映画-Movie Walker > 人物を探す > カレン・ブラック

年代別 映画作品( 1971年 ~ 2004年 まで合計20映画作品)

2004年

マーダー・ライド・ショー

  • 2004年8月14日(土)公開
  • 出演(Mother Firefly 役)

ハード・ロック界のカリスマ、ロブ・ゾンビの初監督作。痛みと恐怖を崇拝する殺人一家に遭遇した若者たちの惨劇を、悪趣味テイストを満載して描く猟奇的ホラー。

監督
ロブ・ゾンビ
出演キャスト
シド・ヘイグ ビル・モズリー シェリ・ムーン カレン・ブラック
2003年

クローン・オブ・エイダ

  • 2003年8月2日(土)公開
  • 出演(Lady Byron 役)

時代を超えた2人の女性の交流を描くファンタジー。アメリカの新鋭女性監督リン・ハーシュマン・リーソンが、19世紀と現代の女性によるクローン人間を巡る奇想天外な研究を描く。

監督
リン・ハーシュマン=リーソン
出演キャスト
ティルダ・スウィントン ティモシー・リアリー カレン・ブラック フランチェスカ・ファリダニー
1998年

クライム タイム

  • 1998年9月5日(土)公開
  • 出演(Millicent 役)

猟奇殺人事件の再現番組を通じて交錯する連続殺人者を演じる新進俳優と本物の殺人者の姿を描いたニューロティック・スリラー。監督は「マイセン幻影」「失踪 妄想は究極の凶器」のジョルジュ・シュルイツァー。脚本はブレンダン・ソマーズ。撮影はジュリス・ヴァン・デン・スティーンホーヴェン。音楽はデイヴィッド・A・スチュワートで、主題歌をマリアンヌ・フェイスフルが歌う。出演は「サブダウン」のスティーヴン・ボールドウィン、「ブラス!」のピート・ポスルスウェイト、「ショッピング」のセイディ・フロスト、「ザ・プレイヤー」のカレン・ブラック、「アジアの瞳」のジェラルディン・チャップリンほか。

監督
ジョルジュ・シュルイツァー
出演キャスト
スティーブン・ボールドウィン ピート・ポスルスウェイト サディ・フロスト ジェラルディン・チャップリン
1996年

アーバン・ハーベスト2

  • 1996年9月7日(土)公開
  • 出演(June 役)

過去から甦った少年の怨念が平和な田舎町を血に染めていくさまを描いたホラー。モダン・ホラーの巨頭スティーブン・キングの小説『トウモロコシ畑の子供たち』(邦訳・サンケイ文庫)の4度目の映画化。監督はグレッグ・スペンス、製作は「アーバン・ハーベスト」のゲイリー・デピュー。脚本はスティーヴン・ビーガーとスペンス、撮影はリチャード・クレイボー、音楽はデイヴィッド・ウィリアムス、編集はクリス・シベリーがそれぞれ担当。出演は「タンク・ガール」のナオミ・ワッツ、「ファミリー・プロット」「ザ・プレイヤー」のベテラン女優、カレン・ブラックほか。

監督
グレッグ・スペンス
出演キャスト
ナオミ・ワッツ ジェイミー・レネー・スミス カレン・ブラック マーク・サリング
1992年

新チェーンヒート 戦慄の女刑務所

  • 1992年5月23日(土)公開
  • 出演(Blanche 役)

女囚となった恋人を救おうとするヤクザ男の悪戦苦闘を描いたヴァイオレンス・アクション。監督はボビー・ヒューストン、製作はテリー・カーンとエド・エルバートとグレゴリー・ヴァンガー、エグゼクティヴ・プロデューサーはローレンス・ヴァンガーとマーティン・バラブ、脚本はボビー・ヒューストンとリサ・サットン、原案はヒューストンとエド・エルバートとテリー・カーン、撮影はアラン・カーン、音楽はトビー・フィッチが担当。

監督
ボビー・ヒューストン
出演キャスト
デイヴィッド・キース クリステン・クローク デボラ・メイ レイ・シャーキー
1990年

天使が降りたホーム・タウン

  • 1990年5月26日(土)公開
  • 出演

少し頭の弱い男と人間不信の女が、旅を経て心を通いあわせる姿を描くロード・ムーヴィー。製作はモーリッツ・ボーマンとジム・キャディ、監督は「デッドフォール」のアンドレイ・コンチャロフスキー、脚本はパトリック・シリーロ、撮影はラヨシュ・コルタイ、音楽はエデュアルド・アルテミエフが担当。出演はジェームズ・ベルーシー、ウーピー・ゴールドバーグほか。

