映画-Movie Walker > 人物を探す > オスカー・アッフェル

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1937年 まで合計52映画作品)

1930年

戦争と貞操(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(Major_Ivanoff 役)

「女は嘘つき」「ヴァージニアン(1929)」等のウォルター・ヒューストン、「恋愛運動場」「命を賭ける男(1930)」等のケイ・フランシス、「愛の爆笑」「最後の一人」等のケネス・マッケンナの共演の映画で、「西部戦線異状なし」のダイアローグ監督たりし、ジョージ・キューカーと「アパートの殺人」等のルイ・ガスニエとが共同監督している。ラヨス・ジラーイの戯曲「将軍」をば、マーティン・ブラウンが脚色し、「空中大曲芸団」のデイヴィッド・エーベルが撮影した。「ヴァージニアン(1929)」のヴィクター・ポーテル、「テキサス無宿」等のオスカー・アッフェル等がいづれも助演している。

監督
ジョージ・キューカー ルイ・ガスニエ
出演キャスト
ウォルター・ヒューストン ケイ・フランシス ケネス・マッケンナ ポール・カヴァナー

テキサス無宿

  • 1930年当年公開
  • 出演(Abner_Thacker 役)

「七日間の休暇」「勇者ならでは」に次ぐゲイリー・クーパー氏の主演映画で、オー・ヘンリー作の短篇を「命を賭ける男(1930)」の原作者オリヴァー・H・P・ギャレット氏が改作しダニエル・N・ルービン氏が脚色し、「巨人」「命を賭ける男(1930)」のジョン・クロムウェル氏が監督、「ロマンスの河」「撮影所殺人事件」のヴィクター・ミルナー氏が撮影したもの。相手役は「恋の素顔」「サンダーボルト(1929)」主演のフェイ・レイ嬢が勤め、「導火線」のエマ・ダン嬢「半分天国」のオスカー・アッフェル氏「エヴァンジェリン(1929)」のジェームズ・マーカス氏等が助演している。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ゲイリー・クーパー フェイ・レイ エマ・ダン オスカー・アッフェル
1929年

輝く天国

  • 1929年当年公開
  • 出演(German_General 役)

「サンライズ」「無実の罪」のジョージ・オブライエン氏と「大河の奇賊」「愛に飢えて」のロイス・モーラン嬢とが「三人水兵恋行脚」に於けると同じく共演する映画で、C・E・モンティグ氏が雑誌に発表した物語“udithをドワイト・カミンス氏が映画向きに改作し、「離婚結婚」「水陸狂走楽」と同じくジェームズ・ティンリング氏がフォックス社に於ける第4回目作品として監督したものである。オスカー・アッフェル氏、フィリップス・スモーリー氏、ヘドゥィヒ・ライヘル氏等が助演する。

監督
ジェームズ・ティンリング
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ロイス・モラン フィリップス・スモーリー オスカー・アッフェル

キャバレーの秘話

  • 1929年当年公開
  • 出演(Canfield 役)

「懐しのアリゾナ」「熱沙果つる所」と同じくアーヴィング・カミングス氏の監督作品でウォーレス・スミス氏の原作から「街の天使」「クリスティナ」のマリオン・オース女史が脚色した。主役を演ずるのは「母ぞよく知る」「空中サーカス」のルイズ・ドレッサー夫人で他に「赤い酒」「無頼漢(1928)」のジューン・コリアー嬢、アラン・レーン氏、オスカー・アッフェル氏、ポール・ニコルソン氏等が助演している。キャメラは「紅の踊」「極北恋の滑走」のチャールズ・クラーク氏が担任。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
ルイズ・ドレッサー ジューン・コリアー アラン・レーン オスカー・アッフェル

恋の走馬燈

  • 1929年当年公開
  • 出演(Max_North 役)

