映画-Movie Walker > 人物を探す > オスカー・アッフェル

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1937年 まで合計52映画作品)

1931年

スーキー

  • 1931年公開
  • 出演(Krausmeyer 役)

「スキピイ」「王様ごっこ」と同じくノーマン・タウログが監督に当たった映画でストオリイは「スキピイ」の原作者パーシー・クロスビーの筆になるもの、それを「いんちき商売」「タッチ・ダウン」の監督者ノーマン・マクロードが「スキピイ」の時と同様にサム・ミンツ、ジョセフ・L・マンキーウィッツと協力して脚色し、「タッチ・ダウン」「いんちき商売」のアーサー・L・トッドが撮影を受け持った。主なる出演者は前作と同一、ジャッキー・クーパー、ロバート、クーガン始めジャッキー・サール、ヘレン・ジェローム・エディー、エニッド・ベネット、ウィラード・ロバートソン等である。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
ジャッキー・クーパー ロバート・クーガン ジャッキー・サール ウィラード・ロバートソン

特集社会面

  • 1931年公開
  • 出演(Hincheckiffe 役)

ルイ・ワイツェンコーンの手になる戯曲を「世界の與太者」のバイロン・モガンが映画劇に改作し「無冠の帝王」のロバート・ロードが脚色の筆をとり「犯罪王リコ」「女が第一」のマーヴィン・ルロイが監督したもので主なる出演者は「犯罪王リコ」「夜の大統領」のエドワード・G・ロビンソン、「悪魔スヴェンガリ」のマリアン・マーシュ、「リリオム」のH・B・ワーナー、アンソニー・ブッシェル、ジョージ・E・ストーン、オスカー・アッフェルなど。カメラは「繁昌娘」「プロ青年とブル娘」のソル・ポリートが担当。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
エドワード・G・ロビンソン H・B・ワーナー マリアン・マーシュ アンソニー・ブッシェル

繁昌娘

  • 1931年公開
  • 出演(Walter_Morley 役)

「キスメット(1930)」「楽園の路」のロレッタ・ヤングが主演する映画で、パトリシア・ライリーとハロルド・N・スワンソン合作のストーリーを「エロ大行進」「無冠の帝王」のロバート・ロードが脚色し、台詞をつけ、「君知るやわが悩み」「便利な結婚」のウィリアム・A・サイターが監督した。助演者は「マルタの鷹(1931)」のリカルド・コルテス、「最後の一人」のフランク・アルバートソン、「巴里選手」のドロシー・クリスティー等である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ロレッタ・ヤング フランク・アルバートソン リカルド・コルテス ジョーン・ブロンデル

マルタの鷹(1931)

  • 1931年公開
  • 出演(District_Attorney 役)

ダシール・ハメットの小説を映画化したもので脚色並びに台詞はモード・フルトン、ブラウン・ホームズの2人があたり、監督は「スパイ(1930)」「近代エロ双紙」のロイ・デル・ルースが受持ち「四十八手の裏表」のウィリアム・リースが撮影した。主なる出演者は「近代エロ双紙」「愛の訪れ」のビービー・ダニエルススをはじめ「モンタナの月」「ハア・マン」のリカルド・コンテス、「コウモリは囁く」のユーナ・マーケル、ロバート・エリオット、ダッドリー・ディグス、セルマ・トッド、オットー・マテイーソン等々である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ビービー・ダニエルス リカルド・コルテス ダッドリー・ディグス ウナ・マーケル

無冠の帝王

  • 1931年公開
  • 出演(Managing_Editor 役)

「暁の偵察」「狼火」と同じくリチャード・バーセルメス主演する映画である。「暁の偵察」「つばさ」のジョン・モンク・ソーンダースとW・R・バーネット合作のストーリーからロバート・ロードが脚色し「恋の花園」「歓楽地帯」のジョン・フランシス・ディロンが監督したもので「国境の狼群(1930)」「喰人島征服」のフェイ・レイ、「キック・イン」のレジス・トゥーミー、クラーク・ゲーブル、「地獄の一丁目」のロバート・エリオット、オスカー・アフェル等が助演、カメラは「狼火」「便利な結婚」のアーネスト・ホーラーが担任。

監督
ジョン・フランシス・ディロン アーネスト・ホーラー
出演キャスト
リチャード・バーセルメス フェイ・レイ レジス・トゥーミー クラーク・ゲーブル

腕白大将

  • 1931年公開
  • 出演(Senior 役)

