TOP > 映画監督・俳優を探す > ジャン・アンジェロ

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1931年 まで合計7映画作品)

1931年

無名戦士

  • 1931年
  • 出演(Capitaine Chardin 役)

「白魔」「ロベルト」のイワン・モジューヒンが、「トロイカ(1930)」のストリジェフスキー監督の下に主演する映画で、「白魔」のアレクサンドル・ヴォルコフが総指揮に当っている。脚本はジャン・ルーカックが執筆したもので撮影には「白魔」「ロベルト」と同じくニコライ・トポルコフが当っている。助演者は「巌窟王(1928)」のジャン・アンジェロ、「大統領」のシュジ・ヴェルノンを始め、「巴里の屋根の下」のビル・ボケッツ、ニコール・ド・ルーヴ、クールトア、等の人々である。

監督
ストリジェフスキー
出演キャスト
イワン・モジューヒン ジャン・アンジェロ シュジ・ヴェルノン Michel Monda
1928年

巌窟王(1928)

  • 1928年
  • 出演(Edmond Dantes 役)

「恋のサルタン」「自由の魂」「噫無情(1925)」等を製作したルイ・ナルパ氏がパテー社を離れ自社創立後の第一回作品として製作した大作品で、アレクサンドル・デュマの著名の小説を映画化したものである。脚色並びに監督には「自由の魂」「噫無情(1925)」と同じくアンリ・フェスクール氏が当たった。主役エドモン・ダンテスに扮するのは「恋の凱歌」「女優ナナ(1926)」出演のジャン・アンジェロ氏であるが、それを助けて「カルメン(1926)」「恋のサルタン」のガストン・モド氏、「タルチュフ」「王城秘史」のリル・ダゴファー嬢、「自由の魂」のジャン・トゥールー氏、「金」のマリー・グローリー嬢「ポンペイ最後の日(1926)」のベルンハルト・ゲツケ氏、そのほかピエール・バチェフ氏、ミシェル・ヴェルリー嬢、タマーラ・ステツェンコ嬢、等が出演している。なおこの原作である「モンテ・クリスト伯爵」は既にフランスのパテー社及びアメリカのフォックス社に於いて映画化された事がありそして共に我国に輸入公開された。(無声)

監督
アンリ・フェスクール
出演キャスト
ジャン・アンジェロ リル・ダゴファー ガストン・モド ベルンハルト・ゲツケ
1926年

女優ナナ(1926)

  • 1926年
  • 出演(Count de Vandeuvres 役)

エミール・ゾラの有名な小説『ナナ』を映画化したもので、ピエール・レトランゲズ氏が脚色しジャン・ルノワール氏が監督製作した特作品である。主役ナナはカトリーヌ・エスラン夫人が演じ「恋の凱歌」「スルクーフ」等出演のジャン・アンジェロ氏と「真夏の夜の夢(1925)」「裏町の怪老窟」等出演のヴェルナー・クラウス氏とが共演し、「巴里」出演のジャクリーヌ・フォルザーヌ夫人、ジャック・カトラン氏令弟レイモン・ゲラン・カトラン氏、ピエール・フィリップ氏、ヴァレスカ・ゲルト嬢等が助演している。無声。

監督
ジャン・ルノワール
出演キャスト
カトリーヌ・エスラン ジャン・アンジェロ ヴェルナー・クラウス ジャクリーヌ・フォルザーヌ
1924年

スルクーフ

  • 1924年
  • 出演(Surcouf 役)

今なおサン・マロオの海岸に伝わるCorsaire Surcoufが恋と犠牲と武道物語。殆ど海を背景として時代を古にとり一編の絵物語を展げる。シネ・ロマン社が我国への初御目見得。製作者は「恋のサルタン」や「自由の魂」で知られているルイ・ナルパ。「恋の凱歌」のジャン・アンジェロ氏、マリア・ダルバイサン嬢、ジョハンナ・シュテル氏が出演している。ちなみにこの映画は元来8編よりなる連続映画だったのを12巻物に短縮したものである。無声。

監督
ルイツ・モラー バルブリ
出演キャスト
ジャン・アンジェロ マリア・ダルバイサン ジャクリーヌ・ブラン ジョハンナ・シュテル

多血の若人

  • 1924年
  • 出演(Stephen Ranson 役)

フランス幹林院学士アルフレッド・カピュ氏作の劇を映画化したものでモーリス・マリオー氏が監督した。主役は「恋の凱歌」「スルーフ」等出演のジャン・アンジェロ氏が演じ、新進のジャンヌ・エルブラン嬢、モニーク・クリゼェ夫人、ポール・ギデ氏、アンドレ・ヴァロア嬢、ド・サヴォワ氏等が助演する。無声。

監督
モーリス・マリオー
出演キャスト
ジャン・アンジェロ モニーク・クリゼェ ジャンヌ・エルブラン ポール・ギデ
1922年

恋の凱歌(1922)

  • 1922年
  • 出演(Muzio 役)

「キイン」「巴里夜話」と同じく我国に始めて輸入せられたフランスアルバトロス映画で露仏合同して製作した。『勝ち誇れる戀の歌』という題で既に翻訳が出ているソ連の文豪ツルゲーネフ氏の夢幻的小品を「千一夜物語」と同様にロシア人のヴィクトル・トゥールジャンスキー氏が脚色監督し艶麗極まりなきナタリー・コヴェンコ夫人が主演したもの。ジャン・アンジェロ氏と「蒔かれた種」のローラ・ノルマン氏との二人の腕利きが相手役として出ている。無声。

監督
ヴィクトル・トゥールジャンスキー
出演キャスト
ナタリー・コヴァンコ ジャン・アンジェロ ローラ・ノルマン ジャン・ディード
1921年

女郎蜘蛛(1921)

  • 1921年
  • 出演(Le capitaine Morhange 役)

1921年度のフランス映画の傑作としてその当時はフランスのみならず、欧州に迄も鳴り響いた映画。そしてジャック・フェーデの出世作。原作はピエール・ブノアの小説。主演は、スタシア・ドゥ・ナピエルコウスカとジャン・アンジェロ。その他ジョルジュ・メルシオル、マリ・ルイズ・イリイブも出演している。無声。

監督
ジャック・フェーデ
出演キャスト
スタシア・ドウ・ナピエルコウスカ ジャン・アンジェロ ジョルジュ・メルシオル アンドレ・ロアンヌ

ジャン・アンジェロの関連人物

Emilie Prevost  Masazza  クールトア  Mlle. Stanley  Michel Monda 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジャン・アンジェロ

ムービーウォーカー 上へ戻る