映画-Movie Walker > 人物を探す > ミルトン・ロズマー

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1937年 まで合計3映画作品)

1937年

戦う民族

  • 1937年当年公開
  • 監督、脚色、台詞

我が国に始めて紹介されるミルトン・ロズマーの監督作品で、「暗黒街殲滅」「冷蔵庫の赤ん坊」のリチャード・アーレンがイギリスに招かれて主演した映画である。原作はアラン・サリヴァンの小説で、これをローズマー自身が、マイケル・バリンガーと協力して脚色、併せてローズマーがラルフ・スペンスと協力して台詞を執筆した。助演者は、ウィーン生まれのリリー・パルマー、新顔のアントアネット・セリエ、「永遠の緑」のバリー・マッケイを始めとして「セイルムの娘」「俺は善人だ」のJ・ファーレル・マクドナルド、ロイ・エマートン、ベン・ウェルドン、等である。撮影には「君と踊れば」「永遠の緑」のグレン・マクウィリアムスが、ボッブ・マーティン、「アルプスの血煙」「逃げちゃ嫌よ」のゼップ・アルガイヤーと協力して当たっている。

監督
ミルトン・ロズマー
出演キャスト
リチャード・アーレン バリー・マッケイ ロイ・エマートン アントアネット・セリエ
1933年

着かない港

  • 1933年当年公開
  • 監督

イギリス劇壇の長老の一人でトーキー以来本邦未紹介のマシスン・ラングが「白蛾」「電話新撰組」のコンスタンス・カミングスと共に主演する映画で、「沙漠の花園」のW・P・リプスコームが自らアンガス・マクフェイルと共作したストーリーを脚色し「戦ふ民族」のミルトン・ロズマーが監督に当たり、「血に笑う男」のフィリップ・タンヌラが撮影したもの。助演者は「十三日の金曜日」のエドモンド・グウェンを筆頭に、「暁の総攻撃」のアンソニー・ブッシェル、「都会の雷鳴」のナイジェル・ブルース、「ダニー・ボーイ」のドロシー・ディクソン、喜劇俳優として名のあるマックス・ミラー等である。

監督
ミルトン・ロズマー
出演キャスト
マシスン・ラング コンスタンス・カミングス アンソニー・ブッシェル ドロシー・ディクソン
1929年

一九四〇年

  • 1929年当年公開
  • 出演(President of Atlantic 役)

ブリィッシュ・アコースティック会社の録音装置によって製作された英国製発声映画であって「シャーロック・ホームズ」「情熱の海人」等を作った英国著名の監督者モーリス・エルヴェイ氏が監督に当たった。主役を演ずるのは「ピカデリィ」のジェームソンン・トーマス氏とペニタ・ヒューム嬢で他にハンバーストン・ライト氏、ベイシル・ギル氏、ヘンリー・ヴィバート氏等が助演している。(発声版・9巻、無声版・8巻)

監督
モーリス・エルヴィ
出演キャスト
ベニタ・ヒューム ジェームスン・トーマス ハンバーストン・ライト ベイシル・ギル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ミルトン・ロズマー