映画-Movie Walker > 人物を探す > ナイルス・ウェルチ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1936年 まで合計13映画作品)

1936年

ブダペストの動物園

  • 1936年
  • 出演(Mr._Vandor 役)

パラマウントを退社したジェシ・L・ラスキイの独立第1回作品で、「貨物船と女」「奥様御寵愛」の脚色家メルヴィル・ベイカーがジャック・カークランドと共同して書き下ろした物語を、「支配する声」「ワイオミングの男」のローランド・V・リーが監督したもので、脚色には監督者リーが「暁の偵察」のダン・トザロー、「戦争と貞操」にルイズ・ロングと協力している。主演は「生の創め」「放浪息子」のロレッタ・ヤングと「六月十三日の夜」「百万円貰ったら」のジーン・レイモンドが勤め、「永遠に微笑む」のO・P・ヘギー、「農園のレベッカ」のウォーリー・オルブライト、ポール・フィックス、ロイ・スチュアート等が助演している。カメラは「ミス・ダイナマイト」「永遠に微笑む」のリー・ガームスの担当。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ロレッタ・ヤング ジーン・レイモンド O・P・ヘギー ウォーリー・オルブライト
1933年

爆弾ジョーンズ

  • 1933年
  • 出演(Crosby 役)

「大金鉱」「戦慄を追う男」のバック・ジョーンズが主演する西部活劇で、「男性の王者」を監督したランバート・ヒルヤーが原作脚色監督したものである。カメラはアル・シーグラーが担当している。助演者は「ゆりかごの唄」のダイアン・シンクレアを始め、「餓ゆるアメリカ」のワード・ボンド、「犯罪都市(1931)」のディック・アレクサンダー、「暁の耕地」のアーヴィル・アルダーソン、「海の密室」のルイ・ナトー、「ナイトクラブの女」のナイルス・ウェルチ等である。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
バック・ジョーンズ ダイアン・シンクレア ワード・ボンド ディック・アレクサンダー
1932年

ナイトクラブの女

  • 1932年
  • 出演(Dr._Baldwin 役)

「たそがれの女」「犯罪都市(1931)」のアドルフ・マンジュウが主演する探偵映画で、原作はアンソニー・アボットの有名な探偵小説である。これを「狂乱のアメリカ」「アリゾナ(1931)」のロバート・リスキンが脚色し、「シスコ・キッド(1931)」「モダーン西部王」のアーヴィング・カミングスが監督に当たり「米国の暴露」「アリゾナ(1931)」のテッド・テズラフが撮影した。助演者は「南海の劫火(1932)」「蜃気楼の女」のスキーツ・ギャラガー、「海賊(1931)」のメイヨ・メソット、新進のルーセルマ・スティーヴンス、「街の風景」のグレタ・グランステット、ブランシュ・フレデリシ、アルバート・コンティ、ジェラルド・フィールディング、エド・ブラディー等である。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
アドルフ・マンジュウ メイヨ・メソット スキーツ・ギャラガー ルーセルマ・スティーヴンス
1925年

恋文御用心

  • 1925年
  • 出演(Frank_Farrell 役)

エルマー・ハリス氏が製作した映画でウィンストン・ブーヴ氏がエインスリー・マガジンに載せた小説を、ハリス氏自らが脚色し、「偉大なる愛(1921)」「物言わぬ北国より」等と々くウィリアム・ウォーシントン氏が監督した。主役は「紐青狂想曲」「南京豆小僧天空の巻」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢で、ナイルス・ウェルチ氏、アーリン・プレティ嬢、シャノン・ディ嬢、パートラム・グラスビー氏、フリーマン・ウッド氏、ジョージ・ペリオラット氏、などが助演している。

監督
ウィリアム・ウォーシントン
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー フランセス・レイモンド アーリン・プリティ シャノン・デイ
1924年

青春の美酒

  • 1924年
  • 出演(Rokeit 役)

