TOP > 人物を探す > サンドラ・ミロワノフ

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1925年 まで合計3映画作品)

1925年

噫無情(1925)

  • 1925年
  • 出演(Fantine 役)

ヴィクトル・ユーゴーの傑作『レ・ミゼラブル』を映画化したものでシネロマン社製作のフィルム・ド・フランス一九二五年度特作品である。大正十一年に上映された「自由の魂」と同じくアンリ・フェスクール氏が脚色監督し主役ジャン・ヴァルジャンには国立劇場オデオン座の腕利き俳優ガブルエル・ガブリオ氏が扮し、成長後のコゼット及びファンティーヌは「氷島の漁夫」出演のサンドラ・ミロワノフ夫人が演じ分け、「自由の魂」出演のジャン・トゥールー氏、ポール・ギデ氏、フランソワ・ロゼエ氏、ルネ・カルル夫人、ジョルジュ・サイヤール氏、ニヴェット・サイヤール嬢等が助演している。因みに本映画はフランスに於いては四篇二十四巻の連続映画として公開されているが、ユニヴァーサル社配給の分は二篇二十二巻に編集してある。無声。

監督
アンリ・フェスクール ルイ・ナルパ
出演キャスト
ガブリエル・ガブリオ ポール・ジョージ サンドラ・ミロワノフ Jean Paul de Baere
1924年

氷島の漁夫

  • 1924年
  • 出演(Gaud 役)

ピエール・ロティの傑作小説を映画化したものでフランス映画界穏健派の重鎮であるジャック・ド・バロンセリ氏が脚色監督したものである。主役は「冤罪」「恐怖十年」等出演のシャルル・ヴァネル氏と我が国には初お目見得のサンドラ・ミロワノフ嬢とが勤め、サン・ジュアナ氏、ボワイエ夫人等が助演している。無声。

監督
ジャック・ド・バロンセリ
出演キャスト
サンドラ・ミロワノフ シャルル・ヴァネル サン・ジュアナ ボワイエ夫人
1922年

狂乱の悪鬼

  • 1922年
  • 出演(Bertrande 役)

フランスの連続映画界に於て名あるルイ・フイヤード氏が自らシナリオを書き、自ら監督した映画で、時代を17、8世紀の頃にとった海賊劇である。主役はパテーが「三銃士」を撮った際、ダルタニャンに扮して大当りをとったエーメ・シモン・ジラール氏が選ばれて務め、「氷島の漁夫」「レ・ミゼラブル」出演のサンドラ・ミロワノフ嬢と、古い喜劇俳優ビスコー氏とが助演している。(無声)

監督
ルイ・フイヤード
出演キャスト
エーメ・シモン・ジラール ビスコー Lise Jaux Hermann

サンドラ・ミロワノフの関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > サンドラ・ミロワノフ