映画-Movie Walker > 人物を探す > レナーテ・ミュラー

年代別 映画作品( 年 ~ 1936年 まで合計7映画作品)

1936年

ひめごと(1936)

  • 1936年
  • 出演(Viola 役)

「マヅルカ」に次ぐヴィリ・フォルストの監督作品で、シナリオはフォルスト自身がヨッヘン・フートと協力して書卸したもの。「たそがれの維納」「旅順港」のアドルフ・ウォールブリュック、「ワルツ合戦」「カルメン狂想曲」のレナーテ・ミュラー、「春のいざなひ」のイェニー・ユーゴー、「狂乱のモンテカルロ」「私と女王様」のハインツ・リューマン、以上の四人が主演し、これを助けて「モード巴里」「紅天夢」のヒルデ・ヒルデブラント、その他が出演している。キャメラは「タイタニック」のテッド・パールと「コスモポリス」のヴェルナー・ボーネとが担任し、音楽は「ジャンダーク」「マヅルカ」のペーター・クロイダーで、演奏には、ゴルデネ・ジーベン、オスカー・ヨースト、トフィア三楽団が出演している。

監督
ヴィリ・フォルスト
出演キャスト
アドルフ・ウォールブリュック ハインツ・リューマン レナーテ・ミュラー イェニー・ユーゴー
1933年

カルメン狂想曲

  • 1933年
  • 出演(Susanne Lohr 役)

「ワルツ合戦」「カイロの結婚」のレナーテ・ミュラー、「青い木の実」のへルマン・ティミッヒ、「ワルツ合戦」「たそがれの維納」のアドルフ・ウォールブリュックが主演し、「カイロの結婚」「お洒落王国」のラインホルト・シュンツェルが原作脚色監督に当たったオペレット映画で、撮影は「マヅルカ」「狂乱のモンテカルロ」のコンスタンチン・チェット、音楽は「桃源郷」のフランツ・デーレがそれぞれ担当している。助演俳優は「ベロニカの花束」のヒルデ・ヒルデブラント「浮き雲」のフリーデル・ピーゼッタ、「ジャンダーク」のアリベルト・ヴェッシャー、フリッツ・オデマー等である。

監督
ラインホルト・シュンツェル
出演キャスト
レナーテ・ミュラー ヘルマン・ティーミッヒ アドルフ・ウォールブリュック ヒルデ・ヒルデブラント

ワルツ合戦

  • 1933年
  • 出演(Kati 役)

「カイロの結婚」「モード巴里」のレナーテ・ミュラーと「カイロの結婚」「私は昼あなたは夜」のヴィリー・フリッチとが主演し「私は昼あなたは夜」と同じくルドウィッヒ・ベルガーが監督したウーファ社の大作たる音楽映画である。脚本は「狂乱のモンテカルロ」のハンス・ミューラーと「会議は踊る」のロベルト・リープマンとが合作したもので、撮影は「会議は踊る」のカール・ホフマン、音楽は「別れの曲」のアロイス・メリヒャル、がそれぞれ担当した。助演者の重なるものは「会議は踊る」「春のパレード」のパウル・ヘルビガー、「たそがれの維納」のアドルフ・ウォールブリュックを始めとして、ハンガリー生れのローゼ・バルゾニー、「カラマゾフの兄弟」のハンナ・ヴァーグ、「春のパレード」のテオ・リンゲン、「巴里-伯林」のカール・ステパネック等の面々である。

監督
ルドウィッヒ・ベルガー
出演キャスト
アドルフ・ウォールブリュック レナーテ・ミュラー ヴィリー・フリッチ パウル・ヘルビガー

カイロの結婚

  • 1933年
  • 出演(Stefanie 役)