監督
アンドレイ・コンチャロフスキー
出演キャスト
ジェームズ・ベルーシ ウーピー・ゴールドバーグ カレン・ブラック ジョン・ウォーターズ
1988年

想い出のデキシー・レーン

  • 1988年6月11日(土)公開
  • 出演(Zelma 役)

第2次世界大戦直後、戦死したとばかり思われていたある男の復員によって引き起こされる騒動を描くコメディ映画。製作はデイヴィッド・ブラディ、監督は本作が長編第1作になるドン・カート、脚本はジョン・ハウブルック、撮影はビル・ウェイジス、音楽はパット・コールマンとポール・ノヴォトニーが担当。出演はクリストファー・ライデル、カレン・ブラックほか。

監督
ドン・カート
出演キャスト
クリストファー・ライデル カレン・ブラック ホイト・アクストン アート・ヒンデル
1986年

スペースインベーダー

  • 1986年7月5日(土)公開
  • 出演(Linda 役)

密かに地底王国を作り地球を侵略しようと企む火星人たちから地球を守ろうとする少年デイヴィッドの活躍を描くSF映画。53年の「惑星アドベンチャー」のリメイク。製作はメナハム・ゴランとヨーラム・グローバス。監督は「スペースバンパイア」のトビー・フーパー。53年作のリチャード・ブレイクの脚本に基づいてダン・オバノンとドン・ジャコビーが脚本を占いた。撮影はダニエル・バール、音楽はクリストファー・ヤング、特殊効果はジョン・ダイクストラ、インベーダー・デザインはスタン・ウィンストンが担当。出演はカレン・ブラック、ハンター・カースンの母子、ティモシー・ボトムズ、53年作で主人公を演じたジミー・ハントなど。

監督
トビー・フーパー
出演キャスト
カレン・ブラック ハンター・カーソン ティモシー・ボトムズ ラレイン・ニューマン
1983年

ココ・シャネル(1981)

  • 1983年10月21日(金)公開
  • 出演(Emilienne D'Alencon 役)

世界のファッション界に大きな影響を与えたココ・シャネル、その87年間に渡る生涯は波瀾に満ち謎の部分も少なくない。この映画はクロード・ドレの評伝『ココ・シャネル』(サンリオ出版)を下敷にして、シャネルがパリのファッション・ショウで成功するまでを描いている。製作はラリー・スパングラー、エグゼキュティヴ・プロデューサーはエリク・ロシャ。監督は「官能の夜」(79)のジョージ・カツェンダー、脚本はジュリアン・モア、撮影はリカルド・アロノヴィッチ、音楽はジャン・ミュジー、衣装はロジーヌ・ドラマレが担当。主題歌『ワン・アンド・オンリー』をピーター・アレンが歌っている。出演はマリー・フランス・ピジェ、ティモシー・ダルトン、ルトガー・ハウアー、「官能の夜」にも出ていたカレン・ブラックなど。

監督
ジョージ・カツェンダー
出演キャスト
マリー・フランス・ピジェ ティモシー・ダルトン ルトガー・ハウアー カレン・ブラック
1980年

ブルー・エクスタシー 官能の夜

  • 1980年6月7日(土)公開
  • 出演(Maya 役)

同じ年頃の女の子より年上の女性とのセックスの方が満足できる男の遍歴を描く恋愛映画。製作総指揮はスティーブン・ロスとハロルド・グリーンバーグ。製作はロバート・ラントスとクロード・エイルー。監督はジョージ・カッツェンダー。脚本はポール・ゴットリーブ。原作はスティーヴン・ビジンツェー。撮影はミクロス・レンテ。音楽はティボール・ポルガー。出演はトム・ベレンジャー、カレン・ブラック、スーザン・ストラスバーグ、アレクサンドラ・スチュワルトなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。日本での公開時は成人映画館での上映となった。

監督
ジョージ・カッツェンダー
出演キャスト
トム・ベレンジャー カレン・ブラック スーザン・ストラスバーグ アレクサンドラ・スチュワルト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > カレン・ブラック