映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・マルクェ

年代別 映画作品( 1961年 ~ 1977年 まで合計10映画作品)

1977年

家(1976)

  • 1977年4月23日(土)
  • 撮影

高校教師一家が貸別荘を訪れる。だがその家は彼らに対して……。76年全米恐怖映画協会最優秀監督賞受賞作品。製作・監督は「血の唇」のダン・カーティス。脚本はウィリアム・F・ノーランとD・カーチス、原作はロバート・マラスコ(早川書房刊)、撮影はジャック・マルクェ、特殊効果はクリフ・ウェンジャー、音楽はロバート・コバートが各々担当。出演はカレン・ブラック、オリバー・リード、バージェス・メレディス、ベティ・デイヴィスなど。

監督
ダン・カーティス
出演キャスト
カレン・ブラック オリヴァー・リード バージェス・メレディス アイリーン・ヘッカート
1972年

複数犯罪

  • 1972年11月3日(金)
  • 撮影

人間くさい刑事たちの活躍を描いて根強い人気を持つエド・マクベインの“87分署シリーズ”の映画化。製作はジャック・ファーレン、監督は「ジグザズ」のリチャード・A・コーラ、脚本はエヴァン・ハンター、撮影はジャック・マルクェ、音楽はデーヴ・グルーシン、編集はロバート・キンブル、美術はヒルヤード・ブラウンが各々担当。出演はバート・レイノルズ、ジャック・ウェストン、トム・スケリット、ラクェル・ウェルチ、ユル・ブリンナー、ピーター・ボナーズ、カル・ベリーニ、ドン・ゴードン、チャールズ・タイナーなど。

監督
リチャード・A・コーラ
出演キャスト
バート・レイノルズ ジャック・ウェストン トム・スケリット ユル・ブリンナー
1971年

華麗なる変身

  • 1971年6月19日(土)
  • 撮影

1952年朝鮮動乱、エリザベス新女王戴冠、水素爆弾実験という世界的関心を呼ぶ記事の中で、ニューヨークのGIが性転換手術を受け、成功したという記事が話題をさらって、各国の新聞の第一面を占めた。これはその男?(女?)の自叙伝による映画化である。製作はエドワード・スモール、監督は「奇蹐」「初恋(1958)」のアーヴィング・ラパー、ジョージ=クリスチーヌ・ジョーゲンセンの自叙伝をロバート・E・ケントとエリス・セント・ジョセフが脚色。撮影は「彼女の不道徳な夢」のジャック・マルクェ、音楽は「サンセット77」(TV)のコンビ、バート・シェフターとポール・ソーテルなどがそれぞれ担当。出演は新人のジョン・ハンセン。その他、クイン・レデカー、ジョン・トンプキンス、ロッド・マッケリー、オスカー・ベレギ、ジョン・W・ハイムズ、エレン・クラークなど。

監督
アーヴィング・ラパー
出演キャスト
ジョン・ハンセン クイン・レデガー ジョン・トンプキンス ロッド・マッカリー
1970年

死刑台に接吻

  • 1970年6月20日(土)
  • 撮影

ヒッチコック監督の「見知らぬ乗客」を現代的に翻案したサスペンス・スリラー。製作総指揮はロバート・ゴールドスタイン、製作はハロルド・A・ゴールドスタイン、監督は新鋭のロバート・スパー。「太陽がいっぱい」のパトリシア・ハイスミスの原作をフランク・ターロフとノーマン・カトコフが脚色。撮影はジャック・マルクェ、音楽はジェームズ・ファガス、編集はマージョリー・ファウラーがそれぞれ担当。出演は「屋根の上の赤ちゃん」のポール・バーク、「謀略ルート」のキャロル・リンレイ、「真昼の衝動」のマーサ・ハイヤー。その他、ピーター・リンド・ヘイズ、フィリップ・ケイリー、スティーブン・マクナリー、ウィット・ビッセル、エレーン・デヴリー、キャスリン・ギヴニーなど。

監督
ロバート・スパー
出演キャスト
ポール・バーク キャロル・リンレイ マーサ・ハイヤー ピーター・リンド・ヘイズ

無法のライフル

  • 1970年12月19日(土)
  • 撮影

インディアンと騎兵隊の激闘を描いた西部劇。製作はグラント・ワイトック、監督はウィリアム・ウィットニー。脚本はウィラード・ウィリンガム、メアリー・ウィリンガムの共作。撮影はジャック・マルケット、音楽はリチャード・ラサール、編集がグラント・ワイトックがそれぞれ担当。出演はオーディ・マーフィ、マイケル・バーンズ、ケネス・トビー、マイケル・キープ、ラレイン・スティーブンス、マイケル・ブロジェット、バイロン・モローなど。バテカラー、スタンダード。1966年作品

