TOP > 映画監督・俳優を探す > ニーナ・ヴァンナ

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1926年 まで合計2映画作品)

1926年

三つの時計

  • 1926年
  • 出演(Mary Davids 役)

渡米後「燃ゆる唇」「一夜の秘密」及び「都会の幻想」をものしたロウター・メンディス氏が「恋は盲目」と同じく在独時代に監督したもので、ゲオルク・ミューレンシュルテ氏原作の小説を「ワルツの夢」「ニュルンベルクの親方」のロベルト・リープマン氏が脚色した。キャメラは「世の果」「人類の進化」「王城秘史」のフリッツ・アルノ・ワグナー氏が担任した。出演者は「流血軍団」「恋は盲目」のリリアン・ホール・デイヴィス嬢、「女優情史」「ソレルと其の子」のニルス・アスター氏、本邦初御目見得のエリック・バークレー氏及びニーナ・ヴァンナ嬢、「野鴨」「ライン悲愴曲」のアルバート・シュタインリュック氏等である。(無声)

監督
ロウター・メンディス
出演キャスト
リリアン・ホール・デイヴィス ニルス・アスター エリック・バークレー ニーナ・ヴァンナ
1923年

ガイ・フォークス

  • 1923年
  • 出演(The Girl 役)

イギリス史実に基いてアリシア・ラムゲイ女史が執筆した台本に拠って「虚栄地獄」「情熱の海人」「浮気禁制」をものしたモーリス・エルヴィ氏が監督したもので、主役は「燃ゆる嫉妬」に出演した名優マシスン・ラング氏が演じ、近年来英仏独諸国の映画によく出演するニーナ・ヴァンナ嬢を始め、ライオネル・ダントン氏、エドワード・オニール氏、ピノ・コンティ氏等が助演している近頃珍しいストールもので異色あるイギリス映画である。(無声)

監督
モーリス・エルヴィ
出演キャスト
マシスン・ラング Jerold Robertshaw ライオネル・ダントン ヒュー・バックラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ニーナ・ヴァンナ

ムービーウォーカー 上へ戻る