TOP > 映画監督・俳優を探す > アレクサンドル・ヴォルコフ

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1931年 まで合計8映画作品)

1931年

無名戦士

  • 1931年
  • 製作

「白魔」「ロベルト」のイワン・モジューヒンが、「トロイカ(1930)」のストリジェフスキー監督の下に主演する映画で、「白魔」のアレクサンドル・ヴォルコフが総指揮に当っている。脚本はジャン・ルーカックが執筆したもので撮影には「白魔」「ロベルト」と同じくニコライ・トポルコフが当っている。助演者は「巌窟王(1928)」のジャン・アンジェロ、「大統領」のシュジ・ヴェルノンを始め、「巴里の屋根の下」のビル・ボケッツ、ニコール・ド・ルーヴ、クールトア、等の人々である。

監督
ストリジェフスキー
出演キャスト
イワン・モジューヒン ジャン・アンジェロ シュジ・ヴェルノン Michel Monda
1929年

白魔

  • 1929年
  • 監督、脚色

「ロベルト」「東洋の秘密」と同じくアレクサンドル・ヴォルコフ氏の監督作品で、トルストイ伯の小説『ハジ・ムラート』からヴォルコフ氏とミシェル・リンスキー氏が脚色、「月世界の女」のクルト・クーラント氏とニコライ・トポルコフ氏とが担任。「ロベルト」「悪魔の寵児」のイワン・モジューヒン氏が主演し、「二重結婚」「アスファルト」のベティ・アマン嬢、「ハンガリア狂想曲」のリル・ダゴファー嬢、フリッツ・アルベルティ氏が助演している。

監督
アレクサンドル・ヴォルコフ
出演キャスト
イワン・モジューヒン リル・ダゴファー ベティ・アマン フリッツ・アルベルティ
1928年

東洋の秘密

  • 1928年
  • 脚色、監督

ドイツのウーファ社とフランスのシネ・アライアンス社が提携して製作した映画でアラビアンナイト物語からストーリーを借りてウーファ専属の脚色家ノルベルト・ファルク氏、ロベルト・リープマン氏の助力を得て「キイン」「過ぎゆく影」のアレクサンドル・ヴォルコフ氏がシナリオを作り併せて監督に当たったもの。主役を演ずるのは「キイン」「巴里夜話」等の老名優ニコライ・コリン氏。助演者として「妖花アラウネ(1927)」「魔術師」のイワン・ペトロヴィッチ氏、「マッターホン」のマルチェラ・アルバニ嬢、モジューヒン夫人として知られたるアグネス・ペーターゼン嬢その他が出演、ノーエ・ブロッシュ氏が製作指揮に当たった作品である。(無声)

監督
アレクサンドル・ヴォルコフ
出演キャスト
ニコライ・コリン イワン・ペトロヴィッチ D. Dmitrieff G. Modat
1927年

ロベルト

  • 1927年
  • 脚色、監督

「生けるパスカル(1925)」「キイン」のイワン・モジューヒン氏が主演する映画で、「東洋の秘密」「キイン」のアレクサンドル・ヴォルコフ氏が監督したもの。史実に拠ってヴォルコフ氏自らノルベルト・ファルク氏と共同して脚色した。キャメラは「東洋の秘密」のニコライ・トポルコフ氏とF・ブルガソフ氏及び「バラライカ」のビュレル氏とが担任している。助演者は「春は悲し」「罪の購い」のディアナ・カレンヌ嬢、「ありし日のナポレオン」のスュザンヌ・ビアンシェティ嬢、「パンチネロ」のイェニー・ユーゴー嬢、「スピオーネ」「メトロポリス」のルドルフ・クライン・ロッゲ氏、「ポンペイ最後の日(1926)」のリナ・デ・リゲロ嬢、ドゥクウル氏、オルガ・ディ嬢等である。ドン・ファンと並ぶプレイ・ボーイとして有名なカサノヴァの情史であるが、“カサノヴァ”の題名で公開してはならぬ、ということで、この題名となった。内容も検閲により相当カットされている。(無声)

