、相手役は「黒衣の処女」「卒業試験(1933)」のヘルタ・ティーレが勤め、「ウィリアム・テル(1933)」のカール・デ・フォークト、「金の氷河」のステファン・ブレッツァー、ベニ・フューラー及びヴェルナー・デュビー、其の他マックス・ワイトナー、リヒャルト・レヴィ等が助演している。原作脚色には監督者クッターが当たり、キャメラも「金の氷河」のオットー・マルティニが担当している。

監督
アントン・クッター
出演キャスト
グスタフ・ディースル ヘルタ・ティーレ ベニ・フューラー マックス・ワイトナー

金の氷河

  • 1932年
  • 出演(Wisi 役)

「怪人マブゼ博士(1932)」「熱沙の女王」のグスタフ・ディースルが主演する映画で、ヒューバート・ザゲットが脚本を書き、アントン・クッターが監督に当り、グスタフ・ヴァイスとオットー・マルティニが共同して撮影したもの。音楽はペーター・クロイダーが編曲した。助演者はステファン・ブレッツァー、ベニー・フューラー、クルト・ホルウィッツ等である。

監督
アントン・クッター
出演キャスト
グスタフ・ディースル ステファン・ブレッツァー ベニ・フューラー クルト・ホルウィッツ

青の光

  • 1932年
  • 出演(Tonio 役)

ドロミーテン山岳地方に伝わる伝説にヒントを得て映画化したもので主演者は「白銀の乱舞」「モンブランの嵐」のレニ・リーフェンシュタールである。監督はリーフェンスタール自身が批評家として小説家として知られるベラ・バラージュの協力によって当たり、キャメラを「死の銀嶺」「モンブランの嵐」のハンス・シュネーベルガーが受け持った。助演者はマチアス・ヴィーマン、マックス・ホルスベール、ベニ・フューラーなどの面々。

監督
レニ・リーフェンシュタール ベラ・バラージュ
出演キャスト
レニ・リーフェンシュタール マチアス・ヴィーマン マックス・ホルスベール ベニ・フューラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ベニ・フューラー

ムービーウォーカー 上へ戻る