「お洒落王国」と同じくラインホルト・シュンツェルが監督し、ギュンター・シュタペンホルストが製作した映画で、主演は「神々の寵児」のレナーテ・ミュラーと「ブロンドの夢」「お洒落王国」のウィリー・フリッチュとの二人である。脚本は「モナ・リザの失踪」と同じくワルター・ライシュが書卸し、そして「朝やけ」「トンネル」のカール・ホフマンが撮影を担任、「ブロンドの夢」「勝利者」のウェルナー・R・ハイマンが作曲を担任した。助演者の主なる者は「恋の日曜日」のグスタフ・ヴァルダウ、「激情の嵐」のアントン・ポイントナー、「南の哀愁」のヤコブ・ティートケ、レオポルディーネ・コンスタンチン、等である。

監督
ラインホルト・シュンツェル
出演キャスト
グスタフ・ヴァルダウ レナーテ・ミュラー レオポルディーネ・コンスタンチン ヴィリー・フリッチ
1930年

神々の寵児

  • 1930年
  • 出演(Agathe 役)

「嘆きの天使」につぐエミール・ヤニングスの主演映画で脚本組立は「嘆きの天使」「悪魔の寵児」のロベルト・リープマン、「最後の歌」「モンテ・カルロ」のハンス・ミューラーの二人が協力してあたり、監督は「ニーナ・ペトロヴナ」「悲歌」のハンス・シュワルツが受け持ち、撮影は「嘆きの天使」「悲歌」のギュンター・リッタウが担当した。助演者は舞台出のレナーテ・ミューラー、「トロイカ(1930)」「美はしの人生」のオルガ・チェホーワ、「嘆きの天使」のエドゥアルト・フォン・ヴィンターシュタイン、ハンス・モスターなどの顔ぶれ。

監督
ハンス・シュワルツ
出演キャスト
エミール・ヤニングス レナーテ・ミュラー オルガ・チェホーワ ハンス・モスター

拳闘王(1930・ドイツ)

  • 1930年
  • 出演(His Daughter Hild 役)

ドイツの生んだ世界的重量拳闘選手として知られているマックス・シュメリングが主演する映画である。マックス・グラスの書いたストーリーからフリッツ・ロッターが脚色し「王城鬼バルサモ」「パッション(1919)」に出演したラインホルト・シュンツェルが監督し、ニコラス・ファルカシュが撮影した。主役を助けて舞台出のレテーナ・ミューラー、「トロイカ(1930)」「ムーラン・ルージュ」のオルガ・チェホーワ、「嘆きの天使」のクルト・ゲロン、「東洋の秘密」のユリウス・ファルケンシュタイン、ルドルフ・ビーブラッハが出演する。

監督
ラインホルト・シュンツェル
出演キャスト
マックス・シュメリング フリーダ・リヒャルト ルドルフ・ビーブラッハ レナーテ・ミュラー

モード巴里

  • 出演(Nelly 役)

ブルーノ・ドゥダイが製作した作品で「神々の寵児」「カイロの結婚」のレナーテ・ミュラーと「南の哀愁」のゲオルク・アレクサンダーとが主演し、監督には「銀嶺征服」のフランツ・ウェンツラーが当たった映画である。原作はルドルフ・エガーの戯曲で、「黒騎士」のフィリップ・ロタール・マイリングがフリードリッヒ・ツェッケンドルフと協力してこれから映画用の脚本を書卸した。助演者の主なるものは「会議は踊る」「今宵こそは」のオットー・ヴァルブルグを始めとして「お洒落王国」のクルト・ヴェスパーマン、「秋の女性」のヒルデ・ヒルデブラント、イルゼ・コルセック、等の人々である。撮影はウェルナー・ブランデス、音楽はハンス・オットー・ボルクマンの担任。なお映画中、パリのミジネット諸嬢が大勢出演している。

監督
フランツ・ウェンツラー
出演キャスト
ヒューバート・フォン・マイヤーリンク ゲオルク・アレクサンダー ゲルトルード・ヴィーレ ワルター・スタインベック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レナーテ・ミュラー