TOP > 人物を探す > メーベル・プールトン

年代別 映画作品( 1925年 ~ 1929年 まで合計4映画作品)

1929年

山猫娘

  • 1929年
  • 出演(Polly 役)

探偵趣味に充ちた事件が起きて、それに裏町の風変りな娘が絡むという、一時代前良く見かけたスタイルの映画。脚色はアイリス・ノース女史、監督はハンス・シュタインホフ。野生的で奔放な娘、ポリーにメーベル・プールトンが扮している。(無声)

監督
ハンス・シュタインホフ
出演キャスト
メーベル・プールトン ジャック・トレヴァー クリフォード・マクラグレン シェイル・ガードナー

サイレント・ハウス(1929)

  • 1929年
  • 出演(T'Mala 役)

ロンドンに於いて約一年の長期興行を続けたジョン・G・ブランドン氏ジョージ・ピケット氏合作の舞台劇を映画化したもので、ハリー・フォウラー・ミア氏が脚色し「フォードの難婚」と同じくウォルター・フォード氏が監督したもので、アーキボールド・ネットルフィールド・プロダクションの製作映画である。主役は「ネル・ギン」「ロンドン」のギブ・マクローリン氏と「月給六万円」のメーベル・プールトン嬢で、アーサー・ピュゼー氏、高瀬清氏、フランク・パーフィット氏、ジェラルド・ローリンソン氏等が助演している。(無声)

監督
ウォルター・フォード
出演キャスト
ギブ・マクローリン メーベル・プールトン アーサー・ピュゼー フランク・パーフィット
1927年

流し目千両

  • 1927年
  • 出演(Suzanne 役)

「情熱の海人」の監督者モーリス・エルヴィ氏が製作した喜劇で、ポール・アルモン、ニコラ・ナンシー両氏合作のフランス喜劇Le Aebreをジョゼ・レヴィー氏が翻案した脚本を映画化したものである。主役はエルヴィ氏に見出された新進のエステル・ブロディー嬢と同じくエルヴィ氏が寄席の舞台から招来したハル・シャーマン氏が勤めている。ちなみにブロディー嬢はエルヴィ氏の前作「アルマンティエールから来た娘」「ヒンドル・ウェークス」(共に未輸入)にも主役を演じた。共演者は人気俳優ジョン・スチュアート氏、ハンバーストン・ライト氏、「月給六万円」のメーベル・プールトン嬢及びジャンヌ・ド・カザリス嬢である。無声。

監督
モーリス・エルヴィ
出演キャスト
エステル・ブロディ ハル・シャーマン ジョン・スチュアート ハンバーストン・ライト
1925年

女優の心

  • 1925年
  • 出演(Helen Taylor 役)

モルベック氏作の舞台劇をアレクサンドル・ヴォルコフ氏とジェルメーヌ・デュラック夫人とが脚色しデュラック夫人が監督したもので、主役は特に夫人の眼識に叶ったイギリスの新進女優メーベル・プールトン嬢が演じ、「美わしの君」「キイン」等出演のニコラ・コリーヌ氏、「ケエニクスマルク」出演のイワン・ペトロヴィッチ氏、「自由の魂」「後のジュデックス」等出演のイヴェト・アンドレヨール夫人等が出演し「播かれた種」の監督者アンリ・ウーリー氏が敵役を演じるほかジナ・マネス夫人、ベランジェール夫人等も助演している。無声。

監督
ジェルメーヌ・デュラック
出演キャスト
メーベル・プールトン ニコラ・コリーヌ イワン・ペトロヴィッチ ジナ・マネス

メーベル・プールトンの関連人物

ベランジェール  Margit Manstad  Albert Raynor  Raston Medora  Rex Maurice 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > メーベル・プールトン

ムービーウォーカー 上へ戻る