「トム・ソーヤーの冒険(1930)」の続篇として制作されたもので、同じくマーク・トウェインの原作小説に基いて同映画及び「砲煙」等と同じくグローヴァー・ジョーンズとウィリアム・スレイヴァンス・マクナットが共同脚色し「スキピイ」「王様ごっこ」のノーマン・タウログが監督し、「赤新聞」「戦争と貞操」のデイウィッド・エベルが撮影した。主演俳優は「トム・ソーヤーの冒険(1930)」そのままで、ジャッキー・クーガン、ジュニア・ダーキン、ミッチー・グリーン、ジャッキー・サールの四少年俳優で、助演者は「おしゃれ泥棒」のユージーン・パレット、「愛する権利(1930)」のオスカー・アッフェル、「トム・ソーヤーの冒険(1930)」のクララ・ブランディック及びジェーン・ダーウェル、その他クラレンス・ミューズ、シャーロット・ヘンリー等。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
ジャッキー・クーガン ジュニア・ダーキン ミッチー・グリーン ジャッキー・サール

紐育の歩道

  • 1931年12月31日公開
  • 出演(Judge 役)

「決死隊」「恋愛指南番」に次ぐバスター・キートン主演喜劇で、ジョージ・ランディーとポール・ジェラルド・スミスとが共同して書き下ろした台本により、短編喜劇の監督のジュールス・ホワイトとザイオン・マイヤースとが共同監督したもの。助演者は「決死隊」「有頂天時代(1930)」のクリフ・エドワーズ、「エロチック艦隊」「キートンのエキストラ」のアニタ・ペイジ、ノーマン・フィリップス・ジュニア、フランク・ロワーン、オスカー・アッフェル等である。キャメラは「エキストラ」以来のキートン喜劇全部と同じくレナード・スミスの擔任である。

監督
ジュールス・ホワイト ザイオン・マイヤース
出演キャスト
バスター・キートン アニタ・ペイジ クリフ・エドワーズ フランク・ローワン
1930年

愛する権利(1930)

  • 1930年公開
  • 出演(Mrs._Kellogg 役)

スーザン・グラスペルの小説「ブルック・エヴァンス」から「サラアと其の子」「夫無き妻」のゾー・エイキンスが脚色し「七日間の休暇」「ロマンスの河」のリチャード・ウォーレス、「アパートの殺人」「七日間の休暇」のチャールズ・ラングが撮影したもので、主役は「夫無き妻」「サラアと其の子」のルース・チャッタートン。助演者として「悪魔の日曜日」「若き翼」のポール・ルーカス、「恋愛戦線」のジョージ・バクスター、英国俳優のデイヴィッド・マナース、アーヴィング・ピチュルその他がつきあっている。

監督
リチャード・ウォーレス
出演キャスト
ルース・チャッタートン ポール・ルーカス デイヴィッド・マナース ジョージ・バクスター

スポイラース(1930)

  • 1930年公開
  • 出演(Struve 役)

「テキサス無宿」「ヴァージニアン(1929)」のゲイリー・クーパー氏主演映画で、かつて映画化されたことのあるレックス・ビーチ氏作の同名の小説に基いて「笑う女」「ベンスン殺人事件」のバートレット・コーマック氏が脚色し、「勇者ならでは」「拳の王者」のアグネス・ブランド・リー女史が台本を作り、「エヴァンジェリン(1929)」「復活(1927)」のエドウィン・カリュー氏が監督し、「悪魔の日曜日」「摩天楼の巨人」のハリー・フィッシュベック氏が撮影した。助演者は舞台出身のケイ・ジョンソン嬢、「グレイト・ガッポ」「ストリート・ガール」のベティー・カンプソン嬢、「ベンスン殺人事件」のウィリアム・ボイド氏、「アイスクリーム艦隊」「西部の星影(1930)」のハリー・グリーン氏、「西部戦線異状なし」のスリム・サマーヴィル氏、かつて監督者たりしジェームズ・カークウッド、オスカー・アッフェル、ロイド・イングレアム3氏である。

監督
エドウィン・カリュー
出演キャスト
ゲイリー・クーパー ケイ・ジョンソン ベティー・カンプソン ウィリアム・ボイド

世界の英雄

  • 1930年公開
  • 出演(Secretary_of_War_Stanton 役)

「男女の戦」「心の歌」に次いでD・W・グリフィスが監督した作品で、リンカーンの伝記を劇化せる映画。ジョン・W・コンシダイン・ジュニアがストーリーを執筆し、スティーブン・ヴィンセント・ベネットと前2作の脚色者ゲリット・ロイドが脚色、台詞を担当し、「スキピイ」「悪魔が跳び出す」のカール・ストラッスがクランクした。主役リンカーンには「戦争と貞操」「女は嘘つき」のウォルター・ヒューストンが扮し、「コウモリは囁く」のユーナ・マーケル、「トレスパサー」のケイ・ハモンドその他が助演している。

監督
D・W・グリフィス
出演キャスト
ルシル・ラ・ヴァーン ウィリアム・L・ソーン ヘレン・フリーマン オットー・ホフマン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > オスカー・アッフェル