監督
アレクサンドル・ヴォルコフ
出演キャスト
イワン・モジューヒン ディアナ・カレンヌ シュザンヌ・ビアンケッティ ルドルフ・クライン・ロッゲ
1925年

女優の心

  • 1925年
  • 脚色

モルベック氏作の舞台劇をアレクサンドル・ヴォルコフ氏とジェルメーヌ・デュラック夫人とが脚色しデュラック夫人が監督したもので、主役は特に夫人の眼識に叶ったイギリスの新進女優メーベル・プールトン嬢が演じ、「美わしの君」「キイン」等出演のニコラ・コリーヌ氏、「ケエニクスマルク」出演のイワン・ペトロヴィッチ氏、「自由の魂」「後のジュデックス」等出演のイヴェト・アンドレヨール夫人等が出演し「播かれた種」の監督者アンリ・ウーリー氏が敵役を演じるほかジナ・マネス夫人、ベランジェール夫人等も助演している。無声。

監督
ジェルメーヌ・デュラック
出演キャスト
メーベル・プールトン ニコラ・コリーヌ イワン・ペトロヴィッチ ジナ・マネス
1923年

過ぎゆく影

  • 1923年
  • 監督

「キイン」に続いて製作されたイワン・モジューヒン作品で、「キイン」と同じくモジューヒン氏とケネルム・フォス氏とが原作脚色し、やはり「キイン」のアレクサンドル・ヴォルコフ氏が監督したもの。主役は「戦慄すべき冒険」「キイン」のイワン・モジューヒン氏とナタリー・リセンコ夫人で、「九十三」「三仮面」等で昔馴染のアンリ・クロース氏や初御目見得のアンドレ・ブラバン嬢、ジョルジュ・ヴォーティエ氏等が出演している。無声。

監督
アレクサンドル・ヴォルコフ
出演キャスト
イワン・モジューヒン アンリ・クロース アンドレ・ブラバン ナタリー・リセンコ

キイン

  • 1923年
  • 脚色、監督

この映画と同じ原作になる映画が前にウィリアム・ファーナム氏を主役として作られた。先年封切られた「名優の恋」がそれである。この映画はアレクサンドル・大デュマ及びトオロン、ド・クウルシーの三人によって作られた劇により、また当時の真正な記録によって、ケネルム・フォス氏、アレクサンドル・ヴォルコフ氏、イワン・モジューヒン氏の三人が脚色したものである。監督者は脚色者の一人アレクサンドル・ヴォルコフ氏。主役は「戦慄すべき冒険」に主演した前記のロシア名優イワン・モジューヒン氏とナタリー・リセンコ夫人である。ニコラ・コリーヌ氏は主役ではないが実に良い芸を見せている。美しいメアリー・オデット嬢、ポーリン・ポオ嬢も助演している。映画史上特筆すべき映画である。無声。

監督
アレクサンドル・ヴォルコフ
出演キャスト
イワン・モジューヒン ケネルム・フォス ニコラ・コリーヌ Otto Detlefsen
1922年

秘密の家

  • 1922年
  • 監督、脚色

ジュール・マリー作の通俗小説を「キイン」「過ぎゆく影」と同じくイワン・モジューヒン氏とアレクサンドル・ヴォルコフ氏とが脚色しヴォルコフ氏が監督したアルバトロス社創立第一回作品の連続映画でフランスではエクリップス社が配給したものである。主役は前記二映画及び「蒙古の獅子」「生けるパスカル(1925)」等主演のモジューヒン氏で、相手役は、「巴里夜話」「月給六万円」出演のエレーヌ・ダルリー嬢が演じ、「氷島の漁夫」「冤罪」等出演のシャルル・ヴァネル氏、「月給六万円」「巴里夜話」等主演のニコラ・コリーヌ氏、「巴里夜話」出演のフランシーヌ・ミュゼ嬢及び子役シモーヌ・ジュヌヴォア嬢等が共演している。無声。(1929年にはアサヒ映画社から「二十年囚」の題で配給された)

監督
アレクサンドル・ヴォルコフ
出演キャスト
イワン・モジューヒン エレーヌ・ダルリー シャルル・ヴァネル フランシーヌ・ミュゼ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > アレクサンドル・ヴォルコフ

ムービーウォーカー 上へ戻る