映画-Movie Walker > 人物を探す > オスカー・アッフェル

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1937年 まで合計52映画作品)

1933年

昨日

  • 1933年公開
  • 出演(Mr._Lane 役)

「裏町」に次ぐジョン・M・スタール監督作品で、フレデリック・ルイス・アレン作の小説を素材として、アーサー・リッチマンとジョージ・オニールが脚色にあたり、ウィリアム・ハールバットが台詞を付けた。主役はブロードウェイ心身の舞台女優マーガレット・サラヴァンが勤め、「裏町」「母性」のジョン・ボールズと「晩餐八時」にも主演するゆえフローレンツ・ジーグフェルド夫人のビリー・バークが相手役を演じ、「夫婦戦線」「カイロの一夜」のレジナルド・デニー、「シマロン(1931)」「頓珍漢大勝利」のエドナ・メイ・オリヴァー、「海の密室」「ロシア探訪飛脚」のベニタ・ヒューム、「裏町」のジョージ・ミーカー及びジェーン・クライド、オンスロー・スティーヴンス、ウォルター・カトレット、ノール・フランシス、オスカー・アッフェルそのほか素晴らしいキャストである。撮影は「夜の世界」「戦く幻影」のメリット・B・ガースタッドが受け持っている。

監督
ジョン・M・スタール
出演キャスト
マーガレット・サラヴァン ジョン・ボールズ ビリー・バーク レジナルド・デニー

七時になると殺される

  • 1933年公開
  • 出演(Marsden 役)

「麦畑を奪う者」「歓呼の夜」のチェスター・モリスが「暁の砂漠」「水平さんはお人好し」のヴィヴィエン・オスボーンを相手に主演する映画で、「女性暴君」「快走艇」のラルフ・スペンスが書き下ろした台本により「劇場王ブラウン」のレイ・エンライトが監督し「武装ラグビー」のチャールズ・エドガー・シェーンバウムが撮影にあたった。助演者は「流行の王様」のフランク・マクヒュー、「シナラ」のヘンリー・スティーブンソン、「失踪者三万人」のアレン・ジェンキンス、「晩餐八時」のグラント・ミッチェル、チャールズ・ミドルトン等である。

監督
レイ・エンライト
出演キャスト
チェスター・モリス ヴィヴィエン・オスボーン フランク・マクヒュー アレン・ジェンキンス

銃弾の挑戦

  • 1933年公開
  • 出演(Bishop 役)

「巨盗団全滅」「夕陽の総攻撃」のティム・マッコイが主演する映画で、ホレース・マッコイの書卸し、「ダイナマイト(1937)」のフィリップ・E・ローゼンの監督によるもの。助演者は「ピストルと音楽」のシャーリー・グレイを始め、ヘンリー・ワズワース、オスカー・アッフェル、ウィーラー・オークマン等。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ティム・マッコイ シャーリー・グレイ ヘンリー・ワズワース オスカー・アッフェル

人生の行路(1933)

  • 1933年公開
  • 出演(John_Radford 役)

「南風」「夜間飛行」のライオネル・バリモアが出演する映画で、カザリン・ハヴィランド・テイラーの原作を「砂上の摩天楼」のレスター・コーヘンと「裸女と蝿」のサミュエル・オルニッツが共同脚色し、「かわいいアンニー」のジョン・S・ロバートソンが監督にあたった。助演は「一日だけの淑女」のメイ・ロブスン、「暁の耕地」のドロシー・ジョーダン、「南海の劫火(1932)」のジョエル・マクリー、「七万人の目撃者」のデイヴィッド・ランドー及び「濡れた拳銃」のフランセス・ディーで、その他にもジェームズ・ブッシュ、オスカー・アッフェル、子役バスター・フェルプスも出演している。撮影はジャック・マッケンジーの担当。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
ライオネル・バリモア メイ・ロブソン Letty McGinnis ジョエル・マクリー

バワリイ

  • 1933年公開
  • 出演(Mr._Rummel 役)

ワーナー・ブラザース社にあったダリル・フランシス・ザナックがユナイテッド・アーチスツ社長ジョゼフ・スケンクと共に起こした20世紀映画社第1回作品。マイケル・L・シモンズとベシー・R・ソロモン共作の小説により「仮面の男(1933)」「シマロン(1931)」のハワード・エスタブルックが、俳優であるジェームズ・グリースンと共同して脚色にあたり、「水兵上陸」「金髪乱れて」のラウール・ウォルシュが監督し「戦線の嵐」「暁の耕地」のバーニー・マクギルが撮影した。主演者は「酔いどれ船」「肉体」のウォーレス・ビアリー、「舗道」「深夜の紳士」のジョージ・ラフト、「僕の武勇伝」「紐育・ハリウッド」のジャッキー・ノーパーで、「キング・コング(1933)」「肉の蝋人形(1933)」のフェイ・レイを始め、舞台からのパート・ケルトン、リリアン・ハーマー、ハロルド・ヒューバー、フレッチャー・ノートン等である。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ジョージ・ラフト ジャッキー・クーパー フェイ・レイ

舗道

  • 1933年公開
  • 出演(Warden 役)