監督
ウィリアム・ウィットニー
出演キャスト
オーディ・マーフィ マイケル・バーンズ ケネス・トビー ラレイン・スティーブンス
1969年

猛烈なる復讐

  • 1969年5月24日(土)
  • 撮影

ジョージ・シェンクの脚本を、新人ロバート・スパーが監督したアクション篇。撮影は「彼女の不道徳な夢」のジャック・マルクェ、音楽は「ドラゴン爆破指令」のフィリップ・スプリンガーが担当。出演は、「特攻大作戦」のクリント・ウォーカー、ヴィンセント・プライス、アン・フランシスなど。製作はハル・クレイン、総製作はオーブリー・シェンク。

監督
ロバート・スパー
出演キャスト
クリント・ウォーカー ヴィンセント・プライス アン・フランシス ポール・ハンプトン
1968年

彼女の不道徳な夢

  • 1968年11月5日(火)
  • 撮影

ケン・イングランドの小説を、「おフロの女王様」のバート・スタイラーとアルバート・リューイン、それと「テスト・ハネムーン」のナット・ペリンの3人が共同で脚色、「一家8人逃亡す」のジョージ・マーシャルが監督したコメディ。撮影はジャック・マルクェ、音楽はジミー・ハスケルが担当している。出演は、「おフロの女王様」のエルケ・ソマー、「青春の旅情」のボブ・クレイン、「愚か者の船」のワーナー・クレンペラー、「努力しないで出世する方法」のモーリン・アーサー、「36時間」のジョン・バナーナド。製作は「おフロの女王様」のエドワード・スモール、グラント・ワイトック。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
エルケ・ソマー ボブ・クレイン ワーナー・クレンペラー Joey Formen
1966年

フランキーandジョニー

  • 1966年7月30日(土)
  • 撮影

ナット・ペリンのオリジナル・ストーリーを、アレックス・ゴットリーブが脚色、「テスト・ハネムーン」のフレデリック・デ・コルドヴァが監督したソフィストケイテッド・コメディー。撮影はジャック・マルクェ。音楽は「ハーレム万才」のフレッド・カーガー。出演は「ハワイアン・パラダイス」のエルヴィス・プレスリー、TV「じゃじゃ馬億万長者」のドナ・ダグラス、「ハイヌーン」のハリー・モーガン、ほかにスー・アン・ラングドン、ナンシー・コバック、オードリー・クリスティ、ロバート・ストラウス、アンソニー・エイズリーなど。製作はエドワード・スモール。

監督
フレデリック・デ・コルドヴァ
出演キャスト
エルヴィス・プレスリー ドナ・ダグラス ハリー・モーガン スー・アン・ラングドン

手錠の男

  • 1966年4月2日(土)
  • 撮影

フランク・グルーバー、リチャード・スカイヤーの共同ストーリーを、アレックス・ゴットリーブとメアリー・ウィラード・ウィリンガムが共同で脚色、新鋭ウィリアム・ウィットニーが監督した西部劇。撮影はジャック・マルクェ、音楽はリチャード・ラサールが担当した。出演は「テキサスから来た男」のオーディ・マーフィ、マイケル・ダンテ、ベン・クーパー、バスター・クラブ、グロリア・タルボット、レイ・ストリックリン、ジョージ・キーマス、フレッド・クローンなど。製作は「クイック・ガン」のグラント・ワイトック。

監督
ウィリアム・ウィットニー
出演キャスト
オーディ・マーフィ マイケル・ダンテ ベン・クーパー バスター・クラブ
1961年

第八高地突撃隊

  • 1961年9月26日(火)
  • 撮影

「戦車軍団撃滅」のバート・トッパーが、製作・監督・脚本をワンマン・ショウで担当した戦争映画。撮影を受け持ったものはジャック・マルクェ。音楽担当はロナルド・スタイン。出演するのはトニー・ラッセル、ベインズ・バロン、ウォーリー・カンポ、ボビー・バイルズなど。製作はバート・トッパー。

監督
バート・トッパー
出演キャスト
トニー・ラッセル ベインズ・バロン ウォーリー・カンポ ボビー・バイルズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・マルクェ