TOP > 人物を探す > アルフレッド・ゲラッシュ

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1931年 まで合計3映画作品)

1931年

会議は踊る

  • 1931年
  • 出演(Minister of France 役)

オペレッタ、音楽劇の演出家として聞えているエリック・シャレルが招聘されたエリッヒ・ポマー・プロダクションの処女作品で、シャレルが監督し、「嘆きの天使」「予審」のロベルト・リープマンが「ワルツの夢」「東洋の秘密」の時と同じくノルベルト・ファルクと協力して脚本を書卸し、「ガソリン・ボーイ三人組」「女王様御命令」のウェルナー・R・ハイマンが作曲し、「愛国者」「ハンガリア狂想曲」のカールホフマンが撮影に当った者。主なる主演者は「ガソリン・ボーイ三人組」のリリアン・ハーヴェイ、「女王様御命令」「愛国者」のヴィリー・フリッチ、「旅愁」「最後の中隊」のコンラット・ファイトを始め、「ハンガリア狂想曲」「白魔」のリル・ダゴファー、「O・F氏のトランク」のアルフレッド・アベル、「泣き笑ひの人生」のオットー・ヴァルブルグ、「女王様御命令」のパウル・ヘルビガー、「予審」のユリウス・ファルケンシュタイン等である。無声。

監督
エリック・シャレル
出演キャスト
リリアン・ハーヴェイ ヴィリー・フリッチ オットー・ヴァルブルグ コンラート・ファイト

女の心

  • 1931年
  • 出演(The Doctor 役)

エリザベート・ベルクナーの第一回トーキー出演映画で、「夢見る唇」と同じくベルクナーがルドルフ・フォルスターを相手役として主演し、パウル・ツィンナーが脚色並に監督したものである。原作はフランスの文人クロード・アネの小説で、それを「夢見る唇」と同じくカール・マイヤーが改作した。撮影はアドルフ・シュラジィの担任で、助演者の主なる者はヘルタ・グートマール、アンネマリー・シュタインシーク、アルフレッド・ゲラッシュ、等の人々である。

監督
パウル・ツィンナー
出演キャスト
エリザベート・ベルクナー ルドルフ・フォルスター アンネマリー・シュタインシーク ヘルタ・グートマール
1928年

遊覧船「よしわら」号

  • 1928年
  • 出演(Martini 役)

ドイツ一流の探偵小説家パウル・ローゼンハイン氏の原作からハンス・ラモー氏が脚色したものを「春の目覚め」のフレック兄弟が監督した。主演者は「メトロポリス」「妖花アラウネ(1927)」のブリギッテ・ヘルム嬢、リナ・マルサ嬢、ジョン・スチュアート氏、他にアルフレッド・ゲラッシュ氏、ヒューゴー・ワーナー・カール氏が助演している。撮影は「どん底」のカール・ドリュウズ氏が担当。(無声)

監督
J・フレック L・フレック
出演キャスト
ブリギッテ・ヘルム ジョン・スチュアート リナ・マルサ アルフレッド・ゲラッシュ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アルフレッド・ゲラッシュ

ムービーウォーカー 上へ戻る