TOP > 人物を探す > アイリーン・フランクリン

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1938年 まで合計7映画作品)

1938年

ブラウンの山賊狩

  • 1938年
  • 出演(Hattie 役)

「豪傑ブラウン」「ブラウンの空中戦」のジョー・E・ブラウンが主演する映画で、ダン・ジャーデットとA・ドリアン・オトヴォスが協力書卸したオリジナルを「暗黒街全滅」のジョセフ・モンキュア・マーチ、「豪傑ブラウン」のチャールズ・メイソン、「ブラウンの誕生日」のハリー・クローク及びエセル・ラ・ブランシュが協力して脚色し「夜間裁判」「ダム地獄」のフランク・マクドナルドが監督に当り、「豪傑ブラウン」のジョージ・シュナイダーマンが撮影した。助演者は「地球を駆ける男」「歌へ陽気に」のレオ・カリーロ、「大森林」のビヴァリー・ロバーツ、「犯罪集団」のウィン・ギブソン、「踊る海賊(1936)」のステフィ・デュナその他。

監督
フランク・マクドナルド
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン レオ・カリーロ ビヴァリー・ロバーツ ウィン・ギブソン
1937年

深夜のマドンナ

  • 1937年
  • 出演(Cafe_Proprietor 役)

「黎明の丘(1937)」「浮気名女優」のウォーレン・ウィリアムと映画初出演の舞台女優マディー・コレルとが主演する映画で、デイヴィッド・ボームの原作を「黎明の丘(1937)」のドリス・マロイと「懐かしのケンタッキイ(1935)」のグラディス・レーマンが協力脚色し、「盲目の飛行士」「上海」のジェームズ・フラッドが監督に当たり、「爆破光線」ロバート・ピッタックが撮影した。助演者は新子役キティー・クランシー、「テキサス決死隊(1936)」のエドワード・エリス、「爆破光線」のロバート・ボールドウィン、ジョナサン・ヘイルその他である。

監督
ジェームズ・フラッド
出演キャスト
ウォーレン・ウィリアム マディー・コレル キティー・クランシー エドワード・エリス
1936年

少年ドン・キホーテ

  • 1936年
  • 出演(Plossie 役)

若き新人エリーナ・ウィットニー「麦秋」のトム・キーン、「永遠に愛せよ」のディッキー・ムーア及びヴァージニア・ワイドラー、「薔薇はなぜ紅い」のエリザベス・パターソンが共演する映画で、ケイト・ダグラス・ウィギン作の小説に基いてヴァージニア・ヴァン・アップ、ドア・シャープ及びギルバート・W・プラットが脚色し、「最後の駐屯兵」「無電非常線」のチャールズ・バートンが監督に当たり、「ピストルと音楽」のハリー・フィッシュベックが撮影したもの。助演は「白い友情」のサミュエル・S・ハインズ及びエスター・デール、「航空十三時間」のペニー・バートレット、「男の敵」のJ・M・ケリガン、「南国の河唄」のアイリーン・フランクリン、子役サリー・マーティン等。

監督
チャールズ・バートン
出演キャスト
ディッキー・ムーア ヴァージニア・ワイドラー エリノア・ウィットニー トム・キーン
1935年

諾?否?

  • 1935年
  • 出演(Mme._Marie 役)

「悪夢」「逆間諜」のマーナ・ロイが「舗道の殺人」「ダンテの地獄編」のスペンサー・トレイシーを相手に主演する映画で、ジェームズ・エドワード・グラントの原作を「ターザンの復讐」のハワード・エメット・ロジャースが脚色し、「オペラは踊る」、「逆間諜」のサム・ウッドが監督に当たり「春の宵」「晩春」のジェームズ・ウォン・ホウが撮影した。助演者は「悪夢」「ある夜の特ダネ」のハーヴェイ・スチーヴンス、「透明人間」のウィリアム・ハリガン、「殺人ホテル」のロバート・グレックラー、クレイ・クレメント、ロバート・ワーウィック等である。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
マーナ・ローイ スペンサー・トレイシー ヘンリー・スティーブンソン ウィリアム・ハリガン
1934年

紐育の口笛

  • 1934年
  • 出演(Greta_Hailstrom 役)

「第一年」「デリシャス」と同じくジャネット・ゲイナーとチャールズ・ファーレルが主演する映画で、「歓呼の嵐」のジェームズ・ダンと「空中レヴュー時代」のジンジャー・ロジャースが共演する。原作はキャスリーン・ノーリス作の小説で、「バワリイ」のジェームズ・グリースンと「あめりか祭」のソニア・レヴィーンが共同脚色し、「裏切る唇」「狂乱の上海」のジョン・G・ブライストーンが監督し、「あめりか祭」「心の緑野」のハル・モーアが撮影した。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー チャールズ・ファーレル ジェームズ・ダン ジンジャー・ロジャース

南国の河唄

  • 1934年
  • 出演(Suzanne 役)

「若草物語(1933)」「一日だけの淑女」のジーン・パーカーが「ヘル・ビロウ」「酔いどれ船」のロバート・ヤングを相手に主演する映画で、「舗道の三人女」のルシエン・ハバードがリー・デイヴィッド・フリーマン作の舞台劇を脚色したもの。監督には「影を慕いて」のジョージ・B・サイツ、撮影には「酔いどれ船」のグレッグ・トーランドが当った。助演者は「駄法螺男爵」のテッド・ヒーリー、「豚児売出す」のC・ヘンリー・ゴードン、「裏切る唇」のモード・エバーン、ナット・ペンドルトン、ルース・チャニング、レイモンド・ハットン等。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ジーン・パーカー ロバート・ヤング テッド・ヒーリー C・ヘンリー・ゴードン
1933年

影を慕いて(1933)

  • 1933年
  • 出演(Mrs._Stele 役)

「世界拳闘王」「林檎の頬」のオット・クルーガーが主役を勤める映画で、「流行の王様」のF・ヒュー・ハーバートが書卸した脚本により「戦慄を追う男」のジョージ・B・サイツが監督し、「秘密」「霧笛の波止場」のレイ・ジューンが撮影したもの。主役クルーガーを廻って「光は野より」のユーナ・マーケル及びイザベル・ジュウェル、「南風」のアイリーン・ハーヴェイ、「霧笛の波止場」のベン・ライオン、「ある日曜日の午後」のロスコー・カーンス、「暁の暴風」のC・ヘンリー・ゴードン、「若草物語(1933)」のサミュエル・S・ハインズ等が出演している。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
オットー・クルーガー ウナ・マーケル ベン・ライオン イザベル・ジュウェル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アイリーン・フランクリン

ムービーウォーカー 上へ戻る