「男子凱旋」「腕自慢」等と同じくキング・ヴィダー氏監督作品で原作はラシェル・クロザース女史作の戯曲で1923年にニューヨークで上演されたもの。撮影台本はケイリー・ウィルソン氏が執筆した。主役は「腕自慢」「新婚の危機」「惑溺の十字路」等出演のエリナー・ボードマン嬢で、対手役は「動員一下」「荒み行く女性」等出演のベン・ライオン氏と「囁きの小径」「アンニー可愛や」等出演のウィリアム・ヘインズ氏が勤め、ポーリン・ギャロン嬢、ウィリアム・コリアー・ジュニア氏、ロバート・エイニュー氏、ジェームズ・モリソン氏、クレイトン・ヘール氏、ジョニー・ウォーカー氏、ナイルス・ウェルチ氏等が助演している。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
エリナー・ボードマン ジェームズ・モリソン ジョニー・ウォーカー ナイルス・ウェルチ

最後の手段

  • 1924年
  • 出演(Dicky_Reynolds 役)

ジョージ・ランドルフ・チェスター氏原作の小説「紅薔微物語」に基づき「死の救援列車」「大丈夫ケリガン」等と同じくデヴィッド・スミス氏の監督したもので、主役は「ノートルダムのせむし男(1923)」「夜の馬車」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢「開拓の馬車隊」「義憤の快漢」等出演のダスティン・ファーナム氏。その他ナイルス・ウェルチ氏やジョージ・ウェッブ氏も共演している。

監督
デイヴィッド・スミス
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー ダスティン・ファーナム ナイルス・ウェルチ マーガレット・ランディス
1923年

六時五十分

  • 1923年
  • 出演(Mark_Rutherford 役)

ケイト・マクローリン原作の舞台劇をハーヴェイ・ゲイツとレノア・コフィーとが脚色し、「勇猛突進」「悍馬の健児」等と同じくナット・ロスの監督で、主役は「最強者」「警鐘乱打」等出演のルネ・アドレー、「名声」等出演のナイルス・ウェルチ、その他オーヴィル・コルドウェルも出演する。

監督
ナット・ロス
出演キャスト
ルネ・アドレー オーヴィル・コルドウェル バート・ウッドラフ ガートルード・アスター
1921年

名声(1921)

  • 1921年
  • 出演(Jimmy_Dorn 役)

「法の外(1921)」に次ぐプリシラ・ディーン嬢の主演劇で、今度は「死の極印」等の監督スチュアート・ペイトン氏が監督している。ディーン嬢は3役を巧みに演じている。女優生活の悲劇である。ウァールド誌は「原作、監督、脚色、演技一つとして可ならざるなく、真に大作品としてはずかしからぬものである」と賞賛している。

監督
スチュアート・ペイトン
出演キャスト
プリシラ・ディーン Mea Giraci Harry Van Meter ハリー・カーター

人生の闘争

  • 1921年
  • 出演(Roy_Bradley 役)

「偽りの唇」「母の愛」同様にエー・ピー・社のファーストナショナル社との合同前に於けるトーマス・エッチ・インス氏の作品で、原作はケーレイ・ウィルスン氏である。主役がホバート・ボスウォース氏で、監督がローランド・V・リー氏で、脚色者がジョセフ・フランクリン・ポーランド氏である事等その他撮影者に至る迄、同社映画なる「盲目の愛」「一騎当千の男」と同様である。共演者はマッジ・ベラミー嬢、タリー・マーシャル氏、ナイルス・ウェルチ氏等。パ社映画「水に潜りて」以来インス氏を離れていたボスウォース氏が久し振りに同氏の許に出演したもの。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ホバート・ボスウォース マッジ・ベラミー ナイルス・ウェルチ タリー・マーシャル
1920年

ジェラルディン・レアードの運

  • 1920年
  • 出演(Dean_Laird 役)

キャスリーン・ノーリス女史の原作を「開拓の勇者」等の監督者エドワード・スローマン氏が監督したベシー・バリスケール嬢主演の社会劇で、嬢は2人の児の母として家庭を愛する婦人ジェラルディン・レアードに扮している。彼女の夫ディーンがポーラという女に迷い、劇作家たらんとしてニューヨークに走ってから、ジェラルディンも都に出で、女優として成功を博する。そしてディーンがついに失敗したところを、妻と我子に廻り会って再び昔の楽しい家庭を作るに至るという、嬢得意の家庭劇ともいうべき筋である、「女の一生」に出演したナイルス・ウェルチ氏が相手である。「血の力」や「黄泉の国へ」で観者の涙を催った名小役メアリー・ジェーン・アーヴィング嬢も出演する。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ベシー・バリスケール ナイルス・ウェルチ ボイド・アーウィン ドーカス・マシューズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ナイルス・ウェルチ