映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・バクスター

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1953年 まで合計6映画作品)

1953年

リリー

  • 1953年10月6日(火)公開
  • 出演(M. Erique 役)

「愛の決断」のエドウィン・H・ノッフが製作し、「イースター・パレード」のチャールズ・ウォルターズが監督にあたったテクニカラーのミュージカル、1953年の作品。ポール・ギャリコ「打撃王」の原作を「キング・ソロモン」のヘレン・ドイッチェが脚色した。撮影は「錨を上げて」のロバート・プランク、音楽は「北の狼」のブロニスロー・ケイパーの担当。主演は「三つの恋の物語」のレスリー・キャロン、「血闘」のメル・ファーラー、「乙女の湖」のジャン・ピエール・オーモン、「三つの恋の物語」のザザ・ガボールで、アレックス・ゲリー、ウィルトン・グラッフ、カート・カズナーらが助演する。

監督
チャールズ・ウォルターズ
出演キャスト
レスリー・キャロン メル・フェラー ジャン・ピエール・オーモン ジャ・ジャ・ガボール
1934年

舞台に立つ妻

  • 1934年当年公開
  • 出演(Arpad 役)

「女難アパート」「冷蔵庫の赤ん坊」と同じくラルフ・マーフィーが監督に当たったチャールズ・R.ロジァース作品で、俳優グレゴリー・ラトフ作の小説を基として、ハンフリー・ピアソンが脚色したもの。出演者は「暴君ネロ(1932)」「女性暴君」のエリッサ・ランディ、「夫の日記」「可愛いマーカちゃん」のアドルフ・マンジュウ、「ブルースを唄う女」「カンターの闘牛師」のデヴィッド・マナース、「可愛いマーカちゃん」のリン・オヴァーマン、新人レイモンド・ウォルバーン、ポール・ポルカシ、ジュディス・ヴォセーリ等である。撮影は「麦畑を荒らす者」「冷蔵庫の赤ん坊」のミルトン・クラスナーの担当である。

監督
ラルフ・マーフィー
出演キャスト
エリッサ・ランディ アドルフ・マンジュウ デイヴィッド・マナース リン・オヴァーマン
1933年

晩餐八時

  • 1933年当年公開
  • 出演(Gustave 役)

「グランド・ホテル」と同じくデイヴィッド・O・セルズニックが製作にあたった超特作品で、「私重役様よ」のマリー・ドレッスラー「グランド・ホテル」のジョン・バリモア、ライオネル・バリモア、ウォーレン・ビアリー及びジーン・ハーショルト、「紅塵」のジーン・ハーロウ、「ロシア探訪飛脚」のリー・トレイシー、「彼女の用心棒」のエドモンド・ロウ、返りさきのビリー・バーク、「ヘル・ビロウ」のマッジ・エヴァンス、「肉体」のカレン・モーリー、「男子戦わざるべからず」のフィリップス・ホームス、「今日限りの命」のルイズ・クロッサー・ヘイル、「令嬢殺人事件」のメイ・ロブスン、「心の青空」のグラント・ミッチェルと言うオール・スター・キャストである。原作はニューヨークで大あたりを取ったジョージ・S・カウフマン、エドナ・ファーバー合作の舞台劇で、「シナラ」「チャンプ(1931)」のフランセス・マリオンが「闇に踊る(1932)」のハーマン・J・マンキーウィッツと共同脚色し、「街のをんな」「心を汚されし女」のジョージ・キューカーが監督にあたり「グランド・ホテル」「お気に召すまま(1932)」のウィリアム・ダニエルスが撮影にあたった。

監督
ジョージ・キューカー
出演キャスト
マリー・ドレッスラー ジョン・バリモア ウォーレス・ビアリー ジーン・ハーロウ
1930年

愛する権利(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(Joe_Copeland 役)

スーザン・グラスペルの小説「ブルック・エヴァンス」から「サラアと其の子」「夫無き妻」のゾー・エイキンスが脚色し「七日間の休暇」「ロマンスの河」のリチャード・ウォーレス、「アパートの殺人」「七日間の休暇」のチャールズ・ラングが撮影したもので、主役は「夫無き妻」「サラアと其の子」のルース・チャッタートン。助演者として「悪魔の日曜日」「若き翼」のポール・ルーカス、「恋愛戦線」のジョージ・バクスター、英国俳優のデイヴィッド・マナース、アーヴィング・ピチュルその他がつきあっている。

監督
リチャード・ウォーレス
出演キャスト
ルース・チャッタートン ポール・ルーカス デイヴィッド・マナース ジョージ・バクスター
1929年

彼と女優

  • 1929年当年公開
  • 出演(Le_Grande 役)

「愛すればこそ(1929)」と同じくダグラス・フェアバンクス・ジュニアがとロレッタ・ヤング嬢が主演する全発声映画で、ジョン・ヴァン・ドルーテン氏原作の舞台劇をハロルド・シューメイト氏が脚色並びに台辞を執筆し、「アマゾンの紅薔薇」「身を焦がして」のジョン・グリフィス・レイ氏が監督した。助演者は「ベン・ハー(1926)」「ソレルとその子」のカーメル・マイアースス嬢を始め、「紳士は金髪がお好き(1928)」のホームズ・ハーバード氏、「オレンジ実る頃」のケネス・トムソン氏等でキャメラは「マネキンの夢」と同じくアルヴィン・クネヒテル氏担任。

監督
ジョン・グリフィス・レイ
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス・ジュニア ロレッタ・ヤング カーメル・マイヤース ホームズ・ハーバート

恋愛戦線

  • 1929年当年公開
  • 出演(Andre 役)

「活動役者」「クォリティ街」と同じくマリオン・デイヴィース嬢の主演映画で、「天使の顔」「歓楽の唇」のロバート・Z・レナード氏がデール・ヴァン・エヴァリー氏執筆のシナリオによって監督したもの。助演者は「夜明け前」「虹晴」のローレンス・グレイ氏、映画初出演のミュージカル・プレイ俳優ジョージ・バクスター氏を始め、クリフ・エドワーズ氏、スコット・コルク氏、ベニー・ルービン氏等である。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
マリオン・デイヴィス ジョージ・バクスター ローレンス・グレイ クリフ・エドワーズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・バクスター