TOP > 人物を探す > ヘンリー・スチュアート

年代別 映画作品( 年 ~ 1930年 まで合計6映画作品)

1930年

ヌリ

  • 1930年3月6日(木)
  • 監督

題名の云うヌリとは本篇に活躍する巨象の名前である。そして内容は「ザンパ」「モアナ」「チャング」等の風俗動物実写映画とは異り、此のヌリがインド人のワルナーと其の子ブルブルの二代に仕えての活躍で、いわば未開地に於ける象の使役的価値と運用程度を描いている。(無声)

監督
ヘンリー・スチュアート
出演キャスト
1929年

バーデン・バーデンの醜聞

  • 1929年
  • 出演(Baron Egon von Valden 役)

「妖花アラウネ(1927)」「金」等のブリギッテ・ヘルム嬢が主演する映画で、「水泳女人国」のエリッヒ・ワシュネック氏がゲオルク・フレーシェル氏の原作に基づいて監督映画化したもの、主演者のほかにヘンリー・スチュアート氏、リリー・アレクサンドラ嬢、エルンスト・シュタール・ナハバール氏等が主演している。(無声)

監督
エリッヒ・ワシュネック
出演キャスト
ブリギッテ・ヘルム ヘンリー・スチュアート リリー・アレクサンドラ エルンスト・シュタール・ナハバール
1927年

英独大海戦

  • 1927年
  • 出演(British Commander 役)

此の映画について来たプレッス・シートに載せられた梗概によると、ジュトランドの大海戦を背景に上官の夫人と下士との恋物語がその骨子になっているが上映映画には全く削除されて了って、製作意図は模糊として補足出来難い混乱に陥っている。欧州大戦史上有名なジュトランドの大海戦に登場した有名な戦艦が写されて、邦文字幕が当時の海戦史を明細に説明しているが、タイトルの方が長くて画の方が短い。或いは又タイトルが画の不足を一生懸命に補足している大車輪が見られる。軍艦が砲撃した瞬間、画面に真紅の染色が点付されると云う映画。主演者は俳優に非ずして軍艦と海である。

監督
出演キャスト
ヘンリー・スチュアート ベルンハルト・ゲツケ アグネス・エステルハツィ ニルス・アスター

水泳美人国

  • 1927年
  • 出演(Will Carry 役)

「世界一の美人」「モンナ・ヴンナ」等に主演したリー・パリー嬢の主演する映画で、B・E・リュトゲ氏とジェーン・ベス嬢との合作したシナリオをエリッヒ・ワシュネック氏が監督したものである。パリー嬢のほかにヨープ・フォン・フュルゼン氏、ヘンリー・スチュアート氏、「ジーグフリード」「クリームヒルトの復讐」のハンス・アダルベルト・シュレットウ氏、「母」のヴァレリー・ブートビー嬢、等も出演している。水泳指導にはウェルトマイスター・ハンス・ルーバー氏が立ち会った。(無声)

監督
エリッヒ・ワシュネック
出演キャスト
ヨープ・フォン・フュルゼン リー・パリー Otto Kronburger ヴァレリー・ブートビー
1925年

喜びなき街

  • 1925年
  • 出演(Egon Stirner 役)

ヒューゴー・ベタウァー氏作の小説からウィリー・ハース氏が脚色したものをG・W・パブスト氏が監督したもので「裏町の怪老窟」等出演のヴェルナー・クラウス氏、アスタ・ニールセン嬢及び新進のスウェーデン女優グレタ・ガルボ嬢が競演し、ヘンリー・スチュアート氏、グレゴリー・クマラ氏、アグネス・エステルハツィ伯爵夫人、アイナル・ハンソン氏、タマラ嬢、ロバート・ガリソン氏等助演者の顔振れは素晴らしいオール・スター・キャストである。無声。

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
ヤロ・フユルト グレタ・ガルボ アスタ・ニールセン カール・エトリンガー

  • 出演(Julian 役)

「ノラ」を監督したベルトールド・フィルテル氏がヴェスティ社で自ら脚色し監督した夢幻劇で、クゼレピー映画等に出ていたオットー・ゲビュール氏が主演し、相手役は「燃ゆる嫉妬」「寵姫ズムルン」のイェニー・ハッセルキスト嬢で、「春の流れ」のオシップ・ルーニッチュ氏、「シラノ・ドウ・ベルジュラック」のアンジェロ・フェラーリ氏等が助演している。無声。

監督
ベルトールド・フィルテル
出演キャスト
オットー・ゲビュール イェニー・ハッセルキスト ヘンリー・スチュアート カール・プラーテン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ヘンリー・スチュアート

ムービーウォーカー 上へ戻る