映画-Movie Walker > 人物を探す > ハンス・シュワルツ

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1931年 まで合計7映画作品)

1931年

狂乱のモンテカルロ

  • 1931年
  • 監督

エリッヒ・ポマー製作の音楽映画で、フリッツ・レック・マレツェヴェン作の小説をジェネ・ヘルタイが映画向きに書改め、「狂乱のモンテカルロ」の原作者ハンス・ミュラーがフランツ・シュルツと共に脚色に当り、「悲歌」「女王様御命令」と同じくハンス・シュワルツが監督、ギュンター・リッタウが撮影した。音楽は「ガソリン・ボーイ三人組」「女王様御命令」のウェルナー・ハイマンの担当で、撮影には「月世界の女」「予審」のコンスタンチン・チェットが共同している。主役は「嘆きの天使」に出演し現在はドイツ映画界切っての人気俳優と云われるハンス・アルバースが勤め、「カラマゾフの兄弟」「泣き笑ひの人生」のアンナ・ステン、「ガソリン・ボーイ三人組」のハインツ・リューマン、「M」のペーター・ローレ、「雪崩」のラシェル・デヴィリス、「泣き笑ひの人生」のオットー・ヴァルブルグ、クルト・ゲロン、イダ・ヴュスト等が助演している。

監督
ハンス・シュワルツ
出演キャスト
ハンス・アルバース アンナ・ステン ハインツ・リューマン イダ・ヴュスト

女王様御命令

  • 1931年
  • 監督

エルンスト・ノイバッハ執筆のストーリーからパウル・フランクとビリー・ワイルダーが脚本を組立てたオペレッタ映画で監督は「悲歌」「ニーナ・ペトロヴナ」のハンス・シュワルツ、撮影は「神々の寵児」「嘆きの天使」のギュンター・リッタウが当たった。作曲は「悲しい歌」「ガソリン・ボーイ三人組」と同じくワーナー・ハイマンの手になるもので主なる出演者は「ガソリン・ボーイ三人組」「愛国者」のヴィリー・フリッチ、「愛の犠牲」のケーテ・フォン・ナギ、「三文オペラ(1931)」のラインホルト・シュンツェル、パウル・ハイデマン、パウル・ヘルビガーである。

監督
ハンス・シュワルツ
出演キャスト
ヴィリー・フリッチ ケーテ・フォン・ナギ ラインホルト・シュンツェル パウル・ハイデマン
1930年

神々の寵児

  • 1930年
  • 監督

「嘆きの天使」につぐエミール・ヤニングスの主演映画で脚本組立は「嘆きの天使」「悪魔の寵児」のロベルト・リープマン、「最後の歌」「モンテ・カルロ」のハンス・ミューラーの二人が協力してあたり、監督は「ニーナ・ペトロヴナ」「悲歌」のハンス・シュワルツが受け持ち、撮影は「嘆きの天使」「悲歌」のギュンター・リッタウが担当した。助演者は舞台出のレナーテ・ミューラー、「トロイカ(1930)」「美はしの人生」のオルガ・チェホーワ、「嘆きの天使」のエドゥアルト・フォン・ヴィンターシュタイン、ハンス・モスターなどの顔ぶれ。

監督
ハンス・シュワルツ
出演キャスト
エミール・ヤニングス レナーテ・ミュラー オルガ・チェホーワ ハンス・モスター
1929年

悲歌(1929)

  • 1929年
  • 監督

ドイツ、ウーファ会社がウーファトンの発声装置を以て製作した最初の発声映画で名プロデューサーとして知られているエリッヒ・ポマー氏が総指揮に当った特作映画である。「ハンガリア狂想曲」「アスファルト」のハンス・スツェケリィ氏の筆になる脚本を以て「ハンガリア狂想曲」「ニーナ・ペトロヴナ」のハンス・シュワルツ氏が監督に当ったもので撮影は「死の銀嶺」のハンス・シュネーベルガー氏と「アスファルト」「帰郷(1928)」のギュンター・タッウト氏が担任。主役を演ずるは「帰郷」「ハンガリア狂想曲」のディター・パルロ嬢で「スピオーネ」「ハンガリア狂想曲」のヴィリー・フリッチ氏、ゲロ・マリー氏、ユリスカ・リゲティ嬢その他が助演している。(発声版/無声版)

監督
ハンス・シュワルツ
出演キャスト
ディタ・パルロ ヴィリー・フリッチ ゲロ・マリー ユリスカ・リゲティ

ニーナ・ペトロヴナ

  • 1929年
  • 監督

「ハンガリア狂想曲」と同じスタッフで製作されたエリッヒ・ポマー・プロダクション、即ちハンス・スツェケリー氏原作、ハンス・シュワルツ氏監督、カール・ホフマン氏撮影になるものである。主役は「金」「妖花アラウネ(1927)」「バーデン・バーデンの醜聞」のブリギッテ・ヘルム嬢で、「パンドラの箱」出演のフランツ・ホフマン・レーデラー氏と「パンチネロ」のウォーウィック・ウォード氏とが相手役を勤め、ハリー・ハルト氏、リア・ヤン嬢等が助演している。(無声)

監督
ハンス・シュワルツ
出演キャスト
ブリギッテ・ヘルム フランツ・ホフマン・レーデラー ウォーウィック・ウォード ハリー・ハルト

ハンガリア狂想曲

  • 1929年
  • 監督

有名なリスト作曲の『ハンガリア狂想曲』にテーマをとり「アスファルト」のハンス・スツェケリー氏がストーリーを組立て、同氏とフレッド・マヨー氏とが脚色し、ハンス・シュワルツ氏が監督したもので、「帰郷(1928)」のディタ・パルロ嬢、「ワルツの夢」のヴィリー・フリッチ氏、「タルチュフ」のリル・ダゴファー嬢その他が出演するウーファ社特作品の一つである。カメラは「ニーベルンゲン」のカール・ホフマン氏担当。サイレント版として作られたが、アメリカに渡ってパラマウントが配給する際に再編集し、伴奏音楽をシンクロナイズした。(サウンド版)

監督
ハンス・シュワルツ
出演キャスト
ディタ・パルロ ヴィリー・フリッチ リル・ダゴファー エリッヒ・カイザー・ティッツ
1928年

愛の犠牲

  • 1928年
  • 監督

「ハンガリア狂想曲」のハンス・シュワルツ氏が監督したヨーエ・マイ・プロダクションで、台本は「アスファルト」の原作者ロルフ・E・ヴァンロー氏が書卸した。主役は新進のケーテ・フォン・ナギ嬢で、「スパベンタ」のヴィヴィアン・ギブソン嬢、ハンス・ブラウゼヴェッター氏、ジャン・ダックス氏、マチアス・ウィーマン氏等が共演している。キャメラは「ムーラン・ルージュ」のウェルナー・ブランデス氏が担任している。1927年頃の製作。(無声)

監督
ハンス・シュワルツ
出演キャスト
ケーテ・フォン・ナギ ヴィヴィアン・ギブソン ハンス・ブラウゼウェッター ジャン・ダックス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハンス・シュワルツ