「お蝶夫人」「鉄窓と花束」と同じくマリオン・ガーリングが監督し、シルヴィア・シドニーが主演する映画で、「バッド・ガール」の原作者ヴィニャ・デルマーの原作をシドニー・ラザラスが改作し、「ブロンド・ヴィナス」「未亡人倶楽部」のS・K・ローレンと「六月十三日の夜」「空の花嫁」のアグネス・プランド・リーが共同脚色している。シドニーと共に「紐育の仇討」「暗黒街の顔役(1932)」のジョージ・ラフトが主演し、「七月の肌着」「大空の闘士」のリリアン・ポンド、舞台俳優のウィリアム・ハリガン、「犯罪都市(1931)」のクラレンス・ウィルソン、ロバート・マクウェード、チャールズ・ミドルトン、パーネル・プラット等が助演している。キャメラは「お化け大統領」「ミラクルマン(1932)」のデイヴィッド・エイベルの担当。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
シルヴィア・シドニー ジョージ・ラフト リリアン・ボンド ウィリアム・ハリガン

暴風の処女

  • 1933年公開
  • 出演(District_Attorney 役)

「歓呼の涯」「六月十三日の夜」のスティーブン・ロバーツ監督作品で、米国の人気作家ウィリアム・フォークナー作の小説に基いて「市街」「夜の看護婦」のオリヴァー・H.P.ギャレットが脚色に当たった。主役は「極楽特急」「闇に踊る(1932)」のミリアム・ポプキンスが勤め、「追いつめられた女」「巴里の丑満時」のジャック・ラルーを始め、「雨」「百米恋愛自由型」のウィリアム・ガーガン、「ミラクルマン(1932)」「お蝶夫人」のアーヴィング・ピチェル、「シマロン(1931)」「闇に踊る(1932)」のウィリアム・コリアー・ジュニア、「結婚双紙」のフローレンス・エルドリッジ、英国劇壇から招待されて来たガイ・スタンディング卿、「競馬天国」のジェームズ・イーグルス等が助演している。撮影は「暴君ネロ(1932)」「追いつめられた女」のカール・ストラッスの担任である。

監督
スティーブン・ロバーツ
出演キャスト
ミリアム・ホプキンス ジャック・ラルー ウィリアム・ガーガン フローレンス・エルドリッジ
1932年

海底マラソン

  • 1932年公開
  • 出演(Armstrong 役)

「ブラウン野球虎の巻」と同じくロイド・ベーコンが監督したジョー・E・ブラウン主演喜劇で、ウィリアム・B・ドヴァーの原作を「母」「拳闘のキャグネー」のロバート・ロードがボルトン・マロリイと共同して脚色した。助演者は「劇場王ブラウン」「軟派ガール」のジンジャー・ロジャース、「ドクターX」「二秒間」のプレストン・フォスター、「曉の耕地」のシーラ・テリー、アワー・ギャング喜劇に居たファリーナ、「緑の処女地」のグィン・ウィリアムス、ハリー・グリボン、オスカー・アッフェル、エドウィン・マクスウェル等で、キャメラは「ドクターX」のリチャード・タワースの担任である。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン ジンジャー・ロジャース プレストン・フォスター シーラ・テリー

七月の肌着

  • 1932年公開
  • 出演(Ed_W._Randolph 役)

「お蝶夫人」「ブロンド・ヴィナス」のケーリー・グラントと「紐育の仇討」「私の殺した男」のナンシー・キャロルが主演する映画で、「百万円貰ったら」「ふるさとの唄」のウィリアム・A・サイターが監督に当たった。原作はハーヴェイ・ファーガスンの小説で、「地下の雷鳴」のジョセフィン・ラヴェットと「天国爆撃隊」のジョセフ・モンキュア・マーチが改作し、「光に叛く者」「暁の偵察」のシートン・I・ミラーが脚色している。助演者は「白馬王国」「ふるさとの唄」のランドルフ・スコット「大空の闘士」のリリアン・ボンド、「拳骨大敵」のエドワード・ウッズ、グレイディ・サットン、オスカー・アッフェル等で、キャメラは「白馬大国」「タッチ・ダウン(1931)」のアーサー・L・トッドの兼任である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ケーリー・グラント ナンシー・キャロル ランドルフ・スコット エドワード・ウッズ

世界とその男

  • 1932年公開
  • 出演(Banker 役)

「鉄壁の男」「歓呼の涯」主演のジョージ・バンクロフトが「極楽特急」「明暗二人女」のミリアム・ホプキンスを相手に主演する映画で、「巨人」「赤新聞」「鉄壁の男」等のバンクロフト映画をものしたジョン・クロムウェルが監督に当たっている。フィリップ・ゼスカとエルンスト・スピッツ合作の舞台劇を映画化したもので脚色には「市街」「夜の看護婦」のオリヴァー・H・P・ギャレットが任じた。キャメラは「明暗二人女」「悪魔が跳び出す」のカール・ストラッスが受け持っている。助演者は「令女学」「拳闘のキャグネー」のアラン・モーブレイ、「シマロン(1931)」「特集社会面」のジョージ・E・ストーン、エメット・コリガン、ミッチェル・ルイス、オスカー・アッフェル、ハリー・コーディング等である。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ジョージ・バンクロフト ミリアム・ホプキンス アラン・モウブレイ ジョージ・E・ストーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > オスカー・アッフェル