「躍る青春」「気まぐれ女優」「乙女よ純なれ」と同じくウィリアム・サイター氏が監督したコリーン・ムーア情主演映画で、ムーア情最初の100パーセント発声映画である。「気まぐれ女優」「船頭さん可愛や」のトム・ジェー・ジェラティ氏が脚本及び脚色を書き下ろし、ムーア嬢附のカメラマン、シド・ヒコックス氏がヘンリー・フロイリッヒ氏と共同撮影した。助演者は「四人の息子(1928)」「艦隊入港」のジェームズ・ホール氏を始め、アギー・ヘリング嬢、クロード・ギリングウォーター氏、ロバート・ホーマンス氏、ベティー・フランシスコ嬢エドワード・アール氏等である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
コリーン・ムーア ジェームズ・ホール クロード・ギリングウォーター ロバート・ホーマンス

半分天国

  • 1929年当年公開
  • 出演(Manager 役)

「楽屋行進曲」と同じくジョージ・アボット氏の監督作品でヘンリー・L・ゲーツ氏原作の小説からアボット氏自身が脚色したもの。主演者は「青春の幻想」「ロマンスの河」のチャールズ・バディー・ロジャース氏と「恋のデパート」「グリーン家の惨劇」のジーン・アーサー嬢。ほかに「店曝しの天使」のポール・ルーカス氏、フレディー・アンダーソン氏、ヘレン・ウェヤー嬢等が出演している。撮影はジョージ・ラング・ジュニアの担任。

監督
ジョージ・アボット
出演キャスト
チャールズ・バディー・ロジャース ジーン・アーサー ポール・ルーカス ヘレン・ウェーア
1928年

暗黒街のローマンス

  • 1928年当年公開
  • 出演(Champagne_Joe 役)

アーヴィング・カミングスが「闇より光へ」の姉妹篇として作った映画で、ポール・アームストロングの舞台劇に基づき、シドニー・ランフィールドとダグラス・Z・ドーティーが脚本を書き下ろした。主演は「闇より光へ」のメアリー・アスターで、共演は「新人の天地輝く」のジョン・ボールズ、「愛はひとすじ」のベン・バード、「乙女よ純なれ」のロバート・エリオット、「ショウ・ダウン」のヘレン・リンチ、それに監督として知られているオスカー・アッフェル。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
メアリー・アスター ベン・バード ロバート・エリオット ジョン・ボールズ
1924年

恋盜人

  • 1924年当年公開
  • 監督

フレッド・マイトン氏の小説「エンゼルの顔をしたモリー」に基づきトム・ホプキンス氏が脚色し、「パリは懲り懲り」「恥かしの告白」と同じくオスカー・アッフェル氏の監督したもの。主役は「恥かしの告白」「パリは懲り懲り」等と同じくヴァイオラ・ダナ嬢で、相手役は「魔海の髑髏島」「アダムス・リブ」等出演のミルトン・シルス氏、「汝の名は女」「愛国の喇叭」等出演のウォーレス・マクドナルド氏等で、ニューヨークの女賊をヒロインにした筋である。

監督
オスカー・アッフェル
出演キャスト
ヴァイオラ・ダナ ミルトン・シルス ガートルード・クレアー ウォーレス・マクドナルド
1923年

恥かしの告白

  • 1923年当年公開
  • 監督

リタ・ウィーマン女史の原作になる「関係者各位へ」“To Whom It May Concern”という小説に基づき、レックス・テイラー氏が脚色し「パリは懲り懲り」等と同じくオスカー・アッフェル氏が監督したもので、主役ヴァイオラ・ダナ嬢の対手は「男子怒れば」「怒涛の裁き」等出演のマルコーム・マクグレゴアー氏である。その他にもハントリー・ゴードン氏シリル・チャドウィック氏等が共演している。

監督
オスカー・アッフェル
出演キャスト
ヴァイオラ・ダナ マルコム・マッグレガー Edna Flagrat ハントリー・ゴードン

パリは懲り懲り

  • 1923年当年公開
  • 監督

ケイト・ジョーダン女史原作の小説なる“The Spirit of the Roarl”に基づき、ベイジル・ディッキー氏が脚色し、オスカー・アッフェル氏が監督したもの、主役は「待人来る」「恋の一太刀」等出演のヴァイオラ・ダナ嬢で、対手は「死の救援列車」等に出演し近頃売出しのワーナー・バクスター氏である。

監督
オスカー・アッフェル
出演キャスト
ヴァイオラ・ダナ ワーナー・バクスター メイベル・ヴァン・ビューレン テンプラー・ザクス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > オスカー